神話とは何か


ジェームズは、

「ウイングメーカーは現代の神話である」

と言っていました。


そもそも、神話とは何であるのか?


・・・ということを、ちゃんと理解していなければ、

ジェームズの言っていることもまた、

真に理解することは、難しいだろうと思います。



昔、私のカバラの先生の師匠であったユダヤ人ラビの方が、

「占星術とタロットは、カバラの二人の娘である」

と言っていました。


もちろん、占星術やタロットの歴史をよくよく勉強してみれば、

そのふたつの体系がカバラから生まれたのではない。。。

ということは分るのですが。


おそらく、そのラビも「メタファー」を使って

話していたのだろうと思います。


彼が言ったことを、言葉の額面通り、、、

ただそのまま鵜呑みにしたら、


「占星術が生まれたのはカバラよりも先じゃないか~」とか、

「タロットとカバラが結び付けられたのは、

もっとあとになってからじゃないか~」

「それは間違ってる。うそつきだ~~~」


・・・みたいな反応しか出来ないと思いますが、、、

もっと耳を澄ませて、その言葉の裏にある囁きを聞きとれば、

「なるほどね。。。」と。


そういうことにも気づけるはずです。



マスターの語ることが、時に矛盾だらけで混乱させられるのも、、、

そういうことです。


彼らは、物理的には真実ではないけれども、

それでも「リアルであるもの」については、いつも、

メタファーとか、たとえ話を使って話しますから。。。


なので彼らが話している、その言葉の真の意味を知るには、、、

自分自身がそこまで潜っていかない限りは、無理なんですね。



占星術もタロットも、そしてカバラも。。。


その深いところに共通しているものがあって、、、

その体系が語っているもの、説明しているものは、

私たちが、ファースト・ソースに戻るまでに辿る道のりなのです。


そこにはその、「元型的な旅の風景」が描かれているということ。


「目に見える部分」では、、、

そこには、多種多様なコースがあるのです。


Aコース、Bコース、Cコースと、、、

実際に辿っていく道は違ったりするし、そのコースの数はおそらく、

人の数と同じくらい、たくさんあります。


けれども、その多種多様なコースの基本的な構造。。。

それは、みんな同じなのです。


それが、「旅の元型的な風景」。。。


たとえばカバラでは、その道を「生命の樹」を使って説明したりするのですが、

それを、「物語」として描いているのが、

神話なんですね。。。


ファーストソースへと還る旅の元型的な風景。。。

「意識の成長の物語」です。



最近、あるキッカケがあって読み返している

ジョセフ・キャンベルの本。


もしかしてジェームズは、ジョセフ・キャンベルの話に

触発されたりしたのかな?なんて。


そんな感じもしたりして。


少し、抜粋です。



神話は歌です。

それは、肉体のエネルギーによって生気を吹き込まれた、

想像力の歌です。(中略)


神話の主要なモチーフはみな同じだし、昔から同じだったのです。

あなた自身の神話を見つけようと思ったら、どういう社会に属しているかを

知ることが肝心です。


あらゆる神話は、限界領域内の特定の社会で育ってきました。

それからそれは、他の神話と衝突し、相互関係を持ち、

やがて合体してより複雑な神話になるのです。


でも、現代は境界線がありません。

今日価値を持つ唯一の神話は地球というこの惑星の神話ですが、

私達はまだそういう神話を持っていない。


~『神話の力』ジョーゼフ・キャンベル ~




やっぱり、「読書」っていいですね。


その道にすべての情熱を注いできた人の話すお話というのは、、、

どこかにズッシリとした深みがあって、心地よいです。。。


最近、めっきり読書をしていませんでしたが、、、

また、いろんな本を読んでいきたいな。。。と。

そんな気持ちにさせられました。

IRIDESCENCE

千葉県松戸市で小さなヒーリングサロンを開いております

0コメント

  • 1000 / 1000