エンターテイメント

Design WingMakers. Poem by Vima Lamura



アトランティスのことを色々書いたりはしていましたが、、、

自分の過去生なのでは?と思うようなヴィジョンは、、、

この他にも、瞑想中などによく見ました。


でも思うのは、、、

「記憶」というものは、何も過去生のことに限らず、

今生きているこの人生の記憶でさえも、本当はどこまでもあやふやで。。。


自分が「事実」だと思っていた想い出でさえも、、、

実際にその通りであったのかどうかさえ、かなり怪しいものです。


ですから私は、過去生のヴィジョンとして見たものを、、、

隅から隅までそのまんま鵜呑みで信じているわけではなく、

そこから漂ってくる「匂い」だけを、感じとるようにしています。



今ここにいる自分、、、というものはおそらく、

何度も繰り返したであろうこれまでの転生の、、、

その総決算としての自分であり、

今の自分が、今の自分の人格を自己分析したりとか、

瞑想中に浮かんできた「イメージ」を検証したりすれば、

これまで経験してきたであろう自分の過去生を、

ある程度、「想像すること」は出来るだろうと。。。



まぁ、、、

ダスカロスのように、自分の過去の記憶をあそこまでクリアに覚えていて、

その当時使っていた言語を、今生でも話せたり書けたりとか。

そこまでいけば、私もそれは信じますけど。。。


でも一般的な人の場合は、、、

私にとってはそれは、あくまでも「想像」の域は越えず。。。


そこには、「事実」と一緒に、「そうなりたかった自分」というものも、

少なからず、混じっているような気がしなくもなく。。。



ただ、過去生を知ることの意味はと言えば、、、

その人生で体現していた自分の良い部分を今の人生にも反映させ、

そこで犯した過ちを反省し、そこで培ったトラウマを浄化し。。。


それだけのために、過去生の記憶らしきものは存在し。。。

それは決して、過去の自分にしがみつくためのものではなく。。。



占星術の先生も言ってましたが、、、

占星術を使って、過去生を知ることは出来るけれども、、、

でも、わざわざ過去生を持ち出さなくても、ホロスコープを使えば、

今現在起きている問題に対処していくことができる。。。と。。。


本当に大切なのは、、、

今という自分を、、、今という時を、

今の私として、精一杯生きることなのだから。。。


だから本当に、、、あやふやな過去の記憶というものは。。。

時には薬にもなるけれども、時には毒にもなる、、、


エンターテイメントのようなもの。。。



ウイングメーカーも、私にとっては実は、、、

「エンターテイメント」です。


あれは、ジェームズの創った舞台。

私達が演じるための、舞台。


私は、そう思っています。


英会話の先生は、それをこう言います。


「ジェームズの哲学」


・・・と。



だから、、、、

ジェームズの話していることすべてを、「完全なる真実」として、

鵜呑みにしているわけではありません。


すべてを、そこに書かれてある言葉通りには、、、

額面通りには受け取ってない。。。


だから、彼の話している詳細にはいちいちこだわっていない。

ただただ、、、そこから流れてくるエネルギーが心地よいから、、、

ジェームズの舞台で踊りたいだけ。。。



昔、WMの本が日本で出たての頃、、、

クリス・ロックさんが大阪でWMのワークショップを行いました。


でも、、、日本ではまだ時が早すぎたのか、、、

彼がふと、WMが神話であるという、その部分に触れた途端、

一瞬にして、会場内の空気が変わったのを感じました。


私はその場にはいなかったけど。。。

あとで聞かせてもらったその音声を聞いただけで、、、

会場のその場の様子が、手に取るように解った。。。


あれをそのまんま真実であると信じていた人にとっては、、、

そうではなかったということは、大きなショックになる。。。


でもそれは、、、

私達WMファンの誰もが、一度は通過する、、、

重要な通過点。



ジェームズの哲学、ジェームズの舞台には、、、

様々な要素が組み込まれていて。。。


あらゆる哲学、芸術、科学、そして陰謀論とか。


そういった情報をあれこれひっくるめて、

現代人の感性に合うような形で、

エンターテイメント化されている。


そういうイメージです。



だから、あれをすべて言葉通り、額面通りに捉えたとしてもきっと、、、

混乱してしまうだろうと思います。


詳細にこだわればこだわるほど。。。



詳細を分析したいのであれば、西洋の伝統的神秘哲学を学んだ方が、

話は早い。。。


あとは、遺伝学とか、量子物理学、心理学、神話学。

ヒンドゥー哲学にチベット仏教に、ネイティヴ・アメリカンの哲学。


その他いろいろ。。。


そうすれば自ずと、ウイングメーカーの世界がよりクリアに

見えてきたりもしますが。。。


でも、、、その勉強は、、、延々キリがなくなる。



私のように、「裏付け」が欲しい人はそれでもいいかもしれないけど、

そういうのがめんどくさい場合は、

ウイングメーカーをひとつの「エンターテイメント」として捉え、

分析というよりも、ただただその世界を楽しんでいるだけできっと、、、


上で挙げたような分野の勉強をするのと同じくらいの、、、

そんな効果がありそうな気がしたりもします。



ただ、そうしているだけで多分、、、

自分の人生の中で勝手に、「おぉ~~~」と思うような、

そんなシンクロが次々起こって、「それ」を教えてくれますから。



今は、、、うお座海王星時代。。。


うお座には、「境界線」がない。。。


そして海王星という惑星のエネルギーは、まるで熱に浮かされた時に観る

摩訶不思議で意味不明な夢のような、、、


酔っぱらってフワフワとしている時の、

そんな意識のエネルギーに似ていて。


そんな海王星は、うお座が本来のお家。。。

惑星は、自分のお家にいるときは、パワーアップします。


境界線のない中、どこまでもボワーッと広がっていくエネルギーは、

マインドを飽和させ、、、


集中して本を読んだりとか、詳細を分析したりとか。

そういった、細かいことをやりにくくさせる。。。



ウイングメーカーが世に出た頃と今とでは、、、

そうやってもう、エネルギーが変わってきています。。。


天体は常に動いていて、、、

昔と今とでは、その配置が違うのですから、、、

地上に降り注いでくるエネルギーが変わるのも必然。。。



そんなことも踏まえて、、、

私自身も、この先、どうやってWMと向き合っていこうかなと。

そんなことを、チラホラ考えたりもしていますが。。。


でも本当は、、、考えても、どうせいつも頭が真っ白になるので、、、

結局は、、、最後は流れにお任せになるのですけれども(笑)


IRIDESCENCE

千葉県松戸市で小さなヒーリングサロンを開いております

0コメント

  • 1000 / 1000