ライトランゲージ講座ありがとうございました




今日はとても、暖かい日です。。。


2月は2回、ライトランゲージの講座を持つ機会をいただきましたが、

両日ともとてもよくエネルギーが流れ、いらっしゃってくださった方々とともに、

私も充実した素敵な時間を過ごさせていただくことができました。


ありがとうございました。



ライトランゲージは、この日本では「宇宙語」と呼ばれることが

多いようですが、個人的には「光の言語」と呼ぶのが好きです。


ライトランゲージの扱い方を教えてくれたジェイミーに出会うまでは、

私はそれを「ランゲージ・オブ・ライト」と呼んでいました。


なぜなら、ウイングメーカーではもうずっと昔から、

この光の言語については言及されていて、ジェームズがそれを、

ランゲージ・オブ・ライトと呼んでいたからです。


時にそれは、キラキラと光り輝く、動くシンボルで

表現されることもありましたので、私はなんとなく、

それはエネルギーのメタファーであるように感じ、

「プラーナ」と連動させてイメージしたりしていたものです。



ちなみに、ゼニスオメガというヒーリング・ツールも、

「光の言語」だと言われています。



ですから私の中ではそれは、「言語」であるというよりかは、

「エネルギー」であるというイメージが昔から強く、

ゆえに「宇宙語」と呼んでしまうのは、

どこかに微妙に、違和感があったりもしました。。。



でも、、、

こういった「呼び名」もまた、、、人それぞれ。。。


それを何と呼ぼうが、人の言葉でそう呼んだ時点で、

そこには多少の制限がかかる。。。


そんな、人間の世界の「限界」を完全にとっぱらってしまった領域。。。


そんな領域に触れるライトランゲージの世界は本当に、、、

一般的な言葉では説明しきれないものです。。。




ウイングメーカーで、ランゲージ・オブ・ライトのことを知ったとき、

こういった世界のことについて、あれこれ探ってみたことがありました。


すると、世の中には昔から、、、

こういったものを取り扱ってきた人たちが、

チラホラいたのだということを知りました。


けれども、当時の私は、そういったものは何か

特別な能力、特別な使命を持った人のみが扱えるものなのだろうと

思っていましたし、同時に、あまりに摩訶不思議すぎて、

なんだか、どこかでドン引きしている自分がいたりもしました。


それは自分には、、、縁のないものだろうと思っていたのです。



時が経ち、いろいろと不思議な流れが起こり、

ジェイミーと出会ってから、、、

ランゲージ・オブ・ライトは、誰にでも使えるものであり、

そして今という時代は、ある一部の人だけではなく、

もっと広く、多くの人達がこういったものに触れてもいい、、、

扱ってもいいという、そんな時代になっているのだな。。。


・・・ということを、実感いたしました。



私は、ライトランゲージを使ったセッションも行ってはいますが、

セッションのお申し込みをくださった方にはいつも、

講座もありますが、どちらがいいですか?と、

声かけをしていたりします。


なぜなら、、、

これは本当に、そのコツさえマスターしてしまえば、

どんな人でも例外なく扱えるものであり、、、

これからはもう、誰かに癒してもらうのではなく、

自分で自分のことを癒せる時代だと、私はそう感じているからです。


ライトランゲージや、そしてゼニスのような、、、

そんなツールが今はたくさん、この世界に存在していること自体が、、、

それを物語っているように思えます。。。



・・・とはいっても、この世界で生きていればおそらく、、、

時には傷ついたり、疲れたりしてしまうこともあるでしょう。。。


そういった時は、何かを学ぼうとする気力さえも

持てないこともあるでしょう。。。


そんな時は、心も身体もゆっくり休めるのが一番ですし、

そういった方々のために、ライトランゲージもゼニスも、

ヒーリングのセッションをご用意してはいます。。。



でも、元気になったらそこで満足してしまうことなく、、、

ぜひぜひその先に、もう一歩進んでもらいたいなぁ。。。

・・・というのが、おせっかいながら、私の願いだったりもします。




最近、ある流れがあって、宇宙の成り立ちや生命の成り立ちなど、、、

そういったことに関するちょっとした波、、、マイブームがやってきていて。。。


昨日も、CERNでヒッグス粒子が発見された時のドキュメンタリー映画、

『パーティクル・フィーバー』を見ながら、ワクワクが止まらなかった。。。



自分の経験による「実感」、、、

その実感から生まれる「想像」、、、

その想像から生まれる「仮説」、、、

その仮説から生み出される「理論」、、、


自分自身の立てた理論さえ、そのまんま鵜呑みにせず、

思い込みで暴走したくなる気持ちをグッと抑える、

科学者たちの冷静さが好きです。。



現実的にその「証拠」を見つけるために、

延々、検証実験を続ける科学者たち。。。


そしてその実在を発見した時の、

彼らの本当に嬉しそうな顔。。。



あぁ私って、、、

こういう人たちの在り方に、ものすごくものすごく、、、

共感するんだ。。。と。


そんなことを、しみじみ実感してしまった昨日でした。。。



ライトランゲージやゼニスも、、、

いつかこうやって科学的に完全に実証されて、

誰が聞いても納得できるような形で、

ちゃんと説明できる日がくるといいなぁ。。。と。。。



昨日の夜は、、、講座の時に流れたエネルギーの余韻に浸りながら、、、

ワイン片手に、そんな番組を見て至福を感じていました。。。

IRIDESCENCE

千葉県松戸市で小さなヒーリングサロンを開いております

0コメント

  • 1000 / 1000