法輪寺のこと・追記


さきほどの日記を書き終え、

法輪寺のサイトをゆっくり読んでいたら、、、びっくり。


法輪寺って、、、秦氏ととても関連あるお寺だったんですね。。。


今更知りました。。。



****************



今を去るおよそ1800年前、我が国は倭国とか、邪馬台国とか呼ばれ、

西暦300年代漸く大陸の中国や朝鮮との文化交流が盛んになり始めました。


その頃既にこの現在の法輪寺寺域に三光明星尊をお奉りした

「葛野井宮かずのいぐう」がありました。  


秦の始皇帝の子孫、融通王の一族が産業、芸術の繁栄、安全守護の一族祖神として

信仰しております「虚空蔵尊こくうぞうそん」と深い因縁のあるこの「葛野井宮」を

尋ね求めてこの地へ渡来し、彼等伝来の農耕技術を生かした農業をはじめ製糸、

染織など中国の工芸を励むようになりました。


 かように彼等が移住しましてからは、中国から進んだ東洋の文化工芸を移入し

発展させましたので、この地方の住民もその影響を受けて仕事を手伝い、

この地はだんだんと文化工芸の中心となってきたのであります。


 彼等中国から移住した一族は秦氏族と呼ばれ又彼等一族の守護繁栄の祖神として

崇敬しております「葛野井宮」を中心としてますます発展することを祈り、

その名をもとにしてこの広い地域を「葛野かずね」と呼ぶことになりました。


 応神天皇の時代(350年〜450年頃)には文化をすすめる思召しから秦氏族を多く移住させ、

この民族たちの技芸によりまして、地方民の生活は豊かに、

そしてこの地方はだんだん開発されていきました。


このありさまは「古事記」「日本書紀」の応神天皇の章にも天皇のおよろこびと

国讃めのお歌が記されており、当時の秦氏族の発展、民家の栄えたありさまが

明らかに推測することが出来ます。  

奈良時代に入って元明げんみょう天皇の和銅6年(AD713年)、

この古い由緒ある寺域に勅願により行基菩薩に命じて堂塔を建てられました。


 その寺の名は「木上山葛井寺もくじょうざんかづのいでら」と呼ばれ、

国家安穏あんのん、万民の繁栄と五穀豊穣、産業の興隆を祈る勅願所と

なされたのであります。  


即ちこの葛井寺かづのいでらが現在の法輪寺の起源であり、行基菩薩を開基とし、

古義眞言宗こぎしんごんしゅうに属します。


以後歴代天皇の勅願所でありますと共に日本仏教の高祖、宗祖として尊ばれております

勤操大徳ごんぞうたいとく:弘法大師の恩師、弘法大師こうぼうだいし、

興業大師こうぎょうたいし、明恵上人みょうえしょうにん、

日蓮上人にちれんしょうにんを始め各宗の祖師方はここに参篭さんろうして、

大きな覚知さとりの霊験を受けられることになるのであります。


 さて桓武かんむ天皇の時代(AD780年頃)になって、この葛野かづねの地は

ますます大きく富み栄え、所謂産業の中心地となってきました。

そこでこのことも一つの理由で天皇は山城の長岡よりこの葛野の地域を都と定めて

宮殿を創建され、延歴13年(AD794)年遷都して「平安京」とされました。


即ち葛井寺 寺域は「葛野井宮」を中心に「葛野かづねの都」が生まれ、

「平安の都」が創められ、以後明治元年東京遷都に至る一千有余年皇都としていよいよ栄え、

日本の文化芸術学問の中心地として発展してまいったわけであります。


法輪寺サイトより抜粋~



****************



日ユ同祖論関係の本のどこかで、、、


「平安京」の「平安」とは、「エルサレム」からきている、、、と。


そんな話を見たような気がします。



エルサレム。。。

エル・シャラーム(だったかな?)は、「神の平和」という意味。


平安京も、それと同じ意味。。。


なのだと。



京都に到着して、一番最初に行ったお寺が、

秦氏と関係のあるお寺だったとは。


なんだか、、、笑っちゃう。



なんにも調べなくても。。。

必要なところには、勝手に行くようになっているようで。。。



法輪寺には、牛と虎がいましたが、、、

山羊の像がとても気になったので、アップで写真を撮ってきました。


あとでよく読んでみると、それは山羊ではなくて、、、

羊だったことがわかりましたが。。。


IRIDESCENCE

千葉県松戸市で小さなヒーリングサロンを開いております

0コメント

  • 1000 / 1000