ブリューゲル『バベルの塔』展



上野の東京都美術館で、ブリューゲルの有名な絵、、、

『バベルの塔』を観てきました。


最近の美術館って、、、どうしてこんなに混んでるの????


この絵を観るのに、絵の前で行列を作って、、、

そして、やっと順番がきて絵の目の前に来れても、

観る時は絵の前で立ち止まらないで、前の人に続いて

進みながら観てくださいって。。。(涙)


昔のパンダ見学を思い出してしまいましたよ。。。

上野なだけに。



そんな慌ただしく観ても、全然観た気がしないので、

遠くのほうからもう一度眺めてみましたが、

絵が、あまりにも細かすぎてよく観えない^^;;;


絵を3Dに再現して説明していた映像とか、絵の拡大図とか。

そういうのでなんとか、いろいろ細かいことが解ったのですが、、、

いろいろと、、、驚きました。


今までこの絵に、そんなにたくさんの人が描かれていたなんて、、、

全然気づいていませんでしたから。。。



左の方の白いのは、工事中に石灰?をこぼしてしまったからなのだそうで、、、

その作業に加わっている人たちが、粉をかぶって全身真っ白になってたり。


その奥のレンガ色の縦のすじも、レンガを上に引き上げた時に

ついたあとだったり。。。


塔の中に、天蓋がある部屋があったり、教会があったり。。。


今まで全然、知らなかった!



塔の色のグラデーションが綺麗だなぁ。。。とか、

私が想像するバベルの塔とは、形が違うなぁ。。。とか。


そんな印象しか持っていなかったのですが、、、

今日、色々知って、、、そんな緻密な絵だったのか。。。


・・・と、驚きました。



ブリューゲルの他に、ヒエロニムス・ボスの絵もあり、、、

ふたりの白黒の版画もたくさん展示されていました。


ボスの版画と言っても、ここに来ていたのは、

ほとんどが他の画家が描いた、ボスの模写でしたが。。。


ブリューゲルのは、本人のでした。



ただ、、、その版画を観ていたら、以前観た、

ゴヤの『ロス・カプリーチョス』という版画の連作を思い出して。。。


ゴヤほど気持ち悪くはなかったので、観るには観れたけど。。。

な~んかシュールというか、世の中を斜めに見ているような。。。

ヨーロッパの人特有のシニカルさ、、、というか。。。


なんとなく、そんなものを感じたりしました。


公式サイトに、ああいった絵のモンスターを可愛いと思うか、

それとも薄気味悪いと思うか。みたいなことが書いてありましたが、、、


私には、、、薄気味悪く映りました。

どこかに闇を抱えていそうな感じ。。。みたいな。


薄気味悪いのも、実は嫌いじゃないのですが、、、

ボスとかブリューゲルのそれは、、、私が好きな気味悪さとは、

ちょっと何かがずれているような感じがしました。



ヒエロニムス・ボスと言えば、、、今日はこんな絵もありました。





これは、『放浪者』というタイトルなのだそうですが。。。

この絵を観た瞬間、タロットの「愚者」のカードを思い出しました。。。




面白いなと思ったのは、、、


『放浪者』の絵の旅人は、後ろを振り返っていたこと。。。


この絵に描かれている、白鳥の絵の看板がある家は、

「娼館」なのだそうです。


なんだか、、、流れが流れだけに、「娼館」という言葉に、

妙に反応してしまったりもしましたが(苦笑)


どうして「白鳥」が、「娼館」の目印なのだろう???と、

そんなことを考えていたら、ふと思ったのです。



例えば、この絵の『娼館』が、「俗世」を象徴していると考えると、、、

この旅人はまだ、、、そっちに未練があったりするのだろうな。。。と。


タロットの愚者のカードに描かれている旅人は、、、

後ろを振り返るどころか、天を見つめているので。。。


彼はもう完全に、この道を進むと決意して、、、

ファースト・ソースに戻る道を歩き始めているのだろうな。と。


そんなことを思ったのでした。



ボスのこの絵は、、、

密かにタロットのパロディだったりするのかしら?


ボスだったら、そういうことやりそうだなぁ。。。(笑)

IRIDESCENCE

千葉県松戸市で小さなヒーリングサロンを開いております

0コメント

  • 1000 / 1000