アストロ・カウンセラー




今日は、夏至でしたね。。。

関東は、それはそれは激しい雨でした。


そして私は今日、「アストロ・カウンセラー」の資格を、

なんとか無事に、取得することができました。



「アストロ・カウンセリング」というのはその名の通り、、、

占星術を取り入れた、カウンセリングのことです。


ゼニスのヒーリング前のカウンセリングの際に、

クライアントさんのバース・チャートを見ながらいろいろお話したとしたら、

クライアントさんの纏っている、その方独自のフィルターの形が見えやすくなり、

より深いところまで潜っていけるかな。。。


なんて思って。




占星術とは、もうなんだかんだ言って、10年以上は付き合ってきました。


そしてこれまで、占星術に関するいろいろな本を買ったりもしましたが、、、

私はどうも、、、自分と波長の合わない本は、

読もうとしても全然読めなくて。。。


だから、たくさん本を買った割には、その中でちゃんと読めたのは

ほんの1冊、2冊だったりしたのですが(もったいないね^^;)


そんな私が読めた、数少ない占星術の本のうち、、、

一番のお気に入りが、この本でした。。。







この本を翻訳された、近藤テ留ミさん。。。

ウルアンナ鳳宮先生のもとで、アストロ・カウンセリングについて学び、

今日がその、最後のレッスンでした。



通い始めたのはいつだったっけ?と、、、

それを忘れてしまったくらい、結構長い間、通っていました。。。


の~んびりと。


多分もう、、、2年以上は通ったのかな。。。


とても長かったような、、、あっという間だったような。


何かが一段落することは、ホッとするけど。。。

同時にちょっと、寂しかったりもしますね。



今日、先生のお知り合いの方にクライアント役をやっていただいて、

セッションのシュミレーションをやらせていただいたのですが、、、


それで、よーく解ったことがありました。



それは、、、

私は、「占い師」にはなれない。。。ということ。



「あなたはこうですよ」「この時期が良いときですよ」みたいな。。。


占い師のところに来る人たちが求めているような「答え」を、

相手にハッキリ提示してあげること。。。


つまり「鑑定すること」には、私は全く興味がないのだな。。。


・・・ということが、今日、ハッキリ分かりました。



前から解ってはいたことだったけど、、、

やっぱりなぁ。。。と。。。


それをしみじみと実感しました。。。




子供たちがまだ、小さかった頃。。。

それこそ、3歳とか幼稚園とかそういった頃。。。


「ママ~~、これって何~~~???

これって、どうやるの~~~???」


みたいなことをよく聞いてきて。。。



そういう時私は、、、「これはこうやるのよ」と、、、

教えたことないのです。。。


「うーーん。。。どうやるんだと思う???」


・・・と逆に聞き返し、子供が自分で考えることを促していました。。。


そして、子供たちが試行錯誤している間はずっと見守り、、、

忙しいときは、私の笑顔も引きつりながらだったけど(笑)


でも、、、忍耐強く待っていてあげれば、子供は必ず、、、

自分で答えを見つけ出しました。。。


子供自身が納得する答えを。。。


まだ、たった3歳でも、、、子供にはそれができるのですよ。。。



そして、それを見つけた時の、子供たちのあのキラキラした笑顔。。。

すごーーーく、嬉しそうな顔して。。。


そのキラキラは、本当に、、、こちらが泣きたくなるくらい可愛くて。



その、キラキラした笑顔が見たいから、、、

だから私は、、、答えを教えないのです。


相手がどんなに求めても。。。




ある時、ある人にこんなことを言われたことがありました。



あなたは何でも解ってるマスターのような人だと思っていたのに、、、

だから、なんでも教えてくれると思ったのに、、、

私が質問したら、あなたはこう答えました。


『答えはあなたの中にありますよ』・・・って。


その時私は、、、正直、がっかりしたのです。

どうして教えてくれないんだろう?と、物足りなかった。。。


でも、あれからだいぶたった今、、、

あの時教えてもらわなかったことは、逆に良かったことだった。。。と。


今は心底、そう感じていますよ。。。


・・・と。。。



そう言われた時、、、私はすごく嬉しかったのです。


もちろん私は、マスターなんかじゃありませんよ(爆)

その人が勝手に、そう思い込んでいただけです(笑)


それはともかく、、、

そう言ってもらえた時、、、「あぁ、解ってもらえた」。。。と。


とても救われた気持ちになりました。。。



答えを教えてもらえないことで、、、

そんなにガッカリする人がいるんだ。。。と。


私にとっては、そちらのほうがびっくりなことだったのですが、、、

でも、こういった経験のおかげで、自分一人では気づけなかったこと。。。


誰かに答えを教えてもらいたいと思っている人もいる。。。


・・・ということを、逆に教えてもらったかな。。。あの時。。。



そうやって、、、いろんなことを考えたりもしましたが、、、

最終的にはやっぱり、、、「答えは簡単に教えない」ということ、、、

「答えは人に聞くのではなく、自分で見つけることが大事」。。。


・・・というのが、私の在り方。。。というか。。。

ポリシーみたいになりました。


これまでの経験から培った、、、ポリシー。。。ですね。




けれども、先生はこうおっしゃっていました。


クライアントのニーズに答えてあげることも必要よと。


占星家のもとにやってくる人は往々にして、、、


「いつ結婚できますか?」とか、「転職は吉ですか?凶ですか?」といったような、、、

そういった質問に対する「答え」を求めてやってくるのだから。。。と。



本当に、、、その通りだと思います。。。


だから私は、「占い師」にはなれないのです。。。



今日のセッション練習では、、、

けっこう、あれこれ考えちゃって、

会話の中に無理矢理ホロスコープの知識を混ぜ込もうとしたため、

所々、自分のポリシーに反するやり方となり、

けっこう、ドッと疲れました(苦笑)


そして、その疲労している自分をみて、、、

「あぁ、、、このスタイルではないんだ」と。


それが解った次第です。


流れに乗っている時は、考えなくても言葉は自然に、、、

それこそ、流れるように出てくるのです。。。


それがなかったということは、、、

「ハート」ではなく「マインド」が中心となったカウンセリング

だったのだろうと思うし、だから疲れたのだと思います。


そんなカウンセリングの練習相手になってくださった

今日のクライアント役の方には、本当に感謝でした。。。



でも、今日は練習だったからあれですが、、、

先生も、「今後はあなたなりのやり方を模索すればいいのよ」

・・・というようなことをおっしゃっていたので、、、


とりあえず、今日は資格をとって一段落はしましたが、、、

でも、、、これからもまだまだ、試行錯誤は続きそうです。



きっとそのうち、、、占星術のほうでもモニターさんを募集して、

いろいろヘルプしていただきたいなぁ、、、なんて考えておりますので、

その時は、どうぞよろしくお願いいたします。




カウンセリングで一番大切なことは、、、

「相手の話をよく聴くこと」


これもまた、私のポリシーです。


アドバイスすることではなく、聴くこと。


これを私は、、、重要視しています。



そういった姿勢で行いたいカウンセリングの中に、

占星術をどうやって混ぜ込んでいくのか。。。


そのあたりをよくよく考えて、私独自のスタイルを作っていくためには、

まだちょっと、時間がかかりそうです。



でもとりあえず、アストロ・カウンセラー、

そしてアクシオトーナル・アライメント。。。


そしてゼニスやライトランゲージ。。。と。。。


時間をかけて、ヒーラーとしてのツールを少しづつ増やしてきましたが、

このあたりでやっと、だいたい揃ってきたように感じます。。。


あとは、昔せっかく取得したアロマ・インストラクターの資格なども

活かしつつ、、、


私のできる範囲内ではありますけれども、、、

いろいろな人のニーズ、、、とういか、段階に対応できるようにと、

今、セッションメニューの見直しを、頭の中であれこれしていたりもします。。。



これまでお世話になった先生方、

セッションや講座にいらっしゃってくださる方々、

スタディ・グループのみなさん。。。

そして、ブログを読んでくださっている方々。。。


ここまで来られたのも、多くの方々の支えがあってこそだなぁと思います。。。


いつも本当に、ありがとうございます。。。


夏至の日に、、、感謝をこめて。。。

0コメント

  • 1000 / 1000