小豆島・オリーブ公園



この日、お天気は曇り空で。

オリーブ公園に着いた頃に、雨が降ってきました。


このギリシャ風車。。。

晴れた空の下で見たかったな。


この風車のすぐ脇には、おそらく古くからそこに

あったのであろう神社があって。。。


その神社は、曇り空の下、妙に雰囲気があって、、、

ちょっと怖くて入れなかった。。。


そして、この風車との妙にミスマッチが、

なんとなく、面白かったです(笑)



オリーブ公園には、オリーブの木がたくさん。。。





小豆島は、日本でのオリーブの産地。


スペインから移植した、樹齢1000年のオリーブの木もあるそうです。

今回は、時間がなくて見れませんでしたが。。。



季節的に、オリーブの収穫の季節と重なり、

美味しいオリーブの実を、たくさんいただいてきました。


オリーブのアイスクリーム。

ホテルの食事で出たのですが、予想外にとても美味しかったです。


なので、オリーブソフトを食べようと思っていたのですが、

途中、すっかり忘れてしまっていました。


次こそは。。。(笑)



そして小豆島は、ギリシャのミロス島の姉妹都市となっているそうで。。。

ミロス島は、あの有名な「ミロのヴィーナス」の像が

発見された島ですね。。。



オリーブ公園の資料館に入った途端、、、

ギリシャ神話のアテナ女神の像に迎えられて。。。






英会話の先生は、、、

余生はギリシャで過ごしたいのだそうで、

今から着々と準備しているみたい。


それ、、、すごく羨ましい。


私も、余生を過ごすならギリシャがいい。。。


でも、ギリシャが無理なら、小豆島がいい(笑)



小豆島って、、、

ギリシャのようにのんびりしているのに、、、

どこか、千葉と同じ匂いがするのです。


千葉の房総とか、あとは、印旛沼周辺の香りが。。。


小豆島をドライブしていると、、、

家族そろって、「ここ、千葉?」とか、

「どこかで見た景色だよね」とか。。。(笑)




オリーブ公園にはいろんな種類のハーブの苗が

たくさん置いてあって。


すごくテンションがあがりました。


我が家にあるアロマティカスたちは、

最初は箱入り娘のようにお上品でしたが、

毎日話しかけているうちに、すくすく育ち、

株分けしたらグングン伸びて、今ではワサワサと、

だいぶたくましくなりましたが。


やっぱり、小豆島のアロマティカスたちのほうが、

どこかワイルドでした。


そのハーブ屋さんにあったレモンバーベナが、

「私を連れて行って」とアピールしているように感じたのですが、

今回は、いろいろと連れて帰ってくることは難しく。。。


涙を呑んで、ぐっと我慢しましたが。

でも、アロマティカスのパートナーにしてあげる子が、

これで決まったかな。



そのハーブ屋さんの隣には、

実写版『魔女の宅急便』で使われたお家?もありました。


私、この映画のこと、全然知りませんでした^^;



公園の駐車場の脇には、

ちょこんとエキナセアが咲いていました。






オリーブ色のポスト。






オリーブの木は、、、

やっぱりどこか、異国的。。。


四葉のクローバーのように、、、

オリーブの、ハート型の葉っぱを見つけると、

幸せになれるのだそうです。



IRIDESCENCE

千葉県松戸市で小さなヒーリングサロンを開いております

0コメント

  • 1000 / 1000