伊豆 下田と堂ヶ島


また日帰りで、、、

今度は伊豆まで、ドライヴに行ってきました。



夫は昔から、車の運転が大好きな人で。。。

伊豆も、昔はよくドライヴしに行ったりしていましたが、

そう言えばここ10年近くは、めっきり行かなくなっていました。


まだ20代になりたての頃、、、

伊豆全土を車で一周し、夜中の3時過ぎに帰ってきて眠りについたその時、、、

私は生まれて初めて、本格的な「金縛り」を経験しました。


極度の疲労と、精神的な興奮(刺激)


これ、金縛りにあう秘訣かもですね(笑)


伊豆。。。というと、ついつい、そのことを思い出してしまいます。


あれから金縛りは、しょっちゅう起こるようになりましたが、、、

ある時を境に、ピタッと起こらなくなりました。



昨日は、下田の駅の近くで美味しい海鮮丼を食べた後、、、

そこから少し歩いたところにある、宝福寺に行きました。


このお寺には、「唐人お吉」の記念館があります。



宝福寺



ここには、小学生くらいの頃に親に連れられて来たことがあったのですが、、、

なんだかお吉の物語は、当時の私にはかなり強烈で。。。


ショックだったというか、、、

感情移入しすぎた。。。というか。


あれ以来お吉さんという人は、、、

私の中では、忘れられなくなった人のひとりです。


例の、金縛りに会ったドライヴの時にも、もしかしたら夫と一緒にここに

立ち寄ったかもしれないのですが、、、その時の記憶は全くなく。。。

小さな子供の頃、家族と共に旅行で行った時の印象しか、

今の私には残っていませんでした。



江戸の幕末、、、

ペリーの黒船がここ下田にやってきて、日本は鎖国を解いて、

開国することになりました。


時代のそういった大きな変化の時、その裏のほうでひっそりと、、、

とても大きな役割を果たしてきた女性たちがいました。


彼女達の名前は、、、

歴史の教科書には決して載ることはありませんでしたが。。。


お吉さんも、そのひとりでした。



昨日、、、数十年ぶりに行ってみたら、、、

お吉記念館の前にはなぜか、坂本龍馬の木彫りの像がドーンと立っていて。。。



なんだか、、、

これを見たら、ものすごーーーく嫌な気持ちになった私。。。


なんで、、、なんで龍馬がここにいるんだ~~~と(苦笑)


観光客寄せなのは解るけど、、、

なんだか、複雑でした。



先日、鞆の浦に行った時も、あちこちで坂本龍馬の名前を目にしました。

仙酔島に渡る小さな黒船の名前は「いろは丸」と言って、、、

たしかあれも、龍馬のなにかにちなんでいたのだったような。。。


そういえば最近、、、

旅先で龍馬の名前をよく見かけましたが。。。


私はやっぱり、自分が女性であるせいか、、、

そうやって歴史に名を残してきた男性達よりも、、、

そういった表舞台の裏で、人知れず苦労してきた女性達のほうに、

つい関心を寄せてしまう性質のようです。。。


住職が建てた、お吉さんの、もともとのお墓



お吉さんのお墓の正面にあった亀の形の石。

これに座ると長生きすると言われているそうなのですが、、、

私は、あまり長生きはしたくないので、座ってきませんでした。



そのあと、ペリー・ロードを散歩しようとしたら、、、

そこは、ちょうど地元のお祭りで賑っていて。


すごい人混みで、お散歩は無理そうだったので、

そのまま、駐車場へと戻ることにしました。



駐車場に向かう道の途中で見つけた、

ハリスさんの牛乳あんパン。


これは、大ヒット。

すごく美味しかったです☆



実は、下田に来る途中、西伊豆のほうを先に車で通ってきていたのですが、、、

その時は雨が降ったりやんだりと、天気もあまりよくなかったし、

何も見ずに、そのまま素通りしてきてしまっていました。


でも、下田ではすっかり晴れてきていましたし、、、

堂ヶ島を通ってくる道の途中にあった、「洞窟めぐり」という看板が、

やたらと気になって気になってしかたなかった私は、

家族を説き伏せ、また、西伊豆に戻ってもらうことにしたのでした。



引き返すその道すがら、、、

「お吉が淵」と呼ばれる場所を通りました。


そこは、お吉さんが身投げをしたと言われていた場所でした。


夫曰く、来る時もそこを通ってきたよ。。。とのことでしたが、、、

どうやら私、、、そこでは居眠りをしてしまっていたようで(苦笑)

見逃していました。


でも、お吉記念館に行った後にそこを通った時は、、、

家族全員で、なんとも言えない、、、

ちょっと言葉に出来ない気持ちになりました。



昔の日本って。。。

小さな村ではまだまだ、迷信とかそういうのがたくさんあって。。。


自分が村八分にされるくらいなら、たとえそれが理不尽だと

分かっていても、いじめるほうに加担してしまう。。。とか。


21世紀の今でも、場所によっては、例えば魔女狩りとか。。。

そういった、現代の私たちには信じられないようなことが起こっている地域も、

実は未だにあったりもするのですが。。。


そういうのって全部、、、

人間の中に潜む、「弱さ」。。。からくるんです。


そしてこの「弱さ」って、、、「記憶喪失」からくるんですよ。。。


自分が本当は何者であるのか、、、ということを忘れてしまっているから。。。




「洞窟めぐり」というのは、西伊豆、堂ヶ島にある小さな島々を

船で巡るコースのことでした。。。


そしてそのコースの中で、島の洞窟の中も、

一緒に船で巡ってくれるものでした。


そして知らなかったのですが、それは日本の「青の洞窟」と

呼ばれているところのひとつだったようで。。。


イタリアの、有名な青の洞窟。。。

いつかは絶対行きたいと思っていたのですが、それは日本にもあったんだ!と。


なんだかちょっと、得した気分に(笑)



洞窟に入った時は、薄曇りで、、、

光が少し弱かったせいか、周りの岩にその青が反射するまでは

行かなかったのですが、、、


それでも、そこは十分綺麗で、神秘的でした。


自然の描き出す美しさというものは、、、

いつみても、何を見ても、感動します。


ここならすぐに来れますし、、、

次は、もっとお天気の良い日に来て、写真とか撮ってないで、

もっとじっくりと、その景色を堪能したいなぁ。。。と。


そう思いました。



お吉記念館の中のある場所では、とても強い香りが漂っていました。


それは、昔の日本の甘い匂い。。。というか。。。

なぜか、亡くなった伯母を思い出させる匂いというか。。。


とにかく、そんな匂いが強くした場所があったのですが、、、

昨日はその匂いが鼻に残ってしまい、家に帰ってきてからもずっと、、、

私の周りで香っていました。


そういうの、私は「幻臭」って呼んでいるのですが。。。

きっと香りが、記憶と強烈に結びついて、

脳に、強くインプットされてしまうのでしょうね。


今日になったらさすがに、その匂いは消えていましたが、、、

お吉さんって。。。やっぱり、とても気になる女性です。



そうそう。。。

昨日から、蝶々夫人のアリアも、、、

ずっと頭から離れなかったりしてます。。。


IRIDESCENCE

千葉県松戸市で小さなヒーリングサロンを開いております

0コメント

  • 1000 / 1000