夢を見る時



聖書を読みだしてから、、、

毎晩のように、聖書の内容に関連する

夢を見るようになりました。


夢の中で、「モーセとはこうでああで、、、」と。

昨日なんて、誰かが、モーセについてあれこれ語っていました。



そうやって、夢の中で誰かが何かを色々教えてくれて、

「あぁ、なるほどぉ。そういうことなんだ」。。。と。

目が覚めた後、妙に納得している。。。みたいな。


そういう体験を最近、日々、経験していたりします。




この現象って、、、

ウイングメーカーと関わり始めたころと同じだ。。。と。

なんだか、面白く思っています。


あの頃も、毎晩のように不思議な夢を見て、、、

夢の中で、色々なことをたくさん教えてもらったのです。




以前、英会話の先生にドールマンの翻訳を見てもらいながら

あれこれ話していた時、彼は、こんな風に言っていました。



「ジェームズの書き方って、unclearだよ」。。。と。



unclear。。。

不明瞭、、、何を伝えたいのか、よく解らない書き方。



そして、、、


「これは、ネイティヴの人が読んでも、じっくり考えながらじゃないと、

なかなかその意味は解らないよ。まるで、聖書みたいな書き方になってる」


・・・と、そう言っていました。




聖書が「unclear」に書かれているのも、

おそらく、意図的なのだろうな。。。と思います。



ある程度の史実的物語の中に、「言葉にすることのできない真理」が、

「意図的」に織り交ぜられている。


たくさんのメタファーを駆使して、「それ」は語られるのです。


つまり、聖書もウイングメーカーと同じように、、、

「コード化された物語」なんだな。。。と。


そう感じます。



もしかすると、、、夢をたくさん見るようになったのも、、、

その「コード化」のせいなのかもしれません。


夢の中でそのコードを、、、暗号を紐解いているのです。。。



ジェームズも、ウイングメーカー達は、夢を通して私たちに

コンタクトを取ってくる。。。と、そう話していましたが、、、

彼は、いろいろ解ったうえで、そう言ってたのかな。。。


それとも、彼自身も、そこまではまだ、解っていなかったのかな。。。




そうやって、「コード化されたもの」の意味を、、、

どうやら夢の中で、教えてもらっているようなのですが、、、


教えているのはもしかすると、、、

自分自身なのかもしれない。。。と、そんな気がすることもあります。



自分の中のどこかに蓄えられている「記憶」。。。


その記憶の中に、、、聖書に関するなんらかの知識があったのかもしれません。


たとえば、、、これまでの過去生の中で、聖書の研究は、もう既に、、、

イヤというほどしてきたのかもしれないな。。。とか(笑)



だから、聖書も、そしてウイングメーカーも、、、

やっぱり、どこかで「縁」があったからこそ、

こういう現象、、、夢の中で教えてくれるという現象が

起こるのかもしれないな。と。



ただ残念なことに今は、、、ウイングメーカーの頃とは違って、、、

すっかり記憶力が悪くなってしまっているようで、、、

夢の中でせっかく教えてもらったことも、次から次へと

忘れていくのですけれども(苦笑)




息子がまだ小さくて、、、

声変わりもしていなければ、髭も生えていなければ、、、

夜はまだ隣で一緒に寝ていた、、、可愛かったあの頃。。。(笑)


なかなか寝てくれない息子と一緒に、羊を数えたことがありました。。。



羊を数えて(昔の日記)



この日記でも書いたように、、、

人って、自分では起きているつもりでも、他の人から見たら、

完全に眠っている状態になるときがあって。。。


生前、父がよく、テレビをつけたまま眠ってしまって、、、

なのでテレビを消すと、その瞬間に急にムクッと起き上がるのです。


そして、「なんで消すんだよ。観てるんだよ」なんて怒るのです。


「寝てたじゃん!!」と言っても、「寝てないぞ!!」と言い張る父に、

なんなんだ、この人は。。。なんて思ったりもしたけど(笑)


そういうことなんでしょうね。




今年の1月5日。ちょっと面白い体験をしたので、

それをメモしておきました。



夜、お布団の上で目を閉じて、

何かの風景だったか、場面だったか、情景だったか、、、

とにかく「何か」を観ていたのですが、自分の感覚としては、

それは自分で「想像している」という感じでした。


自分的には、自分自身でそれを思考している。。。

自分で考えている感覚だったのです。


でもその時、なんとなく右手を動かそうとしたら、動かないのです。


「あれ?」と思って、身体を動かそうとしたら、

ものすごく動かしづらくて、でも、だんだんそれが緩んできて、

ちゃんと動けるようになった時、、、


「あ、今、寝てたんだ」


・・・と、自分が半分眠りに落ちていたことに、やっと気づきました。


頭では普段通り起きているつもりだったのに、

身体のほうはもう、すでに眠りに入っていたのです。


「眠りに入っていく瞬間って、こういう感じなのか・・・」


と、しみじみしていた時、ふと、ついさっきまで想像していたもの、

自分で考えていた(ように感じていた)ことが、

全く思い出せなくなっていることに気づいたのでした。


まるで、観た夢を忘れてしまったときのように・・・



・・・と、こんな経験をしたことも、翌日朝起きた時には

すっかり忘れていました。


でも、その日の夜、外食しようと立ち寄ったお店に着くなり、

娘が、「今、なんか変な体験した」と言い出し、

それを聞いて私も、昨晩自分が経験したことを思い出したのでした。


なぜなら、娘の言う「変な体験」って、、、

昨晩の私の体験と、まったく同じだったからです。


娘は、車の中で居眠りをしていたらしいのですが、

自分では考え事をしているのだと思っていたのに、

お店について起こされて、自分が寝ていたことに気づいて

びっくりした。。。と言っていました。



親子そろって、同時期に同じ体験をするなんて面白い。。。


そう思ったので、メモしてあったのです。



そのシンクロを、いつかブログに書いてこうと思いながら、

書きそびれていましたが、このタイミングで思い出しました。



聖書による刺激で、不思議な夢ばかりを観ている今、、、

もしあの夢が、実は私の潜在意識によって

生み出されているものなのだとしたら。。。


・・・と思うと、昔の、ウイングメーカーの不思議夢の頃のように、

「夢の中でウイングメーカーに会っちゃったのかも!!!」

と、盛り上がれない今の自分はちょっと寂しいような気もしますが(苦笑)


盛り上がれないのだけど、、、でも落ち着いた分、昔より増して、、、

その「教えてくれる誰か」に対して、しみじみとした親近感と、

じわっとなる感謝の気持ちを感じるようにはなったかもしれません。


なんか、矛盾しているようですが、、、

なぜか、そうなのですよ。。。



不思議夢やお告げ夢は、眠りに落ちてすぐとか、目覚める直前とか、

あとは、昼間ウトウトとお昼寝してしまったときなどに見やすいですね。


瞑想で、変性意識状態になってあれこれヴィジョンを観る時も、

これと似たような感覚です。


今ではもう、その状態の時にどういう脳波になっているのかも、

すでに科学的に理解されているようですよね。



バイオリズムなのか?

そういった科学的知識を山ほど求めたくなる時期もあるのですが、、、

今はなんだか、こうして自分に起こる体験の数々を、、、

ただひたすら楽しんでいたいなぁ。。。と。


そうしていたい時期のようです。

IRIDESCENCE

千葉県松戸市で小さなヒーリングサロンを開いております

0コメント

  • 1000 / 1000