ライトランゲージ講座


今後正式に、ライトランゲージ講座を行っていくことになりましたので、

「講座のご案内」のページを更新いたしました。


https://zenith-iridescence.amebaownd.com/pages/315697/page_201602062254


ライトランゲージは、「宇宙語」などとも言われたりしておりますが、

実際には、現代の私達のマインドで想像できるような「言語」という領域を超えており、

私たち人類の、新たなコミュニケーション法のひとつとして拡がっていく、

大きな可能性を秘めたものです。


上記のページに、ライトランゲージがご自身でも扱えるようになる講座の

詳細が載っておりますので、

ご興味のある方は、ぜひご覧になってみてください。


**********************************


先日、初めて開講したライトランゲージの講座も、無事に終了いたしました。

ありがとうございました。


初めてのライトランゲージ講座。。。


・・・ということで、どういった流れになっていくのか、、、私自身も予測できない

ところがありましたが、おかげさまで、とてもスムーズに進めることができました。


師匠であるジェイミーから伝授していただいたことを、余すことなくしっかりお伝えしつつ、

ライトランゲージを使うことを通して、私自身が独自に理解してきたことも含め、

伝えるべきポイントは、すべて伝えられたと思っています。


また、、、

いつものことですが、、、今回もまた、不思議な力が陰で色々と動いてくれていたようで。。。


ちゃんと、必要な人を、必要なタイミングで連れてきてくれたんだなぁ。。。と。


ありがとうございました。


ライトランゲージとか、ゼニスのようなエネルギーヒーリングとか。。。


こういったものが、「普通の人」でもどんどん扱えるようになってきたということは、、、

それはきっと、、、


「人類全体としての意識」が、そういったところまで進化してきた結果だと。。。


私は、そう感じています。


そして、こういった現象が現実に起こっている。。。ということは、、、

これからは私たち全員がそれぞれ、「自分のことは自分で責任を持つ」という、

そういう時代になった。。。


・・・ということなのだろうとも。。。


つまり、心にしても身体にしても、、、

自分が抱える問題を、ヒーラーのもとに通い続けて癒してもらうのではなく、、、

自分のことは自分で癒す。。。


そういう時代になってきた。。。ということなのだろうと感じています。


このライトランゲージにしても、そしてゼニスオメガにしても、、、

こういった素晴らしいツールを、多くの人がご自身の手で扱えるようになれば、

みんなが、もっともっと楽に生きていくことができるだろうなぁ。。。と。

常々感じています。


ですので、セッションもさることながら、こういった講座の時間をもち、それを

お伝えすることができるということは、私にとっては、本当に喜びです。。。


ライトランゲージを扱う。。。ということは、人間全員に本質的に備わっている能力なので、

本人がやる気をもち、地道に練習を続けていれば、いずれその道は開けます。


「ライトランゲージは、どんな人でも扱える」。。。というのは本当のことですが、、、


でも、ジェイミーもおっしゃっていましたが、日々の練習を続けることはとても大事です。。。


やはり練習しなければ、上手にはなりませんよね。


ワークショップを受けただけ、、、講座を受けただけ、、、では、本当の理解に

到達することは難しいだろうと思っています。


説明を聞いただけで満足することなく、どんどん実践していかなければ。。。


これは、どんなことにも通じることですね。


たとえ話として、、、


先日、ボイトレのレッスンに行ってきたのですが、いろんなことが解ってくれば

解ってくるほど、どんどん謙虚になっていくものだなぁ。。。と。


そんなことを、しみじみ感じたりしていました。


歌うことに関しては、、、

私は、若い頃からずっと歌ってきていましたので、ある程度は歌える。と。

自分では思っていました。


声楽の世界は、、、大人になってから初めて飛び込んだ世界でありました。

なので自分が全然歌えないことは自覚してたので、最初から謙虚な気持ちで、

先生の言うことも素直に聞くことができたのですが。。。


こと、ポップス・ロック系の、いわゆる普通のボイトレに関しては、、、

特に練習しなくても、もともと、ある程度は歌えるから。。。と。


最初はそんな風に、高を括っていたところがあったような気がします。。。


自分には本当はボイトレは必要ないけど、でも、生バンドで歌いたいし。。。

だから、ライヴに出るためだけにボイトレ始めよう。。。みたいな(笑)


そんな傲慢な気持ちが、、、今思えば、自分の中にあったような気がします。


そんなよこしまな気持ちで始めたボイトレ。。。

レッスンを続けているうちに、なんだか以前よりも、逆に歌が下手になっていくような、、、

そんな感じがしてきた時期がありました。


今までは、何も考えずにただ気持ちよく歌っていたのに、先生にひとつひとつ

発声の仕方を教わっていくうちに、歌っている最中、頭で色々と考えるようになってしまい、

全然気持ちよく歌えなくなってしまったのです。


自分の欠点や弱点が浮き彫りになってきて、、、

自分に対するダメ出しばかりが増えてくるしで、なんだか、こんなことは知らずに、

何の知識も持たずに歌っていた頃のほうが、逆に上手に歌えていたような。。。と。

もっと、、、ただただ気持ちよく歌えていたような。。。と。。。


そんな風に思っていた時期もありました。


なんだか、、、型にはめられていくような、、、自分の個性がなくなってしまうような、、、

そんな窮屈さを感じたんですね。


ちょうどお仕事が忙しくなってきたこともあり、、、

私はそこで一旦、ボイトレからは離れてしまったのでした。


でもある時、、、

例えばカラオケなどで歌っているとき、、、ボイトレで練習を重ねた歌と、

そうでない歌とでは、歌っている時に何かが違うことに気づき始めました。

ボイトレで練習を重ねた歌は、その日のコンディションにあまり左右されることなく、

いつも安定して歌えていることに。。。


練習していない歌は、調子の良いときはちゃんと歌えても、、、

調子が悪い日はすぐに、ボロボロになってしまうのです。


そういうことに気づき始めた頃、、、

ボイトレの大切さ。。。というか、ボイトレを続けることの意義。みたいなものが、

だんだん解ってきたりもしたのでした。


そうしたら、、、自分の中に、「謙虚さ」が生まれてきたんですね。。。


その謙虚な気持ちを持って受けるレッスンというものは、、、

そこから得られるものが、全然違う。。。


私もやっとのことで、それを受け取る準備が出来たのかもしれないなぁ。。。と。

ボイトレに復帰してしばらくした頃、そんな風に感じました。


最近では、レッスン中、「ここがダメ、ここがうまく出せない」と先生に自己申告して、

そこをひとつひとつ直してもらっていたりします。


それはもう、、、まるで、いつもいつも同じことの繰り返しのように感じてしまうような、、、

ものすごく地道な作業です。


でも今では、、、それがとても楽しく感じるようになってきました。


レッスンで、先生がこんなことをおっしゃっていました。


「歌っていて、どこか気になるところありますか?」と先生が聞くと、

あんまり上手に歌えていない人ほど、「大丈夫、うまく歌えました」と言うのだと。。。


だから先生も、「あぁ、その人はそれでいいんだ。。。」と思って、、、

それ以上、あれこれ口出しはしないそうです。


でも、だんだん解ってくると、自分自身で自分の欠点も解るようになってくるので、

自分に対するダメ出しも、どんどん多くなってくる。


そして、最初は気にもならなかったような小さな欠点や弱点を、レッスンでどんどん

掘り下げて、修正していくうちに、いつの間にかその人の歌全体のレベルが

格段に上がっているのだと。。。


だから、自分に対するダメ出しが増えた。。。ということは、

それだけ進歩したってことだよ。。。


・・・と。



そう言えば昔、、、声楽の先生も同じことを言っていたなぁ。。。と、思い出しました。


「自分にダメだしする人ほど、どんどん上手になるものよ。」


・・・と。


練習を続ける時、、、謙虚な気持ちを持つことの大切さ。。。


ボイトレを通して、そのことをしみじみ感じたりもするのですが、、、


これは、、、

ライトランゲージの習得にも言えることなのだろうな。。。と。。。

そう思います。。。

IRIDESCENCE

千葉県松戸市で小さなヒーリングサロンを開いております

0コメント

  • 1000 / 1000