動物意識



自分の生命の樹には何が入るのか。。。

やっとそれが見えてきたような気がしたので、

自分自身の一区切りとして、、、


・・・というか、これまでの整理のために、

こうしてブログにまとめておきたい。。。


そう思ったのですが、、、

なかなかすんなり先に進ませてもらえない。。。



でもなぜかどこかで、、、


ここは、じっくり進みなさい。。。

大事なところだから。。。


・・・と、誰かにそう言われているような気がしてしまいます。




日々のあれこれが忙しいと、ついほかに気が散りがちになって、

一点に集中しずらくなりますね。


集中しないと、だんだん薄れていってしまうので、

そこはちょっと頑張って、意識的に留めています。



現代人って、大変だ。。。なんて、思います。

なんでこんなに複雑化しているのだろうと思う反面、

複雑化こそが、進化なのだろうとも思う。。。


だって生命は、、、最初は単細胞から始まったのですしね。



だからこそ、、、

複雑をちゃんと最後まで極めてから、シンプルに還りたい。。。




外からあれこれやってきて、そちらに気を取られそうになると、

こういうときそれこそ、修道院とかお寺にこもりたくなりますが(笑)

現代人として、今を生きる者として。

あえて私は、「両極の両立」を目指しているのだなぁ。。。と。

ホント最近、そんなことを意識させられる場面が多く。


ふたつのものを調和させる、ふたつのお皿のバランスを保つ。

そんなイメージの天秤座というものは、私のホロスコープの中で、

とても重要な位置にあったりするのですが。。。


今はその天秤座を、「発展・拡大」の星である木星が通過中ですので。

天秤座的キーワードに関することを、こうして意識させられるのもまた、、、

無理ないのだろうなぁ。。。と。。。





私のホッドに入るキーワードは、「ブログを書く」だと書きましたが、

その根底にあるものは、「伝える」です。


私のネッツァーに入るものは、「歌うこと・踊ること」でしたが、

それは「芸術的に表現すること」と言えるでしょう。

ですから多分ここには、「絵を描くこと」なんかも含まれるかも。


ティフェレットは、「自分のソウル」「自分のハイアーセルフ」でした。



生命の樹は、いろいろと「区切る」ことができるのですが、

例えばそれを、四つの世界に分けた時、、、

イエソドを囲み、マルクート、ネッツァー、ホッドで創られる

三角形の世界は、

「アッシャー界(物質と行動の世界)」でした。


その上には、「イエツラー(形成界)」と呼ばれる世界があります。


イエツラーは、ティフェレットを取り囲むようにして、

ネッツァーとホッド、そしてまだここでは触れていない、

ヘセッドとゲブラ―、その四つのセフィラで創られる四角形の場所です。



イエツラーについては、またあとで触れると思いますが、

ティフェレット、ネッツァー、ホッドで創られる三角形の部分は、、、

基本的にはイエツラー界に属しながらも、なんとなく、

アッシャー界の匂いもまだ、浸透している場所であります。


生命の樹は、、、実際は多次元的であるものを、

二次元に押し込めたもの。。。


シンボルなんかと同じですね。それは、象徴的表現。。。


ですのでエネルギーを、二次元的に説明するときはそうやって、

分割して表現せざるを得ないのですけれども、

実際は、そんなにクッキリハッキリ線引きできるものではなく。。。

その境目はまるで、モーフィングのよう。。。


AからBへ、、、

そのふたつが途中混ざり合いながら、

徐々に徐々に、、、気づいたら変化していた。。。


・・・みたいな感じです。



そうやって、アッシャーとイエツラーの二つの世界が

モーフィングしていくような場所、

ティフェレット、ネッツァー、ホッドで創られる三角形の場所は、

「動物意識」と呼ばれていたりします。



動物意識でできる経験、、、というか、

動物意識の目的は、「周りと競争すること」なのだそうです。


自分が世界の中心であり、、、

簡単に言ってしまえば、自分の思い通りにしたい意識ですよね。

よって、自分が一番になりたい意識も生まれる。


・・・ということはつまり、このあたりから人は、、、

「上を目指す」という意識もまた、芽生えてくるのだろうと思います。



きっと、このあたりでやっと、意識は「個」というものを

確実に意識し始めるのだろうと思います。


自分と他人は別の人、という分離の意識がしっかり確立されて、

個性を主張し始めるようになる。




先生は、「政治家の意識を思い浮かべてみると分かりやすい」と、

そう言ってましたが、、、


この意識状態には、ネッツァーやホッドのような

マルクートと繋がる、原始的というか、

本能的なセフィラも関わってくるので、

まだどこか、「無意識的」です。


生存本能や、種の保存のような、、、

少しサヴァイヴァル的な意識が関わってくるんです。


でも同時に、ティフェレットのエネルギーも関わってくるので、

「自分個人」だけでなく、「全体」というものも視野に入ってくるんですね。


社会全体のためには、世界全体のためには、

自分はどう行動したらいいのかな。。。みたいなことも考え始める。


だから、、、「政治家の意識」と言われると、

なるほどなぁ。。。とも思います。



動物意識の段階ではまだ、、、

本物の奉仕に身を捧げることは、なかなか難しいですね。


全体のためと思っているつもりでも、、、

それはまだ、どうしても「つもり」になってしまう。


実際は、自分にとっての利益になるようなことを、

つい視野に入れて考えてしまうような領域でもあるのだと思います。


そしてそこに気づかない。。。


だから、「つもり」




人は、生命の樹の法則に従って、まずは分離をちゃんと経験し、

「個」をしっかり確立させてあげること。


まずはそこだよなぁ。。。と。


個人的には、そんな風に感じていたりします。



なぜなら、、、

どんな人でもいつかは自然と、、、

時期が来れば奉仕的に生きるようになってしまうものだと。。。


そう信じているからです。

そういう風に、できているのだと。。。



だからその時が来るまでは無理ばかりしてないで、、、

もっと、正直に生きたほうがいい。。。


私は、、、そんな風に考える人です。




「動物意識」の下にある「植物意識」では、その最大の目的がコピー。。。

というか、種の保存でしたので、なるべく、、、というか、

ほとんど、リスクをかけないよう、かけないように生きていきます。


例えば、、、マスターが言ったとおりに、そのまんまに生きれば、

本人は、何も考えなくて済むので、楽ですよね。


でもそれだと、そのマスターのコピーしか生まれません。



でも、「動物意識」になってくると、人の言いなりにはなりません(笑)

たとえリスクをかけようとも、

「自分はこういう風にしたいんだ!!!」みたいな。

そんな衝動が生まれてくるようになります。


この意識同士が衝突すれば、争いとか悲しいことがたくさん生まれますが、

でももし、こういう意識段階がなかったとしたら、、、

ここにいる人たちは、全員「同じ人」になります。


そして多分、、、文明とかそういったものは、

何も進化はしなかったでしょうね。。。


もし自分が神様だったとしたら、、、

そしてもし、何かのシミュレーション・ゲームをやっているのだとしたら、、、


全部同じ人、同じことの繰り返し。

何も変わらない。


・・・こんなにたいくつなゲームはないでしょう。。。



ライバル心のようなもの。。。というか。


スポーツの世界なんかもそうですよね。。。

バレエをやっていた頃も、そういう意識は常に、、、

周囲にも、そして自分の中でもひしひしと感じていました。



もし、好きでバレエをやっていれば、誰だって

四羽の白鳥ではなくて、オデット姫を踊りたいはず。


そのためには、他の人よりも上手にならなければ。。。と思う。。。


コンクールに出て賞をとりたい。。。とか。。。


そして主役を勝ち取ったあとはきっと、、、

「もっと踊りを極めたい」になる。。。


上に行きたい。。。

もっと上を目指したい。


そういった気持ちが、厳しいレッスンを頑張る気持ちを支えて、、、

結果、技術が向上していくし、、、

それが結果、美しい舞台を創り、、、

観客の心に感動を与えることができる。。。


白鳥は、、、優雅に泳ぐその水面の下では、、、

必死で水をバタバタかいている。。。みたいな(笑)



よく知っているバレエの世界に喩えましたけれども、、、

どんな世界であっても、根本は似たようなものなのではないでしょうか。。。




人類全体をひとりの大きな人として考えてみれば、、、

私の個人的な意見としては、今、私たちの社会は、

この意識、、、「動物意識」の上で成り立っている社会のように見えます。


一部の人たちは、次の意識状態を経験しようとしていますが、

全体を見渡すとまだやっぱり、動物意識が主流な意識に感じます。


動物意識が悪いと言っているわけではありません。


ただなんとなく、、、

個人的にはもう、、、この意識状態はお腹いっぱいかなぁ。。。と。

もう、やるだけやったので十分です。。。みたいな(笑)



いずれ、、、人は、、、人の意識は、

個人的であろうが全体的であろうが、次の意識状態を経験するために、

生命の樹を登ろうとするのだろうと思います。



次の意識で経験できる世界が、この地球、、、

この物理的な世界であるのかどうかは、

最近、、、だんだん解らなくなってきました。。。


ジェームズは、、、グランド・ポータル後の世界はそうなると、、、

そう断言していたから。。。


それを信じたいなぁ。。。とは思っていますが。。。

IRIDESCENCE

千葉県松戸市で小さなヒーリングサロンを開いております

0コメント

  • 1000 / 1000