ハッピー・ハロウィン


今日は、ハロウィン。


今では日本でも、ハロウィンはクリスマスと同じくらい

メジャーになりましたね。


私が学生だった頃は、日本ではまだ、ハロウィンなんてほとんど

やっていない頃でしたが、でも、、、

通っていた学校の中でだけ、その日はお祭り騒ぎでした。


先生たちはみな、仮装して授業をしていました。

生徒たちにも、出来れば家から仮装して来なさいというのですが、

当時の日本では、そんなの無理すぎるというか(笑)


もし、仮装して電車なんかに乗ったら、どんなことになるか。。。


なので、生徒はほとんど仮装はしてきませんでしたが、

先生たちは毎年、ノリノリでした。

主に、アメリカ人の先生たちでしたが。。。


仮装したり、「トリック・オア・トリート!」とやったりする、

今の日本のハロウィンというのは、アメリカ系のハロウィン。


イギリスでは、こういうのはほとんどやらないそうです。



もともと、ハロウィンというのは、ケルトのお祭りでした。。。

「ソーウィン祭り」と呼ばれていたそうです。

 

 ケルトでは10月31日の夜から11月1日にかけて、

このお祭りがおこなわれます。


 ソーウィンは、1年の終わりを表すもので、

 この日は冬の始まりのイヴ(前夜)に当たります。


ソーウィンのキーワードは、「死」。。。

 

 ソーウィンは、アイルランドの自然をつかさどる神ダグダが、

超自然的な力を持つ戦いの女神モリガンと夫婦になる時です。

 この夜は、この世とあの世の間にかけられたヴェールが最も薄くなり、

 死者と語らうことができると信じられていました。


 このとき死者はお墓から抜け出し、

生きた人間達の間を歩き回るという

 言い伝えまであったそうです。。。

 

 ケルトの木の暦で、この季節当てられている木は「リンボク」です。


 このリンボクは、キリストの茨の冠の材料に

なったとされている木だそうです。。。

 

なので、キリスト教の修道士達からは

とくに不吉な植物と見なされていました。

 

 でも、リンボクが不吉の象徴とされるのにはもっと古い起源があります。

 この木は、古くから黒魔術や呪いに用いられた木と言われているのです。

 

 リンボクの刺は長く、強く、特別に鋭いため、肌を刺すには

絶好の植物だったのです。。

 引っかき傷はしばしば敗血症を引き起こし、

先端に毒を塗った刺は、有効な武器になります。

 

 こうして、リンボクは「眠りのひと刺し」の刺として

知られるようになりました。


 もしかすると、、、

有名な「眠れる森の美女」のお話も、

こんなところから生まれたのかもしれませんね。

 


 『ケルトの木の知恵』という、私にとって、

宝物のような本があります。






この日になると、私は昔から、、、

なぜかこの本が、無性に読みたくなり。。。


この本によると、リンボクの木の教えとは。。。

こんなお話です。



リンボクは、意地悪なお婆さんとして崇められてきました。

 意地悪婆さんは「白い女神」の持つ魔女の相だからです。

 (白い女神は3つの姿を持っています。)


 その刺は、私たち自身の中にあって

私達を傷つける陰湿な心根を思い起こさせます。


 この心の刺も、放っておくと根を張り、

やがてびっしりはびこって手がつけられなくなります。。。

 

 私たちはリンボクを見ると、


「さまざまな形で自分や他人を傷つけていることを忘れてはなりません、

傷つけあわないようにするにはどうしたらよいか考えなさい。」


 と言われている気持ちになります。

 

 自分自身のこの陰湿な心根と向き合う勇気を持てば、

リンボクは人間が持つこの暗い側面を克服するよう導いてくれ、

心の負い目を返上する力になってくれます。

 

 そして、死は誰にとっても逃れられないものであるという事実を

 受け入れさせてくれます。

 

それこそは、この世でただひとつ、

すべての人々が確信できる事実なのですから。。。




この日は、ケルト地方では昔から、

「この世とあの世のヴェールが薄くなる日」

と、言われてきました。


死んだ人たちが戻ってくる。。。と。

まるで、日本のお盆のような。。。


魔女たちはこの日に、鏡の中をのぞいて占いをしたりします。



そして今年は、そんなソーウィンの日と、

新月が重なりましたね。


蠍座の新月です。



蠍座とソーウィンのイメージって、

なんとなく重なります。


「死」、そして「変容」。。。


ソーウィンからは、蠍座の、

そんなキーワードが浮かびます。。。




今までの自分から生まれ変わるような気持ちで、、、

物事をスタートさせるのなら、絶対にすべてその日から。


・・・というメッセージを、ライトランゲージ中に

受け取ったのは、10月26日。


カレンダーを調べたらその日が、ソーウィンの日であり、

蠍座の新月であることが分かって、ちょっとゾッとしました。


でもだからこそ、、、

今までめんどくさくて避けていたことも、

今日からちゃんと始めようと。


そう思ったのでした。



・・・ということで、まずは、、、

今夜、家族でハロウィン・パーティーをしようかなと(笑)


可愛らしいプチ・パンプキンとかお花を飾って。。。

ケーキを用意して。


そして、、、

最近、手を抜きまくっていたお料理を。

今日から、頑張ります☆

IRIDESCENCE

千葉県松戸市で小さなヒーリングサロンを開いております

0コメント

  • 1000 / 1000