沈思黙考

©WingMakers LLC




ウイングメーカーのスタディ・グループの時に出たポイントを、

ここで改めて追っておこうかと思います。



IRIDESCENCEサイトに、ウイングメーカー・サイトのイントロダクションの

部分を翻訳したものを載せたページがあります。



ウイングメーカー



このページの中にある、「ウイングメーカーの歴史」というセクションの中に、

ジェームズの言葉の抜粋があります。



 全員が自分自身に、最終的にはこう言わなければなりません。「私は知らない。けれども、その可能性について熟考するつもりだ。」と。それは、私たちがワンネスへの道だと感じる瞑想(熟考、沈思黙考)の中にあるのです。また同様に、私たちが分離とエゴ・アイデンティティへと後退する瞑想の欠如の中にあるのです。



「私たちがワンネスへの道だと感じる瞑想(熟考・沈思黙考)」とありますが、

ここで使われている「瞑想」とは、「meditation」のことではありません。


英文では、「contemplation」という言葉が使われています。


この言葉、「瞑想」という意味よりも、どちらかというと「沈思黙考」とか

「熟考」という意味合いのほうが強いのかもしれませんが、、、

私はあえて、「瞑想」という言葉を使いました。



東洋的な瞑想は、マインドをストップさせることを目的としたもの、、、

「空」を目指すようなものが多いのですが、西洋的な瞑想というのは、

何かひとつテーマを決めて、ひたすらそれについて考え続ける。。。

というようなものが多かったりします。


何か一点に集中し続けていると、ふと自分のソウルの部分から、

様々なメッセージやインスピレーションを受け取ることがあり、

それは自分にとって、とても深遠で、有益になる答えだったりすることが

よくあります。


でも、それだけではなく、、、

こういったタイプの瞑想でも、時に、

神を見ることがあったりもするようです。



あるカバラのラビは、、、

ひたすら数字を数えていたら神を見てしまったそうです。


これだけ聞くと、なんのこっちゃ?という感じですが、、、

私はそれが、、、どういうことなのか、なんとなく解るような気がします。


私も、タイムトラベルの本を読んでいて、それを無理矢理マインドで

理解しようとしたら、思考停止したからです。



それと同じように、、、禅問答にも、そういった仕掛けがほどこされているようで、、、

頭では到底理解不能のような質問に対する答えを、ひたすら思考を使って

探し続けていると、限界を突破した時、思考はショートして、停止する。。。


その瞬間、神を見る。。。


禅問答の本来の目的は、神を見るということではないのかもしれませんが、、、

そのような、偶然によるおまけ的に、神を見てしまうような仕掛けも、、、

どうやら、その中には込められているのだとか。


そのようなことを踏まえたうえで、、、

私はここで、「瞑想」という言葉を選んだのでした。



私たちがワンネスへの道だと感じる瞑想(熟考、沈思黙考)の中にあるのです。また同様に、私たちが分離とエゴ・アイデンティティへと後退する瞑想の欠如の中にあるのです。



・・・とありますが、これは、、、


悟りを目指してひたすら努力している人でも、、、

ハートの美徳を日々頑張って実践している人でも、、、

何も考えずに、ただただ外側の世界に反応だけしながら生きている人でも、、、


それらすべては、「ファースト・ソースのひとつの表現である」という

意味においては、どれもまったく等しいものである。。。ということです。



私は、これまでの日記で書いていたように、今流行のスピの在り方は、

ハッキリ言って嫌いですけれども、、、

それは、「夢の登場人物としてのわたし」としての感覚であり。


もっともっと深い部分では、「みんなおなじ」ということは、

重々、解っています。



そういうことが解ったうえで、

嫌いなものは嫌いなだけであって、それ以上でもそれ以下でもなく。。。

ただ、それだけのことです。


そして、嫌いなものを無理矢理好きになることはしません。


そして同時に、、、深い深いところでは、、、

どんなものでも、愛しているのです。。。



私達はそうやって、「多次元的」に生きています。


言葉を換えれば、、、私たちは人間である限り、どんな人でも自分の中に、

そういったパラドックス、、、矛盾を抱えている。ということです。


嫌いだと思っている自分は、単なる「夢の中の登場人物」に過ぎず、、、

それが自分のすべてではありません。


ファースト・ソースとしての自分、、、

ソウルとしての自分の意識をすっかり忘れ、夢の登場人物としての自分、、、

つまり、自我とかマインドと呼ばれる自分になりきりすぎてしまうと、

あれこれ、悩んでしまうんですね。。。


かと言って、「夢の登場人物としての自分」というものは、、、

ファースト・ソースにとっては、宝物のように大切なものでもありますから、、、

それをわざわざ、手放してしまう必要もなく。。。


自分の中にある多次元性をよく理解して。。。

自分の中にあるこういった「矛盾」と、上手に折り合いを

つけていけるようになれば、、、人生本当に、ラク~~~になりますよ。



「平等性」とか「等価性」、、、というものを、

「夢の登場人物」が「本当に」理解することは、、、

おそらく、とても難しいことだろうと思います。


「愛」がこれまで、もっとも誤解されやすいものであったように、、、

次元が違うものを、イエソド(自我)レベルのままで理解しようとすれば、

そこに誤解が生じるのも当然です。


誤解、、、というよりは、様々な解釈の違い。。。

と言った方が、いいのかもしれません。。。


人はその言葉の中に、、、自分自身を投影して解釈する。。。

今の自分のレベルでそれを解釈する。


ですので、

ほとんどの賢者は、天上レベルで語っているのに、、、

あとに続く人が、それを地上レベルで解釈してしまったために、

本来の意味が歪められて、後世に伝えられてしまった。。。


・・・ということは、歴史の中でもよくあったことでしたね。。。



ジェームズは、「誰もが、私は知らないと言わなければならない」

と言っていますが、、、

知らないのは、「夢の登場人物」としての「私」のことです。


その私は、最後の最後まで、すべてを知ることは出来ないでしょう。。。


ですから、「解ったつもり」になった時点で、、、

すべてがそこで止まってしまうでしょう。。。


ですから私は、、、

「夢の登場人物としての私」は、上を目指して日々精進なのだ。と。


そう思っています。



けれども、、、

私達の中には、「すべてを知っている私」というも、

同時に存在しているのです。。。


ハートを通して語りかけてくるその声は、、、

その「すべてを知っている私」からの囁きです。。。


そして、、、その私は常に、、、あるがままです。。。

ただひたすらに、、、「観察者」です。。。



最後まですべてを知ることが出来ない「私」は、、、

どこまでも謙虚に、、、ひたすら謙虚に日々精進。。。


よく考えること。。。

熟考、沈思黙考、瞑想すること。。。

そして、、、内省、自己分析すること。



・・・と同時に、、、

自分の内側深いところには、、、

パワフルで、何でも解っている自分がいるのだということも、

常に覚えていること。。。



私の中には、、、たくさんの私がいるのです。。。


ファースト・ソースとしての私。。。

ソウルとしての私。。。

マインドとしての私。。。



マインドとしての私にとって、、、

考えることはお仕事ですから。


そのお仕事を手放してしまうなんて、ありえない。


ただ、余計なことを考えて悩んだり苦しんだりしてしまわないように、、、

「正しい考え方」というものを、身につけることですね。


私は、そう思っています。



今のこの地上で私たちがやることは、、、

私達が今ここにいる目的とは、、、


自我と真我を一致させること。。。


マインドは謙虚に日々精進しながら、少しづつ少しづつ、

ソウルの意識へと近づいていく。。。


それが、サヴァリン・インテグラルの体現ですから。



私がここで書いたことは、、、

ジェームズももちろん、重々承知でしょう。。。


ここで挙げた抜粋だけではなく、全体を通して広く眺めてみれば、、、

彼もそう言っていることが、おそらく解るでしょう。。。



でも、、、

賢者の言うことには常に、、、矛盾というものはつきものなんですね。。。


ですから、どの視点から物を言っているのか、、、

どの次元の「私」のことを言っているのか、、、


そういうことが見極められるようになることって、

とても大事だと思っています。

IRIDESCENCE

千葉県松戸市で小さなヒーリングサロンを開いております

0コメント

  • 1000 / 1000