アトランティスって。

Art by Gilbert Williams




アトランティスに関する個人的なお話が、

私には山ほどあって。。。


アトランティスに興味を持つ知り合いに、

今度そのお話をシェアしますね。。。と言ってはみたものの、、、

未だに何も書けずにいました。。。



今も本当は、、、何をどう書けばいいのか分からない。。。



最近、夫の会社の仕事のほうであれこれ忙しく、、、

自分のエネルギーが、かなり現実モードになっていることに

気づいていました。


こういった時は不思議と、ヒーリング関係の依頼が減ります。


面白いな。。。と思います。



けれども、あるキッカケがあり、、、

自分のエネルギーを、もう少し天界モードに切り替える必要性を、

この頃少し、感じ始めています。


そういう時期なのかな。。。




アトランティスらしき世界では、、、

私は、「ラーナ」という女性だったようです。


・・・とは言っても、その名前は、私自身で知ったわけではないし、

確実にそうだったのだと。。。


そう言い切れるわけでもありません。



ただ、、、

自分が見たその前世的なヴィジョンと、どこまでもどこまでも

同じヴィジョンを見ていた人に、これまでたくさん出会って、、、

その中のひとりの人が、その女性の名前を知っていて。


それがラーナで、、、

もしかしたら、私が見た前世らしきヴィジョンの中にいた、

自分だろうと思われるその女性が、、、

その人の見たラーナだったのではないか。。。と。


そういう話です。。。


こういう話、、、自分でもどこまでが本当で、、、

どこまでが想像なのか。。。


未だに区別がつかないのです。



でも、、、いろいろと不思議なシンクロが、、、

現代というこの時間に、

現実に存在する人との間でたくさん起こった。。。


ということだけは、正真正銘の事実です。



お互いの意識がそこで、混ざり合ったのかもしれませんが、、、

でもそういった現象は、人間という現実からしてみれば、

これはもう、、、ドラマティックとしか言いようがなく。


やはりそこには、意味があり。。。

なにかの縁があるからなのだろうと。。。


そうとしか思えず。。。



ラーナは、その人の見たヴィジョンによると、

巫女であり、医者であったようです。


医者といっても多分それは、今でいうところの、

「ヒーラー」なのかもしれませんが。。。



ゼニスを教えてくれた先生からは、、、

初対面の時に、、、


あなたはアトランティス時代にヒーラーをやっていた。

その前の時代も。


そして、その時にゼニスを使っていた。

けれどもその時代に、とても傷つく経験をして、

もう二度とヒーラーなどやらないと誓ったようだ。


その時の封印を、今回の人生で解くことになっている。。。


・・・と、そんなことを言われて、、、

ちょっと、ゾッとしました。


と同時に、自分でもびっくりしたのですけれども、

涙が溢れてきました。。。自然と。。。



なぜなら、、、

もしかしたら自分がそのラーナだったかもしれない、

あのヴィジョンの中で、、、


私はとても悲しくて、傷つくような経験をしていたから。



ゼニスを習いたくてその先生のところに足を運んだのに、、、

アトランティスのアの字も言ってなかったのに、、、


結局そこでもそんな話が出てきた時は、、、

思わず苦笑いでした。。。


私はいつも、、、どこまで行っても、、、

ここなんだね。。。と。。。



自分の妄想かもしれないこの物語を、、、

私はこれまでも、何度も何度も手放そうとしてきましたが、

いくら手放しても、いつも必ず戻ってくるから。。。


あぁ、、、またそこなのか。。。と。


この前、ハンコックさんに関わる流れがあった時もやっぱり、、、

はぁ。。。と、ため息交じりの苦笑いが出ました。



あの先生が、本当に私の前世を見ていたのか、、、

それとも、私の思念を見ていたのか、、、


それは分からないけれども、でもどっちにしても、

私の中の奥深くに、

こういったヴィジョンを抱えているのは確かで。。。


それを言いあてた先生はすごいと思うし、、、

そして、私はなぜ、それをそんなに大事に

抱えているのだろうかと。。。



そこをもっと、自分自身でハッキリと納得できる形で、

知りたいという。。。


そういう欲求が、いつもどこかで自分に付きまとう。。。



それは、私個人に関わるものなのか、、、

それとも、人類全体に関わるものなのか。。。


このヴィジョンはこれまでに、

それはそれは、多くの人たちとシンクロしたし。。。


ハンコックさんにしても、たとえばエドガー・ケイシ―とか

プラトンとか。。。


どうしてそこまで多くの人が、、、

そんなにアトランティスにこだわるのか。。。とか。



もうこれに関しては、延々考えても結論は出ないし、、、

きっと死ぬまで、結論は出ないだろうなと。


そうは思ってみても、こうやって定期的に、、、

そこにフォーカスさせられる時期がやってくるのは、

嬉しいような、めんどくさいような。。。


不思議な感覚です。



私が今回の人生で、初めてアトランティスを

意識させられたのは、、、中学生の時でした。


小学生くらいの頃から、古代遺跡に興味があって。。。

そういった番組は欠かさず見ていたのですけれども。。。


ある時、サントリーニ島についてやっていた番組の中で、、、

プラトンのアトランティス伝説のことを知り。。。


その当時は、サントリーニ島が、あの伝説のアトランティスなのではないか。。。

・・・という、そういう新説が出たばかりの頃だったと思います。


アトランティス文明は、実はミノア文明のことだったのでは?という。。。

そういうお話が。



その番組はシリーズもので、、、

古代エジプトとか色々やっていたにも関わらず、、、

サントリーニ島の放送だけは、やたら印象に残って忘れられず。。。


二十歳過ぎて結婚した後、、、

たまたま見たその番組の再放送が、偶然サントリーニ島の放送で。


その時に撮ったビデオテープは、未だに家にあったりします。。。



あの番組の影響で私は、、、

昔からずっと、ギリシャのほうに行きたくて行きたくて。


新婚旅行は絶対にギリシャ!と決めていたのに、

なぜか違うところに行ってしまい、、、

また、それはいまだに実現できていないのですが、、、


いつかはゆっくり、時間をかけてエーゲ海を巡りたいです。


だから、英会話の先生の老後の予定の話はうらやましすぎて。。。

ホント、ついて行きたいくらいなのです(笑)



もちろん、アトランティスがサントリーニ島だとは

思ってはいないのですが。。。


でも、ヴィジョンの中のアトランティスの人々は、、、

古代ギリシャ人みたいな服装をしていたから。。。


イメージは、かぶるのです。。。



こういうイメージって本当に、、、

一体何なのでしょうね。。。


それは、ジェネティック・マインドに

刻まれたものだとは思うのだけど。。。


その刻まれる原因となった出来事は、、、

本当にこの地上で起こったことなのか。。。


それとも、人々の空想によるものなのか。


ハンコックさんが言うように、、、

隕石の落下によって起こった洪水に、、、

流されてしまった古代の発達した文明が、

本当にそこにあったのか。。。



あぁ、、、

いろんなこと、もっとハッキリ解りたい。。。


いつも、もどかしい。。。


ロマンを追い続けるのには、、、

結構、エネルギーがいるのですよね。

IRIDESCENCE

千葉県松戸市で小さなヒーリングサロンを開いております

0コメント

  • 1000 / 1000