膀胱炎のシート



ゼニスのシートを選ぶ時は、なるべく、自分自身では

選ばないようにしています。


必要なシートは、私ではなく、「上の人」が選んでくれるものだと。。。

そう思っているからです。


そうやって、シートは直観で選んでいくのですが、

そういうやり方ですと、自分のマインドの部分では、

なぜこのシートを選んでいるのか、、、

よく解っていないことも、時にあったりします。


そしてそうやって、ハートを優先させるやり方ですと、

常に主導権を握っていたいマインドはもう、

それはそれは大騒ぎでしたけれども(笑)


最近はだんだんと、そのマインドもおとなしくなってきました。



不思議なもので、、、

その時マインドには理解できなかったことでも、、、

そのあとの流れが、少しづつ、その意味を提示していってくれて、

最終的には、マインドも納得していくのです。。。


そういう経験を繰り返しているうちに、、、

マインドも、学習したのだろうと思います。


ハートに任せても大丈夫なんだな。。。と。



今日、ゼニスの中にある、「赦し」というシートを

自己ヒーリングで使いました。


この、「赦し」のシートを行っていると、、、

どこからともなく、こんな声が聴こえてきました。


「膀胱炎のシートもやっておきなさい」


・・・と。



膀胱炎???


そんな自覚はないので、「???」となりましたが、

とりあえず、言われるままにそうすることにしました。



ゼニスのシートは、「予防」としても使えますので、

やって害になるということはないからです。



その後、「膀胱炎」って、どんな感情と繋がっていたのだっけ?と。

この本を開いてみました。







これは、ゼニスのアメリカ本部の副社長、

アン・エンジェルハートさんのお薦めの本で、

ゼニスの講座を受けた生徒さん達にも紹介している本です。



この本によると、膀胱炎とは、、、


「不安。これまでの考えを怖くて捨てられない。怒っている。」


そういったことと関係しているとのことでした。




これを読んで、、、苦笑いしてしまいました。



私は、ゼニスの自己ヒーリングを行うことと、

自分への日々のメッセージをライトランゲージで降ろすことを、

毎日の日課としていて、、、


そして実は、今朝のライトランゲージで、

こんなメッセージを受け取っていたところだったのです。



「科学的な知識は手放しなさい。あなたには必要ないものです」



・・・と。



ウイングメーカーでは、、、

魂の科学的発見(グランド・ポータルと呼ばれています)

というイベントについて、言及されていたりします。


そういうこともあって、私もなんとなく、、、

量子力学とか脳科学とか遺伝子学とか。


そういう分野にも興味があったし、

そういうことを知るのって、すごく楽しいと、

そんな風に思っていたので、、、


いくらライトランゲージでそれを手放せと言われても、、、

それはちょっとイヤだなぁ。。。みたいな。

そんな抵抗感がありました。



でもそのすぐあとにこの、「膀胱炎」のシートに関する流れ。


「これまでの考えを怖くて捨てられない」


うーーん。。。と、考えさせられました。



「怒っている」というのもその通りで、、、


私は、自分がもともと持っているエネルギーが、

ネガティヴに傾いた時、ものすごく批判的な人になることを

自覚していますので、、、


例えば忙しくて疲れが溜まってしまったりして、

バランスを崩しそうだなという時などはよく、

「怒りと罪悪感」とか、「批判」のようなシートを、

そのケアとして使うことが多いです。


批判的になったりとか、相手の心に突き刺さるような嫌味を言ったりするのって、

もろ、乙女座的エネルギーのネガティヴ面なのですが。


私は、無意識と関わる月星座がその乙女座なので、、、

そういうのが、バランスを崩した時に出やすいのです。


この被害を一番多く受けるのが、夫です^^;;;



細かいところまで見えすぎるくらいよく見える乙女座は、

それがうまく働けば、まるでテレパシーでも使える人かのように、

相手の本当のところを、サッと理解してあげることが出来る。


でも逆に、それがネガティヴに働いた時は、

まるで、重箱の隅をつつくように相手の欠点ばかりが目につき、

イライラして、批判的になる。


そういう怒り。。。


それもそうだし、科学的知識に執着する気持ちとか。。。


こういうものをこのまんま放置していたら、、、

そのうち、膀胱炎にでもなっていたのかなぁ。。。


・・・なんて思ったら、ゼニスやライトランゲージ、、、

そして、自分を見守ってくれている誰かに、感謝したくなりました。



最近はよく、、、「サレンダー」、、、

「エゴを手放す」というシートも使っています。。。


本当にこの頃、、、自分をすっかり透明にして、、、

ウイングメーカーとか、ゼニスのヘルパーさんとか。。。


そういった高次の方々の媒体になりたい。。。と。


本当に、、、心の底からそう願っているのです。

そうなれたら、、、幸せだろうなぁ。。。と。。。


そう思うのです。



「エゴを手放す」シートを行っていた時、、、

こんな言葉が胸に響いてきました。。。



エゴを手放すということは、自分の目の前にやってきた出来事に対して、

何も文句を言うことなく、ただそれを受け入れることです。


そして、そこから学べるものを学びなさい。


・・・と。



なるほどな。。。と、思いました。

IRIDESCENCE

千葉県松戸市で小さなヒーリングサロンを開いております

0コメント

  • 1000 / 1000