ラスコー展




やっと時間が作れたので、、、

上野で開催されているラスコー展に行ってきました。



洞窟壁画、大好き。

家族からは、洞窟オタクだと怖がられていますが(笑)


こういうのを見ていると、ゾワゾワしてきます。



そして、よく解らないけど、ネアンデルタール人に心惹かれていて。。。

気づけばいつも、なぜかクロマニョン人よりネアンデルタール人に

肩入れしている自分がいることが、自分でも不思議で。



こうした洞窟壁画は、一般的にはクロマニョン人によって

描かれたものだとされていますけれども。。。


どうしてだか、、、あれは絶対にネアンデルタール人が描いたの!!と。

勝手にそう思ってたりもします。なんの根拠もなく。


それくらい、、、なぜかネアンデルタール人びいきなのです。。。

ホント、、、なぜなのでしょうねぇ。。。



旧石器時代のことを考えると、何とも言えない、

不思議な気持ちが胸にわいてきます。


何百万年という、、、

想像もできないくらいの長い長い時を経て、、、

私たちは、今ここにいるんだなぁ。。。みたいな。。。




壁画のレプリカや復元されたクロマニョン人像は、

写真撮影OKでした。






バイソンと、謎の鳥人間。


ここに描かれている「鳥人間」が一体何なのか。。。

今でも、ハッキリ解明されていないのだそうです。



例のハンコックさんは、『異次元の刻印』という本の中で、

洞窟の中に描かれているものは、

石器時代の人たちが、たまたま食べた幻覚植物などによって

観たヴィジョンの世界で、、、

そして、そういうものを観たことが、シャーマニズム、、、

宗教の起源に関わる。。。なんて話をしていましたが。



そういう説を最初に打ち出したのは、

たぶん、ハンコックさんではなく、

この人なのではないのかな。






以前、夢中になって読んだ本。

宗教や芸術の起源について、あれこれ考察されていて、

とても面白かった。




いろんなものの、起源を探るのが好きです。



これまでのすべての「結果」として「今」があるのなら、、、

その「原因」となったものは、なんだったのだろう?と。。。



でもそれをさかのぼっていくと、、、

果てしないことになる。。。



人類の「知性」の歴史はおそらく、、、

シュメールや古代エジプトあたりから。。。


でも、人類そのものの歴史はもっともっと古い。


更には生命の歴史。。。


地球の歴史。。。


そして、宇宙の歴史へと。。。



そうしているうちに結局いつも、

ビッグ・バンまでさかのぼっていってしまう。。。



ビッグ・バン以前と、、、

すべての消滅後の世界のことだけは、、、

もう解っているのだけど。。。



永遠不滅ではない世界、、、

時を刻む、始まりと終わりのある世界のことを、、、

もっと、あれこれ知りたいと。


いつも思っています。




IRIDESCENCE

千葉県松戸市で小さなヒーリングサロンを開いております

0コメント

  • 1000 / 1000