ダアート



ダアートは、セフィラと言えばセフィラなのですが、

他のセフィラとは、少し別物として考えられています。


それは、「見えないセフィラ」と呼ばれています。



伝統的にも、生命の樹の図の中でこの場所だけは、

いつも点線で描かれています。


ダアートは、「知識」と言われていますが、

それは、「神を知る体験」なのだと。。。


そういう風に伝えられてきたようです。



これまでに、生命の樹の研究をしてきたカバリスト達は、

それはそれはたくさんいたと思いますが、

本当に「神を知る体験」をしたカバリスト達は、

一体、どのくらいいたのでしょうか。。。


その長い歴史の中、ダアートについては、

マインドの領域において、様々な議論が飛び交ったと思いますし、

そのせいでよけいに複雑化し、ややこしくなってしまったような説明も、

あちこちに多々見受けられたりもするように感じています。



ここはきっと、、、

その体験なしには、語るのも理解するのも、

とても難しい場所なのだと。。。


個人的には、そう感じていたりします。



ここは本当に、、、

言葉ではどうしても、説明できないところです。




私は、、、

今回の人生ではなぜか、何も意図せず、

何も求めていなかったのに、

ほとんど偶発的に、その体験が起こってしまいました。


それもまだ、、、10代だった頃に。



それは、宗教的に言えば「神を見る体験」ですし、、、

私が自分の言葉で言うとしたら、それは、

「本当の自分がなんだったのかを完全に思い出した経験」です。



そのことについては、これまで10年以上も、

自分のブログの中であれこれ書いてきました。


でもそれは、本来は「言葉にできないもの」でしたので、

手を変え品を変え、、、

いろんな表現を使って、伝えてきたつもりです。



その経験を通して得られたものは、

何が起ころうとも決して失われることのない、

究極の安堵感でした。


そして、この世界、この現実をどのようにして捉えるのか、、、

そういった物の見方は、180°、、、

いえ、それ以上変わりました。


その一瞬によって。。。


一瞬であり、永遠であった、あの時に。



けれども、だからと言って、超人になったわけでもありませんでした。

突然、人間離れした何かになったわけでもありません。


表面的には何も変わらないのです。


普通の人間のままです。


でも、、、深い深いところで何かが大きく変わるのです。。。



ウイングメーカーの本の中でこの言葉を読んだとき、、、

私は、ものすごく大きく頷きました。。。


そして、、、

あぁ、こういうことを言ってくれる人が、

この世界にいたんだ。。。と。


ものすごく嬉しくなったのでした。。。




この強烈な嵐からそよぐ表層的な風を経験した人々が、

テラ・アース(地球上)に存在した。


ある者は、それをアセンションと呼び、またある者は、

啓示、ヴィジョン、悟り、ニルヴァーナ(涅槃)、宇宙意識と呼んだ。


人間体験の標準からすれば、

そのような経験は非常に深遠である一方、

サヴァリン・インテグラルの最初の兆しに過ぎない。


その存在の彼岸の淵に触れ、

目覚めに徐々に慣れていくのである。




それは本当に、、、

私にとっては、「前兆」に過ぎない体験でした。


そこがゴールではありませんでした。


あれはふと、、、誰かに肩を叩かれたような、、、

そんな体験でした。


「ほら。。。思い出して」


・・・と。



あの経験は、私にとってはある意味では、

これ以上ないくらい深遠な経験であり。。。


ある意味では、重荷となる経験でした。



けれどもきっと、、、

あの経験がなければ、私はきっと、これほどまでに

ウイングメーカーに惹かれることもなかったでしょうし、、、


ウイングメーカーと関わらなければ、

今の自分はいなかっただろうと思います。


ブログも書いていなければ、

ヒーリングをしたり、講座をしたりもしなかったでしょう。


今出会っている人達とも、、、

もしかしたら、道が交差しなかったかもしれない。。。



そう思うと、、、いろいろと、感慨深いです。。。




ダアートに触れると、、、

必ず何かが変わる。。。



これだけは、確かなことだと思います。

IRIDESCENCE

千葉県松戸市で小さなヒーリングサロンを開いております

0コメント

  • 1000 / 1000