小豆島・中山千枚田



小豆島の真ん中あたりにある中山地区には、

800枚を超える大小の田んぼがあり。。。


「千枚田」と呼ばれるこの田んぼは、

日本の棚田百選にも選ばれているそうです。



とても静かで、のどかで、、、

癒されました。。。


ここをお散歩していた時、、、

ジブリの音楽が、頭の中で流れていました。





日本人魂に触れる風景。。。みたいな?


ここは、田んぼに水がひかれて、稲が青々と茂っている時期が

とても美しいのだそうです。


私たちが行ったときは、もう稲刈りの時期も終わってしまっていて。

所々では焼き畑が行われていました。


煙で周囲がモクモク。。。

なんて景色は、私が子供のころにはまだありましたが、

今では、もうそういうのは全くなくなってしまいました。


ダイオキシン問題が出てきたころに。。。

家で燃やすこと自体が、禁止になってしまったから。



あちこちの焼き畑からは、ものすごい煙が出ていて、

周囲は真っ白。。。


とても煙かったし、髪も服も、

燻されてしまいそうでしたけれども、

なんだか、、、とても懐かしい感じがしました。






そこに山があると、、、

登りたくなるのです。。。


「ママって、あえて険しくて大変な道を選ぶよね~」


・・・と夫と娘はそう言うのだけど。。。


ゼイゼイしながら登って行ったその道の先には、、、

大抵、素晴らしい景色が広がっているので、

どうしてもそれが見てみたい、、、という、

そんな、好奇心に勝てない。。。


・・・からなのかもしれません。



風の向くまま気の向くままに、フラフラ歩いていると、

なぜかいつも、登っているのです(笑)



でも、ここを登らなかったら、地元のおばあちゃんの

あの笑顔は見れなかったし、、、

野生のお猿さんたちにも会えなかったし。。。



山の上のほうに小さく見えていたお寺に興味を惹かれ、、、

やっとそこにたどり着いたと思ったら、

そこは、お遍路さんの通る道ではあったけど、

今のシーズン、人はだれもいなくて、

お猿さんたちの憩いの場となっていました。





お寺の階段を登ったところに、猿たちがいて。

木を揺さぶって威嚇している子もいたので、

お寺の中には進めませんでした。


そこには人は、私たち家族3人しかいなかったし、

野生の猿を侮るのは怖い。


小さいころ、猿山のお猿さんに、

持っていたキャラメルを強奪されたことがあったし(笑)


お猿さんたちを脅かさないように、、、

「ちょっとだけ、写真だけ撮らせてね」。。。と。


山の上のお寺の近くから、千枚田を見下ろして。。。






ここは、季節によっては蛍も見れるそうです。


『八日目の蝉』の映画の撮影がきっかけで復活した「虫送り」も、

とても綺麗な光景なようなので、

いつか、参加してみたいなぁ。。。と。



IRIDESCENCE

千葉県松戸市で小さなヒーリングサロンを開いております

0コメント

  • 1000 / 1000