射手座の頭のなか 3



もう、何年も前。。。

あれはまだ、子供たちが学生だった頃。


ふたりが観ていたアニメのセリフを小耳に挟んだとき、、、

なんだかまるで、ウイングメーカーの世界だ。。。と。


そう思ったのを覚えている。。。


あの時、、、


最近は、(子供が観る)アニメの世界ですらもう、

こんなに小難しくなってきているのか。。。と。


苦笑いした。



それからしばらく経った頃、ふとそのことを思い出し、

子供たちに教えてもらって、そのアニメを観てみた。


それは、『シュタインズ・ゲート』というアニメだった。



そしてそれを観た時、、、思った。



あぁ、、、もうこれからは、小難しいことを考えるのは、

子供たち世代に任せよ~


・・・って(笑)



そうやって私は、、、もっと、現実的なことばかりに

集中するここ数年だったけど。



空想の世界も飽和し、、、

リアルの世界も飽和したら。。。


この地球上でできる、新しいゲームって何なのだろう?



今の流れを見ていると、想像できるものと言えば、、、

ヴァーチャル・リアリティと人工知能を利用する世界。



たとえば、、、

アストラル・トリップとかそういうのは、、、

死んで肉体を失えば、イヤというほどできるのだから、

こうして身体を持っている間は、わざわざそんなことに

エネルギーを使うのも、なんかもったいないかな?と。


私はやっぱり、、、そう思ってて。


ましてや現代は、、、それと似たようなことを、

「ゲーム機」を使って、もうやってるし。



だったら、、、この、人間という装置を纏ったままで、、、

この地球次元でしかできない、新しいゲームと言ったら。。。


人のマインドが限界ギリギリまで頑張って生み出した、

科学的なテクノロジー。


その最高峰。。。


それに依存するゲーム。



今、もう既に存在しているVR体験装置が、、、

もっともっと進化したとしたら、、、


それがまるで、現実を経験しているかのように、

リアルで経験できるところまで進化したとしたら?


私たちが生きているこの地球時間の一年くらいの間に、、、

ヴァーチャルの世界では、一生分の時間を経験できるとしたら?


私たちは、、、人という短い一生の中で、、、

一体どれだけの「人生」を経験できてしまうようになるのか。。。



トリップしている間の、身体の管理は、、、

今では想像できないくらいに発達した、

ロボットがやってくれるとかね。


それどころか、、、私たちが今やっていることはすべて、、、

ロボットがやってくれるとかね。


こういう話をするとみんな、

「ターミネーター」的な世界を想像して恐れるけど。。。


それはきっと、、、

自分の中にある「感情」や「支配欲」を、

超越できていないからかもしれない。。。


だから、、、投影してしまう。。。


そこに。。。



完全に安全な、、、そして完璧な、、、

天使のようなロボットたちにすべてを任せ。。。


私たちはただそこに横たわり、、、

ヴァーチャルの世界の中で、様々な人生を経験していく。。。


リアルな感覚を伴って。。。



自分が成りたいものになる。。。


成りたいものなら、何でもなれる。


何でも、、、創造(想像)できる。。。




今の若者世代は、、、

あれこれくどくど説明しなくても、こういう話。


もう、すんなり通じちゃうの。

それどころか、こっちが言う前から、同じこと考えてるの。。。


それが、、、なんだか、怖くもあり、嬉しくもあり。



大人は、、、どうですか?



多分、、、大人になればなるほど、、、

こういうことに対する違和感や嫌悪感が、、、


反発したくなる気持ちが、、、

強くなると思う。。。



これまでの人間的な在り方に、、、

どっぷり浸かっていた時間が長ければ長いほど。。。


そこに「愛着」が湧くから。。。

その分、、、変化に抵抗してしまう。。。



こんなこと書いてるけど、、、

私自身ですら、、、そういう抵抗がある。。。




でももし、このゲームが地上で実現したとしたら、、、


これはもう、、、

「もとのわたし」がやっているゲームと、

ほぼほぼ、同じ。


ヴァーチャルの世界の中で、「本当の自分」という意識を完全に失って、

ヴァーチャルの世界の住人となりきって生きているのが、

今の私たち。



その、、、神様ゲームを、、、

たとえテクノロジーを利用したとしても、私たち人間が、

この地上で行えるようになったとしたら。。。


それはなんだか。。。


ここでできる、最後のゲームのような気もしないでもなく。



そのゲームを遊び尽くし、、、とうとうそれに飽きた頃は、、、

地球もなくなるのではないのかな。。。


だってもう、、、存在価値がなくなるから。。。



でもそれは、、、単に、ひとつの可能性にしかすぎないし。


たとえ、実現したとしてもそれは。。。


私たち人間の時間感覚からしてみたら、、、

遠い、、、遠い、未来のことで。。。



今の私にはおそらく。。。

見ることも、経験することもできないのでしょうけど。。。




人を心から、、、アガペ的に愛したい、愛されたいというのは、、、

ハートの望み。。。


今ここで書いたことは多分、、、マインド的空想。



大事なのは、、、バランス。。。



IRIDESCENCE

千葉県松戸市で小さなヒーリングサロンを開いております

0コメント

  • 1000 / 1000