マインドの内と外


ここ一週間ほど、なんとなく重い感じがしてしかたありません。


ずっと、お天気が悪いせいというのもあるかなと思います。


最近では、「低気圧アレルギー」なんて言葉も使われるようになってきて、

気圧が人の身体、特に自律神経系に及ぼす影響というものが、

科学的にも認識されるようになってきたようです。


身体と気分がなんとなく重くて、家事をさぼったりしてしまった時。

以前の私だったら、自分の根性が足りないのだと思って、

そして、そんなことに負けてる自分が嫌で。

結果、自責の念にさいなまれたりすることもありましたけれども。


最近では、「気力では何ともならない時もある」ということが

解ってきたので、そういう時は、のんびり過ごすようにしています。


気圧のせいだけではなく、天体の位置によって生み出されるエネルギーも、

絶対に人の心と身体に影響を及ぼすと思っていますので、

だるくて重い時は、それなりに、、、

なまけすぎず、がんばりすぎずの気持ちで、それが過ぎるのをじっと待ちます。



こんな風に、、、

この物理的な世界で生きている限りは、どんな人でも外側からの影響は受けますので、

そういうことが解ってくればくるほど、いつもキラキラしていることなんて

ありえないと思いますし、アップダウンするのが人間だし。。。と。

そんな気持ちがますます強くなっていきます。


いつも幸せです♪。。。と言っている人は、、、

どこか無理しているのではないのかしら?大丈夫なのかしら?と。


ついつい、余計な心配をしてしまう私です(苦笑)



生きていれば、誰でもいろんなことがある。

でもそれこそが、私達がここで、人間として生きている醍醐味だとも思います。


いろんなことは起こるけれども、、、

どんなことが起こっても、完全にそこに飲み込まれないようにする術を身につける。。。


結局は、そこなのだと思います。



どんな人でも、あれこれアップダウンするのは仕方ないこと。

人には感情発生装置と思考発生装置がついているのですから。

そして、、、物理的な肉体も持っているのですから。


でも、アップでもダウンでも、いかにそこに同化せずにいられるか。

いかに、魂の視点からすべてを観察している自分を常に見失わずにいられるか。


その視点を育んでいくのが一番だ。と。

結局、最終的にはいつもそこに辿り着く私です。


すべて、、、というのは、自分自身だけでなく、全体もです。



特にイヤなことがあったわけでもなく、体調が悪いわけでもなく。

ただただ重い。ただただ気力がわかない。


これってやっぱり、土星からの影響もあるのだろうと思いました。


土星が自分の太陽に重なっている時は、体力がなくなってくることも

多いと聞きました。


体力や気力が落ちてくるのはおそらく、

天体の配置や何やらで、その人のエネルギー不足が

起こるからなのだろうと思うのですが。


何がどうなってか、、、というところまではまだ分りませんが、

とにかく、今という時期は、私は普段以上にエネルギーを消耗するように

出来ているのだろうなぁ。。。と。


そんな感じがしました。


なのでここ数日は、ゼニスを使った自己ヒーリングも、

エネルギー充電を意識したものを行ったりもしていたのですが、

気力が落ちると、頭では解っていても、自己ヒーリングをする

気力さえ落ちてしまうことも、たまにはあります。


そんな時に便利なのが、やはりライトランゲージでした。

これは本当に、お手軽でいいですね。


ライトランゲージでエネルギー充電をしながら、

紙にそれを描いていたら、なんだか、、、

普段よりも手に力が入るような感じがして。


そして、何かのメッセージを感じるというよりかは、ただただひたすら、

エネルギーを受け取っているような、、、そんな感覚になりました。


ライトランゲージを使っていても私自身、、、

どこまでが本物で、どこまでが私のマインドの領域なのか、、、

完全に選別を出来るかといったら、そのあたりはまだ、実験中なところも

多々あったりしますが。。。


今日、ふとインスピとして降りてきたことは、、、

ライトランゲージというものは、


「自分の心と向き合うためのツールである」


・・・ということでした。



実は私は、神であろうと異次元の存在であろうとなんであろうと、、、

それはすべて、「マインド」の中に生きる存在であると思っていたりします。


マインドよりももっと深い深いところで、私たちはみんな、

ひとつに繋がっていますし、ファースト・ソース、、、つまり大いなる源の

意識とも繋がっていたりします。


その領域からくるエネルギーを、神とか宇宙人のような異次元的な存在や、

あとは「言葉」というものに、「具現化」しているのはマインドです。


ですから、もともと自分の中にあったものを私たちは、何かの形に具現化して、

まるで「自分以外の誰か」から受け取ったものであるかのように感じているのだと。


私は、そういう風に思っていたりします。


なので、ライトランゲージを使うと、様々な存在とコンタクトを

とれたりもしますけれども、それも結局は、自分の内側にあるものなのだと。


正直言えば、そんな冷静な気持ちを、どこかに持っていたりもします。


私が本音を話し出すと、、、

こうやって、夢をどんどん崩していってしまうことが多いのですけど(苦笑)


でもこれが、私の中の真実なのだから仕方ないよな。と。

やっと最近、本来の自分を取り戻しつつあります。



ウイングメーカーのマテリアルをよく読めば、

ジェームズもそういう話をしていますし、だからこそ私は、

ジェームズに共感したりもするのです。



ウイングメーカー・マテリアルの中にあるクォンタム・ポーズという、

呼吸を使った瞑想は、そういったマインドから離れることを目的としたものであり、

それは、どちらかというと、東洋的な瞑想に近い感じがします。


チャネリング。。。というものはある意味、意図を持って、

自分の深いところから何かの答えを引き出そうとするのですから、

西洋的な瞑想とほとんど同じだと感じています。


そしてそれは、マインド内に留まったものであります。


西洋的な瞑想は、何かテーマを決めて、ひたすらそれに集中するものが

多かったりしますが、その答えは、ソウル的な部分から来るにもかかわらず、

結局はそのエネルギーを、マインドを使って解釈、理解してしまいますので、

ジェームズ風に言えば、「監獄内」に留まったままの瞑想です。


ライトランゲージは、そのあたり微妙なのですけれども、、、

私の経験からは、どちらとも言えるかな。。。という感じです。



ジェームズの話している「監獄」というものをよくよく理解するためには、

多分、仏教の勉強をするのが一番手っ取り早いのではないかなと。


そんな気がしなくもないです。


監獄の外の世界については、般若心経が非常に詳しく語っていますし。

「監獄」とかそういう言葉が意味するものは、古代エジプトから続く神秘学とか

カバラを勉強すればだいたい解ると思いますし、、、


結局は、古いものを学べば学ぶほど、、、

ジェームズがどういった手法を用いているのかということも、

よく解ってきたりするのです。



ジェームズの意図、その目的は、、、

私達をマインドの外に連れ出すことですから、マインド内に留まることを

「監獄に囚われる」という、少しネガティブな表現を使って

説明していたりしますけれども。


けれども、西洋的な瞑想。。。

自分の奥深くにもぐって、そこから何らかの答えを引き出すことは、

一時の平安を得るためには、とても効果的なものであるので。


ライトランゲージにしても、クォンタム・ポーズにしても、

ゼニスにしても。


その目的を理解し、目的別に使い分けられるようになれたら

なんかもう、最強だと思います(笑)



ライトランゲージを降ろした後、そんなことを考えていたら、、、


いろんなツールが目の前に揃っていたことが、

なんだか急に、、、妙に嬉しくなってきて。


今って本当に、いろんなことが開かれた時代になりましたね。。。

IRIDESCENCE

千葉県松戸市で小さなヒーリングサロンを開いております

0コメント

  • 1000 / 1000