チャコブサとDUNE



『ウイングメーカーⅠ』に、こういうお話が書かれています。



また私たちの意見ですが、かつてウイングメーカーとコンタクトしていた

人々が存在しており、未来に関するメッセージを受け取っています。

そのメッセージは象形文字やシュメール、マヤ、チャコブサンといったような

死滅言語によって記録されているのです。



更に、その中でも「シュメール語」。。。

これを使ってネルダ博士が、ウイングメーカーたちの遺した光ディスクの

ロックを外したということでしたので、そのシュメールに関して、

当時の私が、興味を持たないわけはありませんでした。


当時の私は、、、このインタビューは、「本物」だと。。。

そう信じていたから余計です。。。



昔のことでもう、よく覚えていませんがおそらく、「シュメール、言語」とか、

そういったキーワードであれこれ調べたのだろうと思います。


そのうち、シュメール文明の粘土板などに行きつき、、、

そこから、ゼカリア・シッチンのアヌンナキの話にぶちあたり。。。


当時の私は、それはそれは、びっくり仰天したものです(笑)


神話の神が、実は宇宙人だったのっっ??!!


それで一時期は、ものすごく真剣に、アヌンナキのことをあれこれ

調べたりもしたものでした。



2008年にジェームズが初めて、そこで「アヌンナキ」という言葉を出した時、、、

「やられた~~~~」って、そう思いました(笑)


ジェームズ、、、巧みすぎる。。。って。。。


なんだか見事に、そこに誘導されていたような気がしたからです。



それと同じように、ある時、「チャコブサ」というものもまた、

気になり始めたのでした。


昔私は、それは、ネイティヴ・アメリカンの古い部族かなにかかと

思っていたくらいで、さほど気にしていませんでした。


けれども、ジェームズの『ドールマンの予言』の物語を

自分で訳していると、そこにまたこの、「チャコブサ」という言葉が、

ある部族の名前として登場してきて、、、


そうしたらその時は、なんだかものすごく、

この「チャコブサ」というものが、気になり始めたのでした。


ジェームズはよっぽど、この「チャコブサ」をアピールしたいのかと。。。

だとしたら、それには何か、、、意図があるのかも?と。。。


そう感じるようになりました。


「シュメール」というキーワードから、私をアヌンナキへと導いたように、、、

チャコブサを調べていく先で何か、、、

ジェームズの思いを感じ取れるようなものが、

待っているような気がしたのです。


そんな気がしたのが、、、2011年。



そして当時いろいろ調べていくうちに、

「チャコブサ」と『デューン・砂の惑星』という物語が、

私の中で結びつきました。




最近、なぜか「チャコブサ」という言葉が頭の中を駆け巡るので、、、

もう一度、あの映画、、、『デューン・砂の惑星』を

観てみることにしました。


でも、映画の中で「チャコブサ」という言葉は、最初から最後まで

全く出てこなかったので、「?????」となりました。


チャコブサとこの『デューン』という物語が、なぜ自分の中で

結びついたのかということが、全然思い出せなくて、、、

もしや、記憶違いだったのかしら?と、不安になってきました。



それで、再び調べてみたら、、、自分のブログにぶつかって、苦笑いしました。。。



チャコブサ


人生も神話



ちゃんと書いてある・・・

でも、自分で書いたことをすっかり忘れてた。。。


あぁ、、、ブログ書いておいてよかった~~~って(笑)

そう思うのは、こういう時です。



なんか、ブログで私、あれこれ語ってたようですが(爆)

結局あれから、原作は読まずじまいでそのまんまでした。



でも、映画を見ただけだといまひとつよく解らないし、、、

チャコブサのことも気になるので、この際だから、原作を読んでみようかと、

そう思ったら、ちょうど昨年、新訳で復刊されていたみたいで。




ラッキー♪って思いました。


しかも、この物語、そのうち再映画化されることが決定したようで、

そんなニュースも、たまたま見つけました。



「デューン 砂の惑星」再映画化にドゥニ・ビルヌーブ監督が正式決定



このニュースが発表されたのもまた、今年の2月のことのようで、、、

先日の「死海文書」のことといい、なんだか今年は私にとっては

いろいろと、ワクワク・イヤーだったりします。


デューンの映画、、、それを最新のCGとかで観れるのは、、、

ちょっと、楽しみです。 



その前に、、、原作を読んでみよう。。。

今度こそ。


それを読めば、ジェームズがなぜ、「チャコブサ」というキーワードを使い、

この物語に注目させようとしたのか。。。


そこに、私なりの答えを見つけ出せるかもしれません。 




この『DUNE』という物語は、、、宮崎駿監督にも影響を与えたとかって、

そんな話をどこかで聞いたような気がしますが。。。


その話を聞かないまでも、『風の谷のナウシカ』に出てくる「王蟲」は、

『DUNE』に出てくる巨大な虫、「ワーム」。。。


砂漠にすむあの「虫」から、影響を受けているのかも。。。と。

誰でもそう想像してしまうのではないかな。。。


なんて思ったりもします。



そういえば、、、学生の時に担任だったイギリス人の先生は、、、

『ナウシカ』のこと、ものすごく絶賛していました。


あれはすごくいい、とんでもなく素晴らしい話だ。。。と。


そう言っていたのが、、、とても印象的でした。



もしナウシカが、このデューンから多少の影響を受けていたのだとしたら、、、

先生が、西洋人があんなに絶賛したのもちょっと分かるような気がします。


西洋で人気のでる物語って、、、たとえそれが、SFものであったとしても、

やはりどこかに、「聖書」の匂いがするのですよね。。。



IRIDESCENCE

千葉県松戸市で小さなヒーリングサロンを開いております

0コメント

  • 1000 / 1000