アルクトゥルス



昔、出口王仁三郎になぜだかとても興味を持ったことがあり、、、

母の本棚にあったこんな本をみつけ、読んでみたことがありました。





本の内容はもう、、、すっかり忘れてしまったけど。。。

その時に、昔あった大本教の事件のことを知りました。



大本事件



この本を読んで、、、すごい泣いた記憶があります。


細かいことは覚えていないけど。。。

この事件で、警察からひどい暴行を受けた人たちは、

その後も後遺症が残り。。。


それなのに、恨みつらみとかそういうこと。

あんまり言ってなかったような。。。



今はこんなにスピが広がっている時代だけど、、、

そのルートを切り開いてきた先人たちは、本当に大変だった。。。




日月神示のことを知った時、大本の、、、

出口なおや、王仁さんの匂いがプンプンすると思ったら。

岡本天明もやっぱり、そこに関わっていた人だったということを、

あとから知りました。


あぁ、やっぱり。。。と思いました。


・・・とはいっても、、、私は日月神示の詳しい内容は、

ほとんど知りませんけれども。


匂いで。。。ということです。



そしてなぜか、、、大本の人たちが言っていた「艮の金神」が、、、

私の中では、「サナート・クマラ」とかぶるのです。


「重さ」が似てるから。



なんの根拠もないけどね。

ただ、、、そう感じるだけで。。。




先日、アクシオのセッションにいらっしゃった方が、

「最近、千葉県の人とよく縁があるんです」とお話されていて、

その中のおひとりが、「麻賀多系の人」だと言っていて。


あぁ、なんだか久しぶりにその響きに触れたな。。。と。

そう思っていたところでした。


最近、日々の忙しさから、

麻賀多神社のこととか、すっかり意識からはずれていたので。。。



すると翌日、、、偶然こんな動画とぶつかりました。



これ、自分で見ようと思って見たわけではないので、、、

あぁ、、、なんだか見させられてる。みたいな。


つい、そんな気分に。



動画の内容そのものには、あまり興味を惹かれなかったけど。。。


すごい食いついた部分がひとつあって(笑)



それは、千葉県のあのあたり一帯で、昔、物部氏が祭祀を

司っていた。。。と。


そういうお話が出たところ。



正確には、「多氏」と一緒に。。。とのことでしたが、

多氏って、誰ですか???



印旛沼一周コースが、我が家の暇つぶし定番ドライブコース。

もう、数えきれないほどあのあたりをグルグルしましたが。


印旛との縁は「竜」じゃなくて、「物部氏」のほうだったのか。と。


笑ってしまいました。



ご先祖様。。。こういうやり方する???って(爆)



あのあたりの匂い。。。本当に好きなのです。


そしてなんとなく、昔ここで人々がどういう生活をしていたのかと。

想像できてしまうくらい、田舎で。自然豊かなのです。



いつも家族で、、、なんでこのあたり、こんなに好きなんだろうね?と。

飽きないんだろうね?私達も暇だよね。と。


いつも言っていましたけど、物部氏って聞いて、

妙に納得してしまいました。


夫も驚いていました。


わざわざ長野まで行かなくても、

こんなにすぐ近くにいたんだ。と。




そういえば、、、

長野の守屋神社も、ナビに勝手に連れて行かれたところでしたが、

麻賀多神社もまた、そういうところでした。



娘がまだ小さい頃、バレエのレッスンのあと、

家族みんなで車でお迎えに行ったのです。


すると子供たちが、「モスバーガーが食べたい」と言い始め。


それで、夫とナビでドライブスルーのあるモスバーガーを探したのです。


そして、ナビさんに任せて車を走らせたのですが、そのうち、

「ここどこ?」と分からなくなってしまうくらい、

知らない道に案内されていき。


最終的にはなんとかモスに辿り着けはしましたが、

普通だったら、こう行けばすぐ着いたでしょう。。。という道を、

2時間近く遠回りさせられた。。。



その遠回りの道の途中に、麻賀多神社はあって。



その数年後、流れの中お友達に誘われてそこに行ってみたところ、


「あ!!!ここってあの時の」


・・・と、すぐに解ったのでした。



あれからもう何年も経ってたのに、、、

忘れっぽい私が覚えていたのも、考えてみれば不思議ですね。



昔なんとなく読んだ大本教の本。


それと同じ匂いのする日月神示。


その神示が降りた場所もそこだったということ。

そういうこともまた、あとになってから知って。



その時一緒に行ったお友達は、、、


「なんか私、Lyricaさんをここに連れてくる役目のような気がしちゃって」


なんて言っていましたが、私にはよく解りませんでした。



でも、このあたりが物部氏と関わっているのなら、、、

やっぱりそうだったのかしら????と、今更ながら。



この前、新しい道が開通されて、我が家から麻賀多神社へは

ほぼ一直線ルートで、短い時間でいけるようになりました。


そして先日、息子が車の免許をとったその日、

彼の運転で、家族そろって出かけた先もまた、

麻賀多神社でした。


まぁ、あの道は新しいし、走りやすいし、

息子も教習所の路上で、その道は何度か運転していたみたいだし。


という理由でだったのですが。


そういうのもまた、、、面白いな。と。今更ながら。



今は社殿を建て直し中で。

その日、初めてそこに行った子供たちは、

昔の古い社殿をみることはできませんでした。


そして多分、神様もお出かけ中でした。

気配を全然感じなかったから。



それでも娘は、「私なんだか、この神社好き」と。

しばらくの間そこから離れようとしなかったし。


普段なら「ねぇまだ~~???もう行こうよ~~」と急かす息子も、

黙ってそれに付き合ってた。



古い社殿には、六芒星のマークがついていて、

夫はそれに反応していたけど。


「あれって、麻のマークなんだって

このあたり一帯、麻の産地だったんだって」


・・・と、私は彼にそう言っちゃったけど。


それは、神社側から公式に出されている情報ではあるけど。


でも、そこになんとなく物部氏が関わっていたのだとしたら、、、

やっぱり、六芒星なのでしょうね。


ダビデの星。


それをわざわざ「麻」と結び付けているところが、、、

なんだか、深いよね。



私はこれは、読んだわけではないのですが、、、

こんな本があるようで。




もう。。。

なんでもかんでも、宇宙人にしないでよ~~~~

あぁぁぁぁ、、、もうぅぅぅぅ~~~


・・・っていうのが、実は本音ですけど(苦笑)



でも今は、こういう形で説明するのが、

一番馴染みやすい時代なんでしょうね。



・・・というわけで。



イエスとか、サナート・クマラとか。


私の好きなエネルギーを持っている人達は、

今流で言ったら、みんなアルクトゥルス系になるのだな。と。


そう思いました。



アルクトゥルスは、意外とフワフワしてないんですね。


好きです。

IRIDESCENCE

千葉県松戸市で小さなヒーリングサロンを開いております

0コメント

  • 1000 / 1000