ヒプノ



この前、夏みたいに暑い日が続いていたと思ったら。。。

今日はちょっと、肌寒い感じ。。。



20年以上前、、、

働いていた会社の女の子たちの間で流行った

「前世が体験できるCD」。。。


内心馬鹿にしながらも、お付き合いで仕方なく聴いてみたら、

思いのほか色々見えてしまって。


それでも、10年以上もそれは「自分の妄想・想像」

ということで片付けてきました。


でもある時、私が見たそれと同じシーン、

同じストーリーを知っているという人達と、次々に、、、

もう数えきれないくらい出会うようになり、、、

そのヴィジョンを、アトランティスという人もいれば、

ムーだという人もいて、、、


それまで、そんなことは考えたこともなかったので、

すごくびっくりしたのですが、、、


まぁ、そういったことがキッカケとなり、、、

いろいろなことを、考えさせられるようになったのでした。



そうやって、不思議なことが次々と起こり始めた頃、、、

昔、あの、お遊びで聴いたCDの中で催眠誘導をしていた人は、

「桜井ゆみ」という方だと知りました。


その方は、「前世療法」や「未来進行催眠」というものを、

日本にひろめるようになった、最初のヒプノセラピストなのだそうです。


なので、あれって意外と、本格的なヒプノだったのだ。。。と。

その頃になって、やっと気づいたのでした。




今から数年前、ゼニスを教わった先生のところで、

軽いヒプノをやりました。


その時、「これまで生まれ変わった中で、一番幸せだった人生へと

戻ってください」と言われたのですが、、、

そこで私が見たものは、なぜか、イスラム風の宮殿にいる、

お姫様のような身分の女性でした。


その女性にはパートナーがいて、二人は相思相愛。


「心底愛し愛されるって、こういうことを言うんだなぁ」


・・・と、その幸せをしみじみと噛みしめている感覚を、

ひしひしと味わいました。


ふたりはラブラブの状態で、その宮殿のある小高い丘の上から、

眼下に広がる町並みや夕日が沈んでいく海を見下ろし、、

そして、、、


「これがすべて、自分たちのものだなんて、、、信じられない」


・・・と。。。


何とも言えないような、胸がいっぱいになるような、、、

そんな感動も味わっていました。



宮殿の中で、床に座って食事をとっている時、

周りで踊りを踊っている女性たちがいて、、、


「あぁ、ベリーダンスとの縁は、この人生だったのか・・・」


・・・と。


ヒプノから戻ってきた時に、すごく納得したのを覚えています。


自分自身がダンサーだったわけではなかったようですが、、、

身近でこういったダンスに触れたことはあったのか。。。と。



私はそれまでに、例のアトランティスらしきもの以外にも、

いくつか前世っぽいヴィジョンを見てきました。


その中で、ひとつだけ、ネイティヴ・アメリカンがありましたが、

あとはすべて、ヨーロッパっぽい風景のものばかりでした。


現に今でもヨーロッパがすごく好きなのは、、、

やっぱり、前世繋がりなのかしら?なんて思っていたりもしましたが、

あの時、「一番幸せだった人生を見てください」と言われて、

イスラム系の世界が出てくるところが、自分的にはすごく意外でした。




それにしても、、、

いくらなんでも「この妄想」は、ロマンチックすぎだろう。。。と。


自分でも恥ずかしくなりました。


思いきり、少女マンガの世界ではないか。。。と(笑)



なので、例のアトランティスかもしれないヴィジョンを見た時と同じように、

その時に見えたものにも、「妄想」というラベルを張り、

これまで、自分の中に封印してきました。


・・・というか、すっかり忘れてました^^;




ただ最近、ちょっとした流れがあって「オスマン帝国」のことが

非常に気になり始め、「スルタン」とか「トプカプ宮殿」について

いろいろ調べていたら、ちょっとドキッとすることがいくつかあって。。。


あのヒプノで見た自分の「妄想」が、なんだか、、、

今頃になって、気になり始めてきたのでした。




先日の、「夢を見る時」という日記でも少し触れましたが、、、


夢ってなんだか、自分の中にある「記憶」が、

想起されているもののように感じたりもします。


その記憶には、様々なレベルがあるのでしょうけれども、、、

そこにもしかすると、「前世の記憶」もまた、含まれるのではないのかと。。。



夢を見ている時、またはヒプノなどの誘導で催眠状態に入った時、、、

そして瞑想でグッと深く入った時。。。


そこに共通して言えることは、、、

普段の、日常的な意識が眠りに入っているということ。。。


「日常的な意識」のことを「顕在意識」と呼ぶ人もいれば、

「イエソド」と呼ぶ人もいますし、「マインド」という人もいますが、、、


そういった意識が眠りにおちるのです。。。



すると、普段とは違った意識が活発に動き出す。。。


普段とは違った意識にもまた、

深さやレベルは様々あるような気がしますが。。。



先日、「科学的知識は手放せ」的なことを言われたと書きましたが、、、

たしかに、、、睡眠について「脳がどうで、レム睡眠がどうで、、、」

みたいなことは、「結果」として起こっていることを

検証していることになるわけで。。。



私はいちお、エネルギーを扱うヒーラーなので、、、

もっと、エネルギー的な観点から物事を掘り下げていく方が、

実は自分には向いているのかもしれないと。。。


そんな気がして。。。



「記憶」。。。というものは、実は「脳」ではなく、

エネルギー体(主にアストラル体)にインプットされていると、

そう聞いたことがあります。


アストラル体は、「感情」と深く関わっているようですが、、、

もしかすると、、、記憶というのは、「ハート」とも関係が深いのかも。。。


心臓移植をした人が、その心臓の以前の持ち主の記憶を思い出す。。。


・・・なんて話もありますものね。



先日、夢見に関するちょっぴり不思議な経験をして以来、、、

自分の中で、夢を見るメカニズムに対する理解のようなものが

少し深まり。。。


「自分で考えているように感じていること」が、、、

実は「思い出している」ということもあるのだな。。。と。


それを、感覚的に知りました。



ただ、、、本当に「自分で妄想している」という場合もあるので、、、

(ほとんどの場合、これ)

そのあたりの違いを見分けられるようになるには、、、

これはやっぱり、「経験」を重ねるしかないのだろう。。。と。


そして一番いいのはやっぱり、、、

瞑想することなのだと、、、そう思います。



日ごろから瞑想の練習をして、意識が変わった時の感覚を

自ら経験していけば、いずれ、自分で考え出しているのか、

それとも、本当に思い出しているのか、、、


その違いが分かってくるようになるだろうと思います。



私が見たヴィジョンは、、、どっちだったのかな。。。


今となっては、そのあたりがすごく曖昧で解らなくなってしまったけど、、、


もしそれが、本当の記憶だったのだとしたら、、、

きっと、自分に起こっていく流れが、

いつかそれを教えてくれるのでしょうね。。。

IRIDESCENCE

千葉県松戸市で小さなヒーリングサロンを開いております

0コメント

  • 1000 / 1000