夢の国で気分転換



ディズニーリゾートで、気分転換してきました。



ここに来るときは、いつも娘と一緒。。。

・・・というか、最近は旅は、、、

いつも娘と一緒。。。



ディズニーは、子供の頃は大好きでしたが、、、

でも今は、もし娘がいなかったら私はきっと、

こういうところに来ることもなかっただろうな。。。と。



昔はここに来ると、いつも友達と大はしゃぎして。。。

パーク内を走り回っても、全然疲れなくて(笑)


楽しかったなぁ。。。と。


懐かしくなる。。。




今回は、なぜか「異邦人感」をものすごく感じました。。。

周りがみんな、子供ばっかり。。。と。。。


どこを見回しても、子供しかいない。。。と。

ちょっと、複雑な気持ちになりました。



それだけじゃなくて、、、

アトラクションの列に並んでいるときに、周りから聴こえてくる

おしゃべりの内容を聞いていたら、、、


いろんな意味で、「異世界」に来ているような感覚にもなりました。




そして、、、

ちょっと前までは、自分もまだ、なんとなくどこかで、

そこの一部のような感覚があったのだけど、、、

今回はもう、完全にそことは別物になってる自分を感じたりもしました。



子供たちがそれだけ成長したからなのか。。。

それとも。。。




ベリーダンスをやめたときに、自分の中にあった何かが、

完全に消え去り。。。

なんだかあそこで、自分は何かが変わったなぁ。。。という

そんな感覚がありました。。。


ちょっとうまく言えませんが。。。



いろんなことに対する執着心が、消えてしまった。。。みたいな。



何かを手に入れたいとか。。。

何かを達成したいとか。。。

もっとこういう自分になりたいとか。。。


そういうことに対する熱はすっかり消えてしまって。


今ある熱というのはただひとつ。。。


宇宙にあるいろんな謎の答えを知りたい。。。


そんなことだけ。。。



これって、、、

年齢を重ねると、誰でも感じる感覚なのでしょうか。。。



孫がいたらどうなのかなぁ。。。なんてことを想像したりとか。

死ぬ前に、子供たちに何を残していこうかなとか。


最近、そんなことを考えていることも多くなりました。



自分自身がどうしてもやりたいこと。

なんとか達成したいと思うこと。


そういうことがもう、ほとんどなくなってしまった今は。。。


あとはもう、、、

「死ぬ準備」くらいしかすることないよな。。。みたいな。




私がこういえば多分、ほとんどの人が、、、


「その歳で何言ってるの~」


・・・と笑うだろうけど。。。


でもこれは、、、心底本音の、、、

今、実感として感じていることだったりしますし、たぶん、、、

そういう準備って、何十年もかけてやるものなのだと。。。


そんな気がします。。。





一日目、ランドでのんびり遊んで、、、

今回は、シーにあるホテル、ミラコスタに泊まりました。


造りはほとんど、ランドホテルと同じでしたが、

ミラコスタのほうが少しシック。。。落ち着いてる。



私は、ランドホテルのほうが好きかな。

やるなら、どこまでも徹底してやってほしい。。。みたいな(笑)


だから、、、完全に夢の国の、ランドホテルのほうが好みかも。



こうやって、現実逃避するときは、、、どこまでも。。。






絶叫系、、、私は全然大丈夫なのです。昔から。


たまには刺激を味わいたい。。。と、そんな期待をしながら乗っても、

いつもどこかで肩透かし、、、というか。


恐い~~~~ってならないのが、ちょっと寂しい。。。



逆に、、、

例えば、小さな男の子たちががすごい勢いでブランコとか乗っているのを見ると、

「ぶつかりそう~~~」って思って、怖くて仕方ないのですけどね。。。



そういう場面の時って、いつも必ず第1チャクラに違和感を感じるので、

生存本能に関わることを刺激されているのだろうな。。。と思います。


ジェットコースター系では、そういう危機感を、なぜか私は感じないようで、、、

むしろ、あのフワッとした一瞬の無重力感を楽しみたい。。。みたいな。



それなのに、、、

今回、そういうフワッと感を全然感じなくなっていたので、、、

それがちょっと、びっくりでした。


「タワー・オブ・テラー」という、ディズニー・シーにあるアトラクション。

高い塔の上から下に落ちていく、フリー・フォールみたいなものなのですが、

それがこの季節、怖さ増量中ということで、

普段よりもたくさん落下していたにも関わらず、、、

全然怖くなかった。。。


少しはフワッとなったけど、普通にエレベーターに

乗ってるくらいにしか感じなかった。。。



娘は、足が完全に浮いて、お尻まで少し浮いてたけど????って

言ってましたけど、、、私はその、浮遊感、全然感じられなくて。。。


こうなったらもう、、、

宇宙飛行士になって宇宙にでもいかないと、あのフワフワ感は

感じられないのかしら。。。と。


娘には、「ママは普段からいつも無重力なんじゃないの?」と、、、

そんなつっこみを入れられましたが、、、

もしそうだったら、宙に浮ける日は近かったりするのかなぁ?(笑)



・・・と、娘と、そんなバカ話で笑っていられるこの瞬間、、、

幸せです。。。





美味しいものを食べて、共に笑って、たくさん歩いて、グッタリ疲れて。。。

そして、綺麗なショーとかイルミネーションとか。


今は、景気の良い中国の人たちが日本中どこにもたくさんいますけど、、、

なんだか、ひと昔前の日本人たちのようで。。。


やっぱりみんな、、、同じような道のりをたどっていくのですね。



何にしても、、、

色んな人が自然と笑顔になってしまうディズニーの世界って、

やっぱり、なんだかんだ言ってすごいんだな。と。



IRIDESCENCE

千葉県松戸市で小さなヒーリングサロンを開いております

0コメント

  • 1000 / 1000