久しぶりに射手座談義



子供の頃から母に、、、

「もう少し、ご近所に関心を持ちなさい」

・・・と、よく言われました。


近所の〇〇さんちの〇〇ちゃんが、どこの学校に入ったとか、、、

いつ結婚したとか、その結婚相手はどんな人だったかとか。


そういう話に、「ふーん」と興味なさそうにしていると、

「あんたはどうしてそうなの!」って。母は怒るのです(笑)



近所の人がどうしたこうした。。。みたいな話のどこが面白くて、

それに興味を持つことがなぜ大事なのかが、、、


私には真面目に、、、よく解りませんでした。



魚座など、、、「水」の要素がかなり強い母にとって、

周囲に関心を持たないことは、多分、

理解しがたいこと。。。


理解しづらいから、ついつい、

そういうことが「悪」のように感じること。


・・・というのは、占星術を勉強するようになってから、

納得できるようになってきました。


そして、、、

母のことを理解したから、、、

私は自分を責めなくもなりました。



うお座ってよくよく観察していると、

「わたしはわたし、あなたはあなた」という意識が

曖昧なところがあるように感じています。


「わたしはわたし、あなたもわたし」。。。みたいな。

自分と他者との境界線が、とても曖昧なエネルギー。。。



子供の意識にとって、親からの影響というのは絶大ですから、、、

私自身も昔は、そういう自分はダメなんだと思っていましたし、

そういうことに関心を持とうと努力したこともありましたが、、、


それは私にとっては、ものすごく苦痛なことでした。


そういうことでもよく、葛藤しました。。。昔は。。。




英会話の先生と話していると、、、

私の物の見方とか考え方は、西洋人に近いのかな?

・・・と、思わされることもよくあります。


うまく言えませんが、、、「個人意識」みたいな部分は、、、

WM的に言えば、「サヴァリンティ」の部分は、

私は、一般的な日本人よりも、もしかしたら強いのかもしれないと。。。


「あなたはあなた、わたしはわたし」。。。みたいなところ。


なぜなら、先生とはそういう点でも、、、

いつもものすごく、どこまでもどこまでも意見が

一致するからです。


西洋人にもいろんな人がいるでしょうから、

たまたまその先生が、私と、物の見方・考え方が近い。。。

というだけなのかもしれませんけれども。


でもなんというか、、、

「日本人全体に共通した気質」。。。


つまり、日本人としてのジェネティック・マインドよりも、

西洋的ジェネティック・マインドのほうが、自分は強い気がして。。。


ご先祖に西洋の人がいたらしいので、、、

そういう、遺伝子の何かってあるのかしら?とか。



もちろん、遺伝子だけではなく、育った環境からの影響は必ず受けますので、

それでも私は、日本人なのですけれども。。。



もし私が、、、10代でのあの経験によって、、、

「すべてのもののもとはひとつ」ということを

知ることがなかったら、、、


WM的に言ったら、

「インテグラル」の部分の意識を知らずにいたとしたら、、、


もしかしたら私は、、、

この、「全体の調和」を重んじる日本という国では、、、

だいぶ疑問だらけ、不満だらけになって

生きづらかったかもしれないと思うと。。。


ちょっと、、、ゾッとします^^;



射手座の人には多いと思いますが、射手座は近くのことより遠くのこと、

小さいことより大きいことに関心を持ちやすい傾向があるので、

ご近所のこまごましたことよりかは、日本全体のこと。。。

日本に留まらず、世界全体のこと。。。

地球だけでなく、宇宙のこと。。。みたいな。


そういう、大規模な話のほうが、胸躍りますね。



ふたご座が、よりたくさんの世界を、

風のようにサッと渡り歩くの好きだとしたら、、、

射手座は、それぞれの国にある程度は留まって、

その国のことをじっくり深く知りたくなります。


でも、永遠にその国に留まっていることは決してなくて。

ある日突然、違う国に旅立ちます。。。

何かを求めて。。。


射手座というのは、、、

見た目も風習も住んでいる人たちも、

何もかもがまったく違う世界の、、、

その根底にある「共通しているもの」を探すのが好きです。


例えば、、、科学と芸術と宗教の、

その根底にある共通した何かを見つけ出すこととか。


そして、それを見つけると、、、

射手座は次の楽しい世界を探しに、

旅立つのだと思います。。。


その国を、どこまでもどこまでも深く極めたいのが蠍座だとしたら、

射手座はひとつのことをそこまで深めなくても、、、

そこで目的のものが見つかればそれで満足。。。みたいな。



射手座が求めているものというのは結局は、、、


この世界とは何なのか?

人間とはなんであるのか?


・・・みたいな、哲学的な問いに対する答えであって。。。


その答えというのは、


「あぁ、、、やっぱり、、、

すべてのものの根底にあるものは同じなんだね」


と実感した、その「確信」の中にあるのだと思います。



ですので、ご近所の噂話のような、「表面的」な事柄には、、、

あまり関心が持てませんし、それでいいのだろうと。


そういうことで安心できたのもまた、

占星術のおかげだったのでした。



ひとりひとりがそれぞれ、違った個性を持っていて当たり前。

違っていて当たり前。


でも、その違いは単に目に見えている表面的なものだけであり、、、

その深い深い根底では、「すべてのもののもとはひとつ」

であるということ。。。


つまり私たちはみんな、、、

ファースト・ソースであるのだということ。。。


それを確信する旅へと出発したくなる思いを、、、


射手座のエネルギーは、

駆り立てるのだろうと思います。

IRIDESCENCE

千葉県松戸市で小さなヒーリングサロンを開いております

0コメント

  • 1000 / 1000