今年のライヴも楽しかった!



今年の発表会ライヴも、無事終わりました。


楽しかったです!



ライヴが始まる前の会場のアナウンスで、、、


「ご自分の動画以外は、無断でインターネットなどに

載せることはご遠慮ください」


・・・と。。。



動画かぁ。。。そんなこと、意識にもなかったな。。。と。


ふと、考えていました。



子供たちが小さいときは、お遊戯会とか運動会とか。。。

カメラ片手にいっぱい撮りましたけど(笑)


私はもともと、写真を撮ったり、動画を撮ったりするのは、

あんまり好きなほうではなくて。


そういうのを撮ってるくらいなら、その場で、

実物をじっくり観たいのです。



そんなわけで、リハーサルの時はいちお、録音してチェックはしますが、

本番は、自分のはもちろんですが、家族のも録画も録音もせず、

写真も撮らず。。。


ひたすら、聴くこと&観ることに没頭してしまいます。


だから、そこには「想い出」しか残りませんが、、、

なんか、そういうのが好きです。



一瞬だからこそ、美しい。。。

儚いからこそ、その一瞬の尊さを、、、

しみじみと感じることができる。。。



イサドラ・ダンカンというダンサーも、そういう人でした。


舞台は、その瞬間が美しいと。。。


彼女は、そんな風に言っていた人でしたが、、、

私は彼女のその言葉に、心から共感していました。


だから、イサドラ・ダンカンが踊っている映像は、

ほとんど残っていませんが、、、


だからこそ、想像力をかきたてられるし、、、

伝説みたいにもなったのだろうな。。。



今回は、いろいろと他にやらなければいけないこともあって、

ほとんど練習もできなかったし、テンションもあまりあがらないまま。。。


そんな状態で迎えた本番でしたが、、、

もしかすると今までの中で一番落ち着いて歌えたかも。。。


「もう、いいや」


・・・と、諦めた、、、というか、気負いがなくなったせいで、

逆に今までの中で一番の出来になる。。。


本番前の声出しも、今までの中で一番適当にやってたのに。



頑張れば頑張るほど、かっこつけようとすればするほど、

変なところに力がはいって、声が裏返ったりする。。。


なんて皮肉な。。。(苦笑)



夫が、デルタ・グッドレムのこの動画を後ろで観ながら、

こう言うのです。



「俺さ、この人に目の前で真面目に歌われたら、

なにもしてないのに謝っちゃうかも」


・・・って(爆)



だから冗談で、「私にそっくりだよね?」と言ってみたら(笑)


「あ、うん似てる。顔は全然似てないけど」


・・・と、夫から意外な返答が。



「ちょっとそれって、、、

私がまじめに歌うと、謝りたくなるってこと????」



・・・と、一度は冗談で返したけど。



まぁ、、、ライヴが終わった後に、夫婦でバカ話をするのもまた、

楽しかったりします。


とりあえず、無事にイベントが終わって、ホッとしたなかで。。。



今年は夫も、そして娘も、、、

私とおんなじ。


みんな忙しかったせいで、ろくに練習できませんでしたが、

やっぱり肩の力が抜けて、よい感じに歌えた。。。と。


ふたりとも、そう言ってました。




今年この歌を歌おうと思ったのは、、、

なんとなく、ふと浮かんだからだったのですが。。。


でも、前も書いたと思いますが、この歌は、、、

ある人が、「この歌があなたのイメージ」と言って、

教えてくれた歌でした。


その人は、昔ネット上で知り合って、一時とても仲良くなった人でしたが、

実際には、お会いしたこともなかったけど。


なんだか、今更ながらすごいな。と思いました。



だって。。。


一度は冗談で返しましたが、あのあと夫に、

「デルタ・グッドレムと私はどこが似てるの?匂い?」

と、もう一度つっこんでみると、彼曰く。。。


「なんていうか、しっかりしてそうというか、、、

先生ってわけじゃないんだけど、芯が強そうというか、

睨まれると、つい謝っちゃいそうになるところとか」


最後がちょっと、余計なのですが(爆)


でも。。。

私のことをこれ以上ないほどよく知ってる夫が、

そういうのですから、、、

きっと何か、共通点があるのでしょう。。。多分。



そして、ネットで知り合ったあの人が、、、

私を見たこともないのに、その匂いをかぎ取ったのだとしたら。。。


なんだか、すごいな。と。


今更ながら。



デルタ・グッドレムの声質は、私とは全然違うので、

彼女のように歌おうとすると、高音がかなりきつい。。。


最初は頑張ろうと思ってたけど、練習する時間がなかったので、

途中から開き直って、もう、自分の歌い方で歌ってしまえ。。。と。


でも、その方が結果、うまくいった。。。


それで思ったのです。


今までは、選曲するときも、「バンドで映える歌」とか

「周りが楽しめそうな歌」ということをメインに

考えてしまう傾向があったけど。。。


来年からはもう、、、本当に自分が歌いたい歌を歌おうと。

IRIDESCENCE

千葉県松戸市で小さなヒーリングサロンを開いております

0コメント

  • 1000 / 1000