ギョベクリ・テペの遺跡


ハンコックさんの『神々の魔術』の本に出てくるトルコの遺跡。

ギョベリク・テペ。


今から約12000年前のものだと言われているそうです。


12000年前と言ったら、イギリスのストーン・ヘンジとか

エジプトのピラミッドよりも、約6000年も古いのだとか。



とても興味をそそられる遺跡なので、

いろいろ検索してみました。


自分で文章にまとめる気力がなかったので、、、

リンクをたくさん。。。



ギョベクリ・テペ(ウィキ)


ギョベクリ・テペを知っていますか?(ザウルスでござる)


約1万2千年前のギョベクリ・テペの神殿遺跡(海馬の我楽多箱)


世界最古の神殿遺跡「ギョベクリ・テペ遺跡」 (パンゲア)



ギョベリク・テペは、トルコのアナトリア南東部にあるそうです。


アナトリアといえば、その東部にある「チャタル・ヒュユク」という

遺跡が私はなんだかとても好きで。


あの遺跡も、一番古い層では紀元前7500年前のものだそうで、

ギョベリク・テペとは、場所もなんとなく近いし。


トルコ、なんだか興味津々ですね。



以前、ベリーダンスの先生に、アナトリアの「アナ」には

「母」という意味がある。。。と聞いたような気がするのですが。。。


以前の日記を探してみても、そのお話は見つけられなかった。。。

・・・というか、書いたかどうかも、もう覚えていないけど。


ただ最近、記憶には全然自信がなくて。

単に忘れているだけならまだしも、なんだか改ざんして、

なかったことまであったことになったりするので(汗)


ちょっと、ハッキリは分からないのですが。。。


でも、「Ann」というのが私にとっては

キーワードのひとつだったりするので、

なんとなく、気になるところではあります。



関係ないですけど、私はネアンデルタール人に

なぜか、ものすごく興味があって。


石器時代とかにも、興味津々なんですね。


なんで?と言われても、なんとなく。。。

としか答えられないのですが。


ネアンデルタール人と聞くと、すごくワクワクするので、

家族に同意を求めても、誰も賛同してくれません(笑)


なのでこれは、個人的な願望ではあるのですが、

こういった古い遺跡と、ネアンデルタール人との繋がりとか。


そういうのも、何か見つかればいいなぁ。。。と。



このブログを書いていたら、頭の中で

なぜか、この歌が鳴り始めました。。。


IRIDESCENCE

千葉県松戸市で小さなヒーリングサロンを開いております

0コメント

  • 1000 / 1000