The Dohrman Prophecy

©WingMakers.com.



この連休、久々にまとめて翻訳をする時間がとれました。


最近の夏は暑すぎて、、、外に出たくなくなるので、、、

出来るだけ家に籠っていたい感じです。


なので、翻訳のピッチもあがります(笑)


ドールマンも、、、chapter57までなんとか訳し終わり、あともう少し。


でも昨日、その「あと少し」が待ちきれなくて、

とりあえず最後まで、ザッと英語のままで読み進めてしまいました。


そうしたら、、、

物語の中で、登場人物の言葉を通して、

とても素敵なことが書いてあったことに気づきました。


ドールマンは、2011年に一度、最後まですべて読み通していたのですが、、、

でも今まで、そこにこんなことが書かれていたことは、すっかり忘れていました。


しかもあの時は、、、

きちんと翻訳したわけでなく、音読しながら読んでいただけだったので、

「マインドの記憶」としては、それがしっかり残っていなかったのかもしれません。


でもきっと、、、

頭ではその内容を忘れてしまっていても、

心のどこかでは覚えていたのだろうなと思います。


そしてきっと、、、

当時の私も、、、その部分を読んですごくホッとしたことだろうと。。。


そう思いました。


そして昨日は、、、不思議で楽しい夢をたくさん見ました。。。


強烈な印象を受けた時、、、

特に眠る前にウイングメーカーのような本を読んだ時などは、、、

必ずと言っていいほど、、、それは夢に反映されますね。。。


ウイングメーカーと出会ったばかりの頃は私も、、、

毎日のように、そういう夢を見ましたし。。。


潜在意識が、、、思いきり刺激されるからなのでしょう。。。



また記憶。。。というものは、本当に不確かなもので。。。


このドールマンの物語にしても、昨日最後まで読んでみて、

自分で愕然となってしまったことがありました。


「私の記憶の中」では、、、


マイアの父親が捜索願を出していたことによって、、、

彼女が森を出る時に、守衛達に保護されるシーンがあったはずなのですが、、、


まず、それがなかった。。。


あとは、マイアが無事に森を出られるように、力になってくれた人がいて、、、

その時に、物語の重要人物二人が、一瞬交差するシーンがあったはずなのですが、、、


それもなかった。。。


本として出版されたものと、ネット上で配信されたものとでは、

微妙に話が違っているのかしら?と思って、チェックしてみたけれども、、、

ネット上のものも同じでした。。。


私の頭の中って、、、一体どうなってるんだろう。。。(汗)


・・・と。



人間の脳のマジックというか。。。

こういうのホント、面白すぎる。。。と。。。



世の中のほとんどすべてが、、、「思い込み」で出来ている。。。


実は私は、、、そんな風に思っていたりもします。



以前、こんな本を読んだことがあり。。。

これは、私にとっての「ものすごく重要な本ベスト5」に入る勢いの本なのですが。。。



これを読んで以来私は、、、

自分の思いとか、考えとか、そして記憶とかに対して、

全面的な信頼を置くことが出来なくなりました。


でもその結果、、、ものすごく楽にもなりました。



つまりは、、、マインドを信用しなくなった。。。ってことです。



この本を読んだ時に、家族に、ある動画を観てもらいました。

そしてみんなで、、、「脳のカラクリ」について色々話したりしました。


それもまた、2011年の頃だったのですが、その動画がまだあったので、

ここに貼っておきます。


この動画の中で、白いシャツを着た人と黒いシャツを着た人が

バスケットボールをしています。

 

黒いシャツの人は無視していいので、白いシャツの人達の

ドリブルとパスの回数を正確に、間違えないように数えてみてください。。。


さて。。。

白シャツチームのパスとドリブルは、何回だったでしょうか?



IRIDESCENCE

千葉県松戸市で小さなヒーリングサロンを開いております

0コメント

  • 1000 / 1000