Oh, that's nice!

©WingMakers. LLC.




内側にあるものと外側にあるものは同じである

それは、一番小さな空間から沸き上ってくる

現れることのない最初のヴァイブレーションのあるところ

それは、いちなる世界の優雅さの、その輝きの中で波打っている


-WingMakers Hakomi 第4室の詩より- 




先日のウイングメーカー・スタディ・グループの時、、、


「意識って何ですか?」


・・・と質問されていた方がいらっしゃって、

それについてみんなで、いろいろ話したりしました。



質問されたその方は、、、

スピリチュアル的な世界を長年探究されてきたご経験があるし、、、

それが、ごくごく単純な質問ではないことは、すぐに解りました。。。



質問を出して、場に何かを引き出す役。



そんな役を、、、その方はその時担ってくれたのだと思います。


たとえそれが、無意識だったとしても。。。

または、意識的だったとしても。。。




そして私は、、、

それは、とてもとても深い質問だ。。。と。

そう感じていました。



「意識とは何ですか?」という質問に対して、、、

「意識とはこういうものである」と断言できる人なんて、

今、この地上には誰もいないだろう。。。と。


私は、そう思っている人です。


もしできるのだとしたら、、、、

それは、マインドによって作られたひとつの「概念」を

提示することにしか過ぎない。。。と。


私は、そう感じているからです。



そして、今はおせっかいな宇宙人たちがいっぱいいて、

あれこれいろんな概念を吹き込んできますが、、、


心配してくれるのはありがたいけど、

私は正直、放っておいてほしいと、

そう思っています。


放っておいても、子供はちゃんと育つのですから、、、

ファースト・ソースによって、そう創られているのですから、、、


もっと、子供たちのことを信用していてほしいです。




いろんな人がいろんなことを言いますし、

いろんな現実を生きています。


だからそこで挙げられるのは、、、

「その人の考え方、その人の物の見方、捉え方」という、

そういう一例であるのだと。


私は、そう考えるほうです。



私は、意識とはこういうものだと思っているけれども、

あの人は、こんな風に捉えている。


それでいいんじゃない?と。


その違いを楽しめばいいのだと思っています。。。



なぜなら、、、


自分と違う意見を持った人、、、

自分と違う信念を持った人、、、

自分と違う真実を持っている人、、、


そういう人たちもみんな、

自分とは違う経験をしてくれている、もうひとりの自分なのですから。


たとえお互いの現実の捉え方が違っていたとしても、、、

どっちが正しくて、どっちが間違っているかなんて。


そんなことは、誰にも言えない。


そう思っています。




長年スピリチュアルの世界と向かいあってきたのならば、、、

たくさんの本も読んだでしょうし、いろんなことを考えたでしょうし、

いろんな思いを経験してきただろうなと思うのです。


そうした末に出てきた質問である、、、


「意識って何?」


・・・というのは、本当に本当に、、、

とても深い。。。



今でもそれをマインドによって定義してしまうことなく、、、

それを結晶化させてしまうことなく。


決して解ったつもりになることもなく。。。


未だ流動的な態度で、深め続けようとしているその人は、、、

とても素敵だと思ったのでした。。。




ある人は、「最近、教会に通って聖書を勉強しはじめたのです」

と、おっしゃっていました。


以前は、宗教なんて・・・と思っていたそうですが、

最近は、聖書に興味が出てきた。。。と。



そんなお話の中、カトリックがどうとか、プロテスタントがどうとか、

そういったお話もちょこっとでたりしたのですが、


「え?でも、どっちも同じキリスト教なんでしょ?」


・・・と言ったその人のそのシンプルな言葉にも、、、

実は私は、、、ひそかに感動していたのでした。



私達人間はこれまで、、、

そうした「些細な」違いにこだわって、、、

こだわりすぎて、自分と違うものを排除しようとした結果、、、

戦争を起こしてきたという、そんな歴史を持っているのだから。。。




英会話の先生がよく、カナダ人のお友達のお話をしてくれるのです。


そのお友達は、奥さんが日本人なので日本に住んでいるそうですが、

お話を聞く限り、かなりスピリチュアルに傾倒されている方のようで、

奥さんと共に、そういうお仕事をされているのだとか。


私はよく知らないけど、もしかしたら、

スピ系に詳しい人の中では、その人のこと知ってる人いたりして?

・・・なんて思っていたりします。



クリスタル、占星術、OSHOとか。

あとは、マッサージか何かをしてるとか言ってたかな?

もう、引退したかもしれないらしいけど。



そんな人と、英会話の先生がなぜかお友達なのも面白いけど、、、

先生ご自身は、そういった世界に関しては、今は頑なに扉を閉ざしてる。

結構、必死で(笑)



占星術を勉強してるので、よかったら先生のホロスコープ出しましょうか?

と、私が言ったら、あんなに目をキラキラさせていたのに、、、


なぜか必死で、マインドレベルに留まろうと。

そうしているように見えたりもして。。。


そう見えるのはあくまでも、、、

私のフィルターを通して、、、ですけど。




「カナダ人の彼ね、マサチューセッツ工科大卒業で、エンジニアなんだよ。

その気になれば、NASAにも勤められるくらいのエリートなんだ。


それで彼って、今日の株価はこうで、、、という話とかよくするんだけど、

そういう話を今してたかと思ったら、突然、

そうそう、この前、ドルフィン・エネルギーと共に泳いできたとか、

変なこと言いだすんだよね。面白いでしょ」



・・・と、先生はいつも苦笑いしながらシニカルな感じで、

そのお友達の話をしてくれる(笑)




ミッションスクール卒業で、聖書にもコーランにもインド哲学にも精通していて、

アロマやヒーリングの世界も、、、

そして、科学の世界なんかも、なんでもよく知っていて。



それなのに、、、頑なにスピの世界からは距離を置こうとする、、、

そんな先生だったりするのですが、でも、、、


ドールマンの翻訳を見ていただいていた時も、

私を気遣ってか、あからさまにそれを否定されたことは

ありませんでした。。。



先生は、ウイングメーカー・プロジェクトのことを、

「ジェームズの哲学」と呼び、、、


そんなところに私は、、、妙に共感を覚えたりもしました。。。



私は、ジェームズの信者ではないから、、、

彼の話すことをすべて盲目的に信じているわけではないけど。。。


ただただ、ジェームズが展開するその世界が好きだから、、、

ジェームズが創造したその世界を、、、

自分の世界の中に取り入れたいだけだった。。。


彼の創った舞台の上で、思う存分踊りたかったのです。。。



英会話の先生が、あそこまで必死に何かを握りしめているのはきっと、、、

過去生関連の何かなのだろうと、私はひそかにそう感じているけど。


今はただただ、いつもそれを、うんうんと聞いているだけ。

でも、それだけで、なぜかとても楽しいのです。。。



なぜなら先生は、いつもこう言うからです。



「そのカナダ人の友達が変なことを言い出した時は、

"Oh, that's nice"って言って、サラッと流してるよ(笑)」



・・・と。



「それ、いいですね。それってベストな答え方だと思う」


・・・と私が言えば、「フフフ」とわけ知り顔で微笑む彼。


こういう会話が、妙に心地よかったりします。

 

IRIDESCENCE

千葉県松戸市で小さなヒーリングサロンを開いております

0コメント

  • 1000 / 1000