次回WMスタディ・グループのお知らせ

©WingMakers.LLC



ウイングメーカー・スタディ・グループは、

現在、月に1度のペースで開催しております。



ウイングメーカー・スタディ・グループについて



次回、3月3日(土)のウイングメーカー・スタディ・グループでは、

いつものように、小説『クォンタスム』の翻訳シェアの他、

メインに「マインド・ボディ・ムーブメント(MBM)」を行います。



MBMとは何か、、、ということは、

こちらの書籍の中で説明されています。





一部、抜粋いたしますね。。。



「マインド・ボディ・ムーブメント」


このテクニックは音楽的表現と関わり、リズミカルで即興的な肉体の流れに

マインドをフォーカスさせるボディ・ムーブメントの形態をとっている。


マインドは肉体に従い、肉体は音楽に従う。


「構造化する原理」としての音楽は、この明確な目的のために

デザインされなければならない。

さもなければ、探求のエネルギー・システムにあなたがたを導くことはないだろう。


(中略)


このテクニックはただ音楽のフィーリングに肉体を没入し、

肉体の解釈にひたすら従うことを要求する。

それは春爛漫の牧草地に目を閉じて入った時、嗅覚が花のもとへと

導いてくれるのを知っているのに似ている。


これと同じようにあなたのマインドは、肉体が音楽に耳を傾け、

音楽という“フィールド”の内部にコード化された

新しいエネルギー・システムの感覚を捉えられることを

信頼しなくてはならない。


(中略)


マインドに直接浸透することが可能になった音楽は、

新しいエネルギー・システムにマインドを同調させることができる。


音楽は意図的に、肉体の運動を生み出す。

それは高エネルギーで、複雑で、リズミカルな動きであり、

脳の感情中枢を刺激する。


これはウイングメーカーが教示する瞑想の一形態であり、

肉体の知性に対する信頼と、この知性に耳を傾けようとする

マインドの意欲を証明する。


それは、このテクニックが具現化する新しいエネルギー・システムの

一本の糸なのだ。


音楽にポータルが組み込まれている。。

このポータルが脳の感情中枢を、新しいエネルギーへ開くだろう。

その入口が発見された時、自分のエネルギー・フィールドに

否定できないシフトを感じるのだ。



MBMは、WM音楽を用いたダンス瞑想です。


「ダンス瞑想」という表現は、もしかしたら微妙に違うかもしれないのですが、

ここでは解りやすく、、、そう表現しておきます。


また、MBMは、本来は何日も、何か月もかけて

完成させていくものなのですが、

スタディ・グループの中では、基本的な実践法の説明のあと、

実際に身体を動かしていき、この瞑想のさわりの部分を、

みなさんで体験していこうと思っています。


そして最後は、それぞれの体験のシェア会をしましょう。



3月3日の開場は、東京都・江戸川区になります。

開催時間は、12時開場・12時半スタート・終了は17時の予定です。


その他詳細につきましては、メールでお知らせいたしますね。


参加ご希望の方、ご興味ある方は、

下記までお問い合わせください。


irislyrica☆gmail.com(☆を@に変えてください)

IRIDESCENCE

千葉県松戸市で小さなヒーリングサロンを開いております

0コメント

  • 1000 / 1000