京都・鞍馬山



京都2日目。


少し足をのばして、鞍馬山に行ってきました。



ここは、いろいろ伝説があるところですね。。。


牛若丸が鞍馬天狗と一緒に修行した山。

650万年前に、サナートクマラが金星から降り立った地。

レイキ発祥の地。


などなど。



日ユ同祖論系のお話の中では、、、

義経の修行相手だった天狗とは、実はユダヤ人のことだった。。。


なんてお話もあります。



昔、、、神智学に興味を持った頃、サナートクマラについて知って。

そんな存在が、日本の鞍馬山に降り立った????って。


ちょっと、ワクワクした頃もあったけど。


そのあと、あれは、神智学に傾倒した鞍馬寺の住職による

作り話なのだということを知り。。。


一気に興ざめしてしまった。。。



まぁ、、、何が本当なのかは、、、

その人が、何を信じたいのかによるのでしょうけれども。


私はやっぱり、金星から云々という話は神話なのだと、、、


「象徴」のお話なのだと。


そう感じてね。



それから数年後、、、気づけば、鞍馬山はいつの間にか

パワースポットとされていたけれども。。。


もうすっかり冷めてしまっていた私は、、、

それ以来、鞍馬山にはまったく興味を持てずにいました。。。



でも今回、、、せっかく京都に行ったのだし、、、


今はどちらかというと、天狗=ユダヤ人説のほうに

興味もあるし。。。ということで。


なんというか、、、ちゃんと自分の目で、

現地の匂いを確かめてみたくなったのでした。。。



鞍馬山の伝説についても、、、

ウイングメーカーと同じでね。。。


最初はその、「衝撃的なお話」に、好奇心は揺さぶられる。。。

表面的な物語に。。。


でも、もう少し潜るとまた、、、

違ったものが見えてくる。。。



一時は興味を持ち、あれこれ調べたりもした鞍馬山。


そんなこんなでマインド的興味を失ってからは、

もうすっかり、いろんな情報を忘れ。。。


いろんなことがすっかりニュートラルになり。


でも、そんな今だからこそ、余計な情報に惑わされることなく、

純粋にその場をただ感じることができたような。。。


だから、かえってよかったな。。。と。


そう思いました。



ケーブルカーは使わずに、歩いて登りました。


途中、魔王の滝とか、由岐神社とかいろいろ通り過ぎましたが、、、

私が一番すごい。。。と感じたのは、やっぱり、山の空気。。。


自然の力ってすごいんですね。。。


安立寺前で感じたような、、、畏敬の念みたいな。

胸が開くような。。。


そんな感覚を、この山の中でも感じました。




鞍馬山を登るのは、けっこう大変。。。という話を聞いたので、

ある程度覚悟していたのですが、、、


なんだ。。。余裕。。。と。


本殿金堂までは、そう思っていました。


でも、、、

ここをくぐってから、貴船に辿り着くまでがハードでした。





義経の背比べ石があったあたり、、、

もしかしたら、一番高いところだったのかな?

ここが一番、寒かったです。



ここからすぐのところに、根の道があり、、、




その根の道をほんの少し下ったところに、

「大杉権現社」というのがあったのですけれども。。。




私はなぜだか、、、

ここがとっても印象深かった。。。


よく分りませんが、何か、、、

感じるものがあったのでした。。。



杉の木というのは、、、

やっぱり、何かありそうだな。。。と。



そんなことを思ったりしました。



その先、僧正ガ谷不動堂の前にあった、

小さな水溜りのような池に、一匹の小さな赤い鯉。


じっと身動きせず、「こんにちは」というと、

ひれだけそっと動かした。


こんなところに、主さま。。。(笑)


・・・と、アップで撮ったらピンボケしちゃった。



奥の院、魔王殿


護法魔王尊が650万年前に金星から舞い降りたとされるところ。。。

と、案内には記されているけど。。。




ここから、貴船に続く、鞍馬山の西門へとずーーっと続く下り道。。。

途中、、、膝が笑っていました。


下り道を甘く見てはいけないんですね^^;



けれども、貴船側からこの山に入ったら、、、

それは相当大変そうで。。。


鞍馬の仁王門のほうから入ったほうが、

やっぱり、幾分ラクみたい。


ここだけは、、、ちゃんと調べておいてよかった。。。と。

ホッ。。。



そんな、膝が笑う下り道の途中で見えた景色。。。


こういうところにこそ、「神様の気配」を感じる。。。




西門から山を出たら、今度は貴船川にそって道を登る。。。


貴船神社を参拝。。。



鳥居をくぐって、本宮へと向かう石段。。。

なんだか、素敵な雰囲気で。。。




最近、個人的に気になっていた「水神様」。。。


貴船神社の祭神も、水神なのかぁ。。。と。

ちょっと、感慨深く、物思いに耽り。。。



それにしてもこの貴船神社は、、、


この先に、結社(中宮)と奥宮がありましたが、、、

そのすべてから漂ってくる、ある共通した香りがあり。。。


それを一言であらわすとしたら、、、


「雅」


なぜだかとても、、、

みやびな感じがしたのです。。。




本宮の出口付近の橋を渡りながらふと横を見ると、、、

流れていた水がものすごく綺麗で。。。



なぜだか、、、優雅な香り漂う、、、

妙に、雅な貴船神社でした。。。



そのあと、、、だいたい40分くらいかけて。。。

叡山線の貴船口駅まで、ひたすら歩いてきました。。。


ゆっくり、ゆっくり。。。


静かな大自然の中、、、

バスに乗ってしまうのはもったいなくて。。。



そうそう。。。


実は、京都出発の数日前、膝を痛めてしまって、

階段を降りる時、ちょっと痛くてね。


・・・が、鞍馬山を出た頃には、その膝がすっかり

治ってしまっていました。


不思議です。

IRIDESCENCE

千葉県松戸市で小さなヒーリングサロンを開いております

0コメント

  • 1000 / 1000