小豆島・エンジェルロード



潮の満ち引きによって、現れたり消えたりする道。


「エンジェル・ロード」と呼ばれるこの道を、

この道の真ん中で大切な人と手をつなぐと、願いが叶う。。。


そう言われているのだそうです。



近くには、「約束の丘展望台」と呼ばれている高台があり、

上の写真はそこに登って撮ったものです。





ラヴラヴな時期に恋人同士で来たら、、、

ロマンティックな気分になれるでしょうね。。。きっと。



多分、よくここに来ているのだと思います。

すっかり人に慣れている猫ちゃんがいて。。。

たくさん撫でさせてくれました。





耳が切れていたので、多分男の子。。。

身体も大きかったので、このあたりのボスかな?



道を渡った先にある島には、絵馬がいっぱい。。。






島の岩は、触ってみたらとても軽い感じがして。

なんとなく、女性的な感じがする岩でした。






島から岸の方を眺めた図。。。






千葉の方でも、少し奥に入っていくとトンビを見ることはできるのですが、

こんなに低空で、頭の上を旋回してくれるトンビはあんまりいません。


しかも、、、「ピーヒョロヒョロ」と、歌いながら。。。



トンビは大きい鳥ですが、気性は穏やからしく。

カラスにもいじめられてしまうこともあるのだとか。


鷹と同じ猛禽類なのに、、、なんか、可愛らしいですね。


でも、そのたたずまいは、、、やっぱりかっこいい。。。






エンジェル・ロードは、一日に2回現れるそうです。


夜も、一定時間ライトアップされていますので、

潮が引けば渡れます。



夜、潮がまだ完全に引ききっていない時に行ってみたら、

まだ繋がりきっていない道の真ん中に、

ポツンとひとり、立っていた人がいたのです。。。


ずっと。。。


でも、近づいて行ってみると夫が、「あ、あれ、人じゃない」と。。。


よくよく見たら、大きな白鷺でした。。。






なんとか望遠で撮ったけど、、、

ピントがずれてしまった。。。


鷺は警戒心がとても強いらしいので、

ちょっと近づいたら、サッと飛び立っていってしまいました。



「すごいチャレンジャーな人がいるなと思ったよ」


・・・と夫は言ってましたけど(笑)



私もそれまでずっと、それは人だと思っていましたし、

いくらライトアップされているとはいえ、こんな夜に、

こんな場所に、独りでずっといるのって怖くならないのかな?

なんて思っていたので、、、


あれが白鷺だと分かった時は、

なんだか、不思議な気持ちにさせられました。



そこで独りでじっと海を眺めている姿は、、、

まるで、哲学者のようで。。。


その姿に、すごく感動してしまいました。。。




私は、、、

まだあまり人の手が入っていない

大自然の雄大な景色が大好きですが、、、


でも、夜の海とか、真っ暗な洞窟の中とか。。。


大好きだけど、でもどこか怖かったりします。


ひとりで洞窟の中に取り残されたら、、、と

想像しただけでも、ちょっと怖くなる。。。



でも、、、

動物たちはそういうの、怖くないのでしょうね。。。


ただただ、自然と同化している感じで、、、

なんだか、かっこいいなぁ。。。って思います。。。



ホテルの窓から撮ったエンジェルロード。


この日は晴れていて、、、

蒼がとても綺麗でした。





エンジェル・ロードのことを思い出しながら、、、

この曲が、頭の中で鳴っていました。



映画の力ってすごいんですね。

それは、どれだけの人の意識に影響を及ぼすのか。。。と。。。


多分私の中では、小豆島とこの曲が、この先もずっと、、、

結びついていくのだろうと思います。



IRIDESCENCE

千葉県松戸市で小さなヒーリングサロンを開いております

0コメント

  • 1000 / 1000