エノクの鍵



ライトランゲージを教えてくれたジェイミーが、

少しだけでもよいから、毎日練習してね。。。と言っていたので、

あれから私は、毎日、お風呂の中でライトランゲージを話していました。



娘から、、、


「えっと、ゼニスにはなんとかついていけるんだけど、

 ライトランゲージはまだちょっと・・・」


・・・と、申し訳なさそうに言われたので、

私もちょっと、遠慮して(笑)



そう言えば、、、

瞑想を始めるようになった頃、、、

今から10年くらい前。。。


あの頃は、家族の前では瞑想しづらくて、

いつもいつも、お風呂でこっそり瞑想していました。


それが今では、みんながいてガヤガヤしているお部屋の中でも、

「ママ、ちょっと瞑想するわ。。。」と。

気づけば普通に、そういうことが出来るようになっている。。。


そしていつの間にやら、夫までたまに瞑想してる。。。


きっとそのうち、、、

ライトランゲージを話しても、みんなが普通に

それを聞いているようになるのだろうな・・・と思いつつ。


今はまだ、、、

家族の前でそれをやるのは控えていたりします。


文字で書くライトランゲージは、、、

「ねぇねぇ、これ、なんて書いてあると思う?」なんて(笑)


普通に言えるのですけどね。



そんな感じで今は、、、

バスルームを少し暗くして、キャンドルやアロマを焚き、、、

瞑想の代わりに、ライトランゲージを流すようになったのですが、

そうすると、いろいろなメッセージが降りてきます。。。



ウイングメーカーのスタディ・グループを始めることにしたのも、

そのライトランゲージ中に降りてきたメッセージだったし。。。


少し前に書いていた、自分自身の生命の樹についても、

ライトランゲージによる受信だったし。



その生命の樹についてブログでまとめようと思った時、、、

確認したいことがあったので、昔、カバラのレッスンで使っていた

資料を引っ張り出してきました。


そして、懐かしい思いで、それをパラパラしていました。


その時、ふと最初に目に留まったところに、

こんなことが書いてありました。



「カバラは、アブラハムがメルキゼデク王から受け取ったもの」



伝承では、アブラハムがセーラムの王のメルキゼデクから

イニシエーションを受けた(食べ物をもらった)こと、、、

これが、カバラの始まりだとされているのだそうです。



それを読みながらふと、、、

「そう言えば、セーラムって国、どこにあるの???」と。

今更ながら気になったのでした。


最初、「セイラムの魔女裁判」のことが浮かんだのですが、

さすがに、アメリカなわけはないだろうと思い、

ちょっと、調べてみました。



どうやら「セーラム」とは、「サレム」のことらしく、

伝統的に「エルサレム」と同一視されている場所だということが

解ったのでした。



メルキゼデク



「サレム」とは「平和」という意味。

そして、「エル」は「神」ですので、エルサレムとは、

「神の平和の家」みたいな意味になるのだそうです。


これについては、諸説あるようですが・・・




その資料を読み進めてみると、そのメルキゼデク王は、

イノクの生まれ変わりだというメモ書きをみつけました。


「エノク」って、日本語ではそういう発音ですけれども、

英語では「イノク」と発音するようです。



アブラハムにカバラを授けたサレムの王、メルキゼデクが

エノクの転生者だとメモしてあったところを読んだ瞬間。。。


「ん??エノク???

あ!!エノク??!!」


・・・と。


私はその瞬間、その日に見た夢の内容を、

突然思い出したのです。


ついさっきまで、夢を見たことすら完全に忘れていたのに、、、

その、「エノク」というキーワードで、急に、

昨晩?今朝?見た夢のストーリーが意識に浮上してきました。



その夢は、お友達からメールがくるところから始まり、

携帯でそのメールを読もうとすると、そこには、

添付ファイルがついていました。


その添付ファイルを開くと、突如そこに

『エノクの鍵』の本が、ポンッ!と、

魔法のように現れた。。。という。。。


そんな夢でした。



そんな夢を見たことはすっかり忘れていましたが、

偶然にもその当日、昔のカバラの資料をパラパラし始め。。。


その日はなぜか、今まで、気にも留めたことのなかった、

「セーラム」がどこなのか無性に気になり始め、、、


そこはエルサレム、、、

メルキゼデクはエルサレムの王。。。

そして、エノクの転生者。。。


そのエノクというキーワードで、一瞬にして

すっかり忘れていた夢を思い出す。。。


この流れはもう、、、


「はい、今、そこです~」と(笑)


天からのメッセージとか思えませんでした。



一度手放したあの『エノクの鍵』の本は、、、

実は再び買い直していました。


もう一回読んでみるか・・・という気になったのは、

ウイングメーカーに関わるなにかの話をしていた時に、

shimaさんがチラッと、その本のことを口にしたからです。



うーーん。。。

やっぱり、ウイングメーカーと

何か関係ある本なのかしら?と。


そう思って再び手にしたものの、、、

でもやっぱり、どうしても読む気にはなれなくて。。。


そのまんま、またすぐ、封印してしまいました。

そしてそのうち、、、再び手放してしまったのです。


あれは多分、、、2012年の頃だったかな。。。



でも、今回またこんな流れがあったので、いちお、

懲りずにまた、アマゾンを覗いてみました。


けれどもどうやら、その本は今は在庫切れになってしまっているらしく、

中古本にプレミアがついて、とんでもないお値段になっていたので、

さすがに、購入する気にはなれませんでした。


そして、そのあと、、、

その本のことはまた、すっかり忘れてしまっていました。



けれどもその数日後、、、

なぜか急に、無性にお部屋の整理がしたくてたまらなくなりました。

この忙しい時に、自分の思いとは裏腹に、

身体が勝手に、大掃除を始めてしまったのです。



「あぁ、、、なんで私、こんなことしてるのかしら?(泣笑)」



・・・なんて思いながら、押し入れの奥のほうを

ひっくり返した時、、、その意味が解りました。



あの、『エノクの鍵』の本が、

そこから出てきたのです。



記憶の中では、すっかり手放したつもりになっていたのに、、、

その本は、、、実は、まだ私の手元に残っていたのでした。

IRIDESCENCE

千葉県松戸市で小さなヒーリングサロンを開いております

0コメント

  • 1000 / 1000