聖書



『エノクの鍵』の本の内容、、、

読んでいて全然わからないので、天にヘルプを出してみました。


そして、、、

ライトランゲージで、そのメッセージをキャッチしようとしてみました。


すると上からは、、、


「聖書!」


・・・と一言。



聖書を初めて手にしたのは、、、たしか30年以上前。。。


そんなに長い年月の間、それはずっと手元にあったのに、

私はこれまで、真面目に聖書を読んだことはありませんでした。


スピリチュアルの世界に興味を持ち始めたころから、

何度かチャレンジしようと思ったこともありましたが、

それも、いつも長くは続きませんでしたし、

ほとんど頭に入ってきませんでした。



ただ、、、西洋の思想、文化を知るうえで、

聖書の知識は欠かせないなぁ。。。とは思っていました。



いつもいつも、長続きしない聖書の読書でしたが、、、

でも今回は天のお告げ(笑)なので、

ちょっと頑張ってみることにしたのですが、、、

なんだか不思議と、今回は挫折しないで読み続けていられます。



インターネットとか、様々な本の中に、聖書の断片はよく出てきますが、

そういうのを読んでも全然覚えられないし、頭は混乱するし。


聖書については、いろんな人がいろんな解釈、解説をしていますから、、、

そればかりを読んでいても、混乱するばかりなのです。。。



でも、聖書そのものをちゃんと読んでみたら、、、

今まで頭の中でバラバラだったものが、ちゃんと繋がっていく感じがして。


やっぱり、「原点」を押さえておいたほうがいいのだなぁ。。。と。


そんな気持ちにさせられました。



今回、アブラハムの系図やエピソードも

だいぶすっきりとつかめたのですが、そうしたら、

自分の思い違いに、ひとつ気づくことができました。



アブラハムが、ユダヤ民族の始祖だと、私の頭の中では

そうインプットされていたので、

私はすっかり、エノクやノアがアブラハムよりあとの人だと、

そう思い込んでいたようです。


アブラハムは「一番古い人」、、、と思っていたので。



でも、よく考えたら、そうなんですよね。。。

エノクは、ノアのひいおじいちゃんで、ひ孫のノアの時に、

洪水でいったん、地上の人たちが全員滅んじゃうのですものね。


アブラハムたちが出てきたのは、ノアのあとだった。。。


それにハッと気づいたとき、

思い込みって怖い~~~と、そう思いました。



ホントにもう、、、私はこれからは、いろんなこと、、、

ますます断言できなくなっていくのだろうなと思います。。。


歳をとって、自分の記憶力に自信が持てなくなるということは、、、

それだけ、何かに対する執着心も消えることなのだろうな。。。と。


そんな風に感じます。


でも、そのほうが、なんだかラクでいいですね。。。




そんなわけで、エノクの生まれ変わりのメルキゼデクから、

アブラハムが「カバラ」を受け取った、、、というのも、

なるほど、納得。。。となったのでした。


聖書では、メルキゼデクが「パンとぶどう酒」で、

アブラハムを祝福した。。。と書かれていましたが。




聖書を読んでいると、、、なんだか不思議な気持ちになります。。。


長い長い年月の間、一体どれだけの人たちが、この聖書を読み、

そして、何を思ってきたのか。。。


そこに、「人類の歴史」みたいなものを、ちょっと感じてしまうんです。。。



先日、『ダイアナ』の映画を借りに行った時、、、

その隣にあった『第七の封印』という映画が目につき、

なんとなくそれも借りてきてしまったのですが。。。


それを昨晩観ていて、いろんなことを思いました。。。





十字軍、魔女狩り、罪の意識と終末思想。。。

そして、、、ペストの大流行。。。


いろいろと、怖かっただろうな。。。あの頃の人たち。。。



そして、この映画のイングマール・ベルイマンという監督から、

ウッディ・アレンやスタンリー・キューブリック、

そしてスピルバーグなどが大きな影響を受けた。。。と聞いて。



頭の中を、、、「何か」がふとよぎりました。。。




宗教やスピリチュアルって、、、


自分が本当に幸せになるために。。。

自分の周りの人が本当に幸せになるために。。。

そして、この世界の人全員が本当に幸せになるために。。。


そのためにあるのだなぁ。。。と、そう思います。。。



その「原点」を、、、いつも忘れないようにしたいです。。。

IRIDESCENCE

千葉県松戸市で小さなヒーリングサロンを開いております

0コメント

  • 1000 / 1000