Living from the Heart

©WingMakers. LLC.



聖書を3日読めば、誰でもイエスと同じことが言える。

仏典を3日読めば、誰でも仏陀と同じことが言える。



インターネットが普及し始めた頃、こんなに素晴らしいものはない。。。と。

そう思いました。


なぜなら、、、

「情報」というものを、あっという間に手に入れることが出来たからです。


それまでは専門書を読んだり、その筋のプロの人に聞かなければ絶対に知ることが

出来なかった情報が、こんな簡単に手に入るようになったなんて。。。


・・・と。


これは、本当に素晴らしいことだと思いました。



あれから何年も経った今では、、、

情報が簡単に手に入ることは、当たり前の時代になりました。


・・・と同時に、「情報」は溢れかえり、、、

ますます、メディア・リテラシーが重要になってきた。。。


そしてインターネットの役割も、、、

あの頃よりもだいぶ変わってきたような感じがしています。



ウイングメーカーがネット上で公開された1998年という時代。。。


あの頃は、「情報公開」の時代だったように感じます。。。


そういう意味では、、、

ウイングメーカーというものは、ものすごく時代を先取りしていたもの。。。

先取りしすぎていたものなのだなぁ。。。と、今となっては思います。


あまりにも先取りしすぎていたので、いろいろな憶測が飛び交い、

批判されたり、薄気味悪がられたりすることもありましたが、、、


そういったことはいつの世も、、、

時代の一歩先を歩く者に対しては起こることであり、、、


それはウイングメーカーに限ったことではなく、、、

「改革者」にとっては、それはある意味、宿命みたいなもの。


ウイングメーカーって。。。

私にとっては、そこに新しい風を吹かせる革命家、改革者でもあり、、、

でも同時に、太古の昔からずっと伝え続けられてきていた変わることない真理を湛えた、、、


まさに、「みずがめ座」の匂いがするものでした。。。



今では、、、

当時はかなり衝撃的だったウイングメーカーの情報も、、、

それほど革新的には感じられないような世の中になりましたし、同じような情報は、

他でも見受けられるようになりましたし。。。


だから。。。


もう、、、そういう時代ではない。。。

情報公開の時代ではないのだな。。。と。


ある頃から、そんな風に感じるようになったのです。


多くの人が、、、もうすでに、「知識」は持っている。。。


それは、、、

ジェイミーと会うために、10年ぶりくらいに、そういったスピ系の

ワークショップに顔を出した時、、、リアルに実感しました。



2013年に、ネルダインタビュー5が公開された時、、、

何かが終わったような感じがしていました。


そして、自分自身でそのマテリアルを翻訳し終わった時、、、

その感覚は、ますます強くなっていきました。


言葉で語る時期はもう終わり。。。

これからは、、、言葉ではなく、エネルギーで語っていく時代なのだろうと。。。


だから。。。

知識のシェアというものは、、、もう十分なのではないのか。。。と。


そう思ったんですね。。。



その次のステップ。。。


それは、、、

「体現」なのだと。。。


個人的には思っています。


感情の伴った経験を通して、持っているその知識を、自分自身の腑に落とすこと。。。

本当に、自分のものとすること。。。


「知識」を、、、「智恵」とすること。



ウイングメーカー的に言うとそれは、、、

放射。。。


ハートのエネルギーを放射して、、、無言で語ること。

言葉ではなく、エネルギーで。



といいつつも、、、たまに衝動的に、WMを語りたくなる時もある。。。


それってなぜなのかなぁ?なんて考えたりもしたのですが、

私にその衝動を起こさせているものの正体が、この頃はよく解るようになりました。。。


それが何なのかは、ここでは書きませんが、、、

深いところから起こるその衝動に突き動かされてアクションすることによって、、、

ある結果を引き寄せること。。。


そういう図式みたいなものが、少し見えてきたのです。


そしてそれこそが、、、、

魂の本来の目的だったのだな。。。と。。。



昔、ある人から聞いた話をふと思い出しました。。。


マスターは、、、たとえば、レストランのシェフだったりします。

マスターは毎日、何も言わずに、黙って料理を作り続ける。。。

そして、マスターの作った料理を食べた人はみな、元気で幸せになる。


けれども、、、

毎日そのレストランに通っている常連客でさえ、そのシェフがマスターだとは

気づかないし、それどころか、自分が元気になったのが、そのマスターの作った

料理のせいだとすら気づかない。。。


それでも、、、

マスターは、毎日毎日、無言で料理を作り続けるのだ。。。と。。。



「体現」というのは、、、

そういうことなのだと思う。。。


その人の「ハート」から放射された愛のエネルギーは、、、

無言で、伝染していくのです。。。


その周囲の人たちに。。。


IRIDESCENCE

千葉県松戸市で小さなヒーリングサロンを開いております

0コメント

  • 1000 / 1000