鞆の浦・仙酔島


その日は夕方、広島駅で娘と落ち合ってからまた新幹線に乗り、、、

そこから約20分ほど、、、一駅隣にある福山駅で降りました。


更にそこから車で30分。。。

着いたのは、「鞆の浦」というところ。。。


せっかく広島に行くのだから一泊しようと、ネットでいろいろ調べていたら、

山奥に面白そうな湯治場を見つけ、娘もとても行きたがっていたので、

最初はそこに予約を入れていました。


でも、予約を入れた直後に、たまたまこの鞆の浦の町並みの写真をネットで見つけ。。。

私はその、、、レトロで味のある景色に一目ぼれしてしまって。。。


今回は、娘の用事に付き合ってきたのだし、、、と。。。

普段の私だったら、そこまで執着しなさそうなのですが、なぜか鞆の浦は、、、

もう、無性に行きたくて行きたくてたまらなくなり。。。


これは、、、完全に呼ばれてる。。。と(笑)


そんな予感はしたものの、、、もうすでに泊まる予定のところには

予約をいれてしまっているし、娘もそっちに行きたがってるし。。。


・・・と、ジタバタしている私を見るに見かねて、娘が折れてくれました^^;


今回キャンセルしてしまったところには、申し訳なかったのですが、、、

泊まるホテルをチェンジさせていただいたのでした。



味のあるレトロな町並み。。。

鞆の浦は、ジブリの宮崎駿監督がとても気に入って、

映画のポニョの舞台にもなった港町なのだそうです。


大阪の中崎町でも、そのレトロな雰囲気にウットリしましたが、

鞆の浦の町並みは、それ以上に古そうで、、、

江戸時代からの建物がそのまんま残っているとも聞いたので、

それはそれは、楽しみにしていたのでした。。。


そして、、、

福山駅に着いた瞬間、、、「あ、来て正解だった」と。。。

そんな、根拠のない確信が胸にあったのですが。。


実際、鞆の浦は本当に、来てよかったなぁ。。。と、

そう心から思えた場所で、、、


ずっと帰りたくなくなるようなところでした。


それは私だけでなく、娘も夫もそうだったようで。。。


だから今でも、、、

私たちの魂の半分は、あの町に残っているような感じがしています(笑)

まだ、、、帰って来れてない。。。



ホテルで一泊した翌日は、、、

まずは小さな黒い船に乗って、仙酔島という島に渡りました。



島に着いて、最初にこの景色を観た時、、、

20年以上前に行った、ニューカレドニアの、イル・デ・パン島のことを

なぜか、思い出しました。


まだあまり、人の気が混じっていない。。。

大自然の香りのするところ。。。



島から見渡す、雄大な海。。。波のない海。。。

大きな大きな、、、境界線のない湖のようでした。。。


そして、、、

美しすぎる岩々。。。


自然の芸術作品。



その色が美しすぎて。

ずっと見ていたかったくらい。。。


これは、「五色岩」という世界でも珍しい岩なのですって。

日本ではここだけでしか見られないそうです。



仙酔島の五色岩について



このサイトに載っている、インドのヴェーダのお話。。。

たった今、知りました。。。


わーい♪って感じです(笑)



この五色岩だけでなく、普通の色をした断崖の岩肌にもすごく胸躍らされ。。。


そして、、、その岩肌を見ていた時、

山口の秋芳洞に行った時の感動を思い出したりもしました。


また、少し山を登ったところにある展望台から見た景色は、、、

なぜか、北海道で見た摩周湖の記憶とリンクしたりもして。。。


あぁ、私って、、、

自然のままの手つかずの、こういうワイルドな景色を観ていると、

ものすごくゾクゾクしてくるんだ。。。と。


またその、何とも言えないゾクゾク感が、

たまらなく好きなんだと。。。


そんなことを、ヒシヒシと実感しました。



この感覚。。。

畏敬の念のような。。。


泣きたくなってくるような。。。

胸が開いていく感覚。。。


癒しの感覚ですね。。。こういうのって。。。


大自然のパワーって、素敵すぎる。。。

昔の人達が、、、大自然の中に神様を感じた気持ちも解ります。。。



ここは、、、

そのあまりの美しい景色に、天を舞っていた仙人が酔いしれてしまって、、、

そして臥して島になったのだという。。。


そういう伝説のある島なのだそうだから。。。



なんだか、、、

地球って、本当にすごいですね。。。

感動してしまいます。



北海道の摩周湖、山口の秋芳洞、そして今回の鞆の浦の仙酔島と。。。


こうやって、、、

よく解らないけど、無性に行きたくなった場所。。。

なんだか誰かに、、、呼ばれていたように感じた場所というのは。。。


なぜだかいつも、、、

秘境。。。というか、ワイルドなところばっかりだなぁ。。。と(笑)



この島は、美しい海の風景だけでなく、

同時に山の風景も満喫できるのが、素敵すぎます。。。


ここは、木々も元気いっぱい、パワーいっぱいでした。

清里の木々が優しくてしなやかな感じだとしたら、この島の木は、、、

なんというか、とてもパワフルでたくましかったです。。。



島を一周してきて、海水浴場あたりまで戻ってきた時に、

地元のおじさんに、「え~~!今日、山登りしてきたの?!」と驚かれました(笑)

・・・というか、呆れられた???(笑)


山登り日和では全然ない、ものすごい海水浴日和の日に、

知らなかったとはいえ、道に沿って歩いていたらいつの間にか

山登りをしてきていた私たち。。。


気温、33度。。。


今思うと、熱中症にならなくてよかった。。。とも思いますが、、、

なぜか不思議と、全然疲れなかったんですよね。。。


やっぱり、、、都会の暑さと自然の中にいる暑さって、、、

質が全然違うのでしょうね。。。



今日は、、、

島での感動の記憶を、ウットリと辿っているうちに

気づけばこんなに遅くなってしまって、、、


鞆の浦のレトロな町並みの話まで、辿りつけませんでした。。。


IRIDESCENCE

千葉県松戸市で小さなヒーリングサロンを開いております

0コメント

  • 1000 / 1000