ドールマンの翻訳、完了!

©WingMakers.LLC



『The Dohrman Prophecy』の翻訳。。。

本日、完成しました。


途中、ダンスや歌に集中しなければならない時があったり、

ネルダインタビュー5を訳し始めてしまったり、

ヒーリングのお仕事がとても忙しくなったり。。。と。。。


ブランクが開いてしまうことも、しばしばありましたが。。。

約3年ちょっとをかけて、なんとか訳しきりました。


家族に、「おめでとう!」と言ってもらえて、

ジーンとなりました。



最後のあとがきの中、、、

ジェームズはサリヴァン先生と

ヘレン・ケラーの話をしていました。


子供の頃、、、

私は、ヘレン・ケラーのマンガを、

繰り返し繰り返し読みました。


私と弟で、その同じ本をそれぞれ一冊づつ持っていて。

多分、母が買ってくれたのだろうけれども。。。


子供の頃に繰り返して読んだものは、大人になってもずっと

その記憶にハッキリと刻み込まれているものが多く。。。


ジェームズのこの言葉を読みながら、、、

とても懐かしい気持ちになったりもしました。


ヘレン・ケラーもすごい人だったけど。。。

サリヴァン先生のあの愛と献身。。。


今になっても、思い出すと、胸がジワッとなったりします。



19歳の時にあの体験をしてから、、、

私はどこかで、ずっと孤独でした。


そして、ジェームズの言葉を読むたびに、、、

あぁ、この人も絶対に、あれをその目で実際に見て、

その肌で、直に触れた人なのだろうと。。。


そういう気持ちにさせられます。


孤独だからこそ、、、

その経験を誰かと共有したいという気持ちが強くなるし、、、

でも、、、それを言葉で説明することは、

絶対に不可能であることも知ってるから。。。


寂しい。。。というか。

もどかしい。。。というか。。。


だから時々、、、

あんな経験、しなければよかったのに。。。と。


そう思うこともあって。


だからこそ、ジェームズにリアルで会って。。。

そのあたりのこと、聞いてみたくてしかたなくなる時があります。


「やっぱり、見たんだよね?」。。。と。



夫にはもう、、、

20年以上も、この話を聞いてもらってきました。


子供達にも。。。


なぜなら家族は、、、

私がどんなに意味不明なことを言ったとしても、、、

絶対に受け入れてくれる。。。という安心感があるからです。。。


そして、何年も何年も我慢強く私の話に付き合ってくれた夫は、、、


「やっぱりそういうものなんだと、最近は本当そう思うようになった」


・・・と。。。


そういう風に言ってくれるようにまでなってくれました。


若い頃に夫と出会って、彼の生き方を間近でずっと見てきましたが、、、


「人ってこんなに変わるんだ」。。。と。


それほどまでに、今の夫は穏やかです。。。


彼は決して、自身であの経験をしたわけではないけれども、、、

どこかに「悟っている人」の空気を纏ってる。。。


「静寂さ」を。。。


彼が会社を始めたばかりの頃は、一時ちょっと、

荒い周波数に巻き込まれかけていた時もあったけど、、、


この世界で生きていれば、そういうことも、

時にはありますよね。。。


最近ではまた、取り戻しているように見える。。。


娘も、決して否定することなく聞いてくれるし。。。

息子は、、、たまにポツリと、「それってこういうことなの?」と。。。

彼なりに、色々真剣に考えてくれているようです。


それだけで、、、私は癒されるのです。

ありがたいなぁ。。。って思う。



ジェームズは、、、

私たちが人間であるうちは、「それ」を想像するだけで十分だと言います。


実際に経験しようがしまいが、そこに良い悪いはないといいます。


どんな経験にも、そこに上下はないといいます。


私も本当に、そう思います。


でも私が家族についつい話したくなるのは、、、

多分、、、寂しいからです。


誰ともその経験を共有できないことが。。。


だから、家族を巻き込んでいるのでしょう。。。

きっと。。。


文句を言うこともなく、、、

否定することもなく、、、

そして、変な人扱いすることもせず、、、


いつも聞いてくれて、本当にありがとう。。。




ジェームズの話していることはすべて、、、

手に取るようにわかる。。。


なぜなら私は、、、それを見ているから。。。


でもそれを、「言葉」では説明できないのは、、、

ものすごくもどかしくて。


でも、、、そういうものだとも解っていて。。。


会いたいなぁ。。。やっぱり。

ジェームズに。


会って、いろんなことを話したいです。

IRIDESCENCE

千葉県松戸市で小さなヒーリングサロンを開いております

0コメント

  • 1000 / 1000