諏訪大社と守矢史料館



蛇のことから始まって、、、

すごく諏訪に行きたくなり。


早速、現地へと赴きました。



子供の頃、NHKの大河ドラマ『武田信玄』で、

南野陽子さんの演じる、「諏訪の湖衣姫」という存在を知り。


武田信玄自身に興味はなかったけど、

その、諏訪のお姫様には、なんだか心惹かれた。


「湖衣姫」という名前はフィクションのようだけど、

諏訪氏のお姫様が、武田信玄の側室になったというのは、

史実のようで。。。


あれ以来なんとなく、「諏訪」という響きは、

どこかで覚えていたりはしたのだけど。


まさか、大人になってから、

これほどまでに何度も、諏訪へと旅するようになるなんて。


子供の頃は、想像もしてなかったな。。。



****************



今回は、4つの諏訪大社を、

全部まわろう、、、ということで。。。


春宮、秋宮、本宮、前宮という順番で

それぞれ、お参りしてきました。



朝の7時頃に春宮に着いたので、、、

GWといえど、人はまだまばらで、とても静かで。。。


その春宮から、川の流れる木立の中を通って、

『万治の石仏』というところにも足をのばしてみました。





あの岡本太郎さんも、絶賛だったのだとか。

なかなか、ユニークなお顔で。


私は、、、仏様の胸に刻まれた不思議な文様に、、、

なんだか、心惹かれました。




私も、、、ちゃんとお願いごとしてきました。


時計回りに3回。。。

ちょっとうつむきがちに、真面目に心の中で

お願い事をしながらまわったら、

軽く目がまわっちゃった(笑)



ここは、川の流れる音が気持ちよく。。。

緑も綺麗で。



緑といえば、、、

先日の伊勢でも思ったのだけど、最近、木々の緑が少し、

変わったような気がするのは、気のせいでしょうか。


季節のせいもあるのかもですが、日本の木々の緑って、

イギリスなどの緑に比べると、もう少し深い濃い色をしていたような

気がするのです。


最近、、、緑がイギリスの草原のような、明るい黄緑に

なったような気がする。



色の見え方は、、、大気中に含まれる水分量に関係していると。

いつだったか、聞いたことがあったけど。。。


そういうのと、何か関係あるのかなぁ?なんて思いつつ。


単に、、、私の感じ方が変わっただけかもだけどね。






秋宮の拝殿でお参りしていた時、なんだか、クラクラしたの。


「あれ?」と思ったけど、そんなに言わないでいたら、

夫までもが、「なんか、クラクラしたんだけど、何????」

なんて言い出したりしたので、、、面白い。。。と思った。



春宮ではそうでもなかったのだけど、、、

秋宮、本宮、前宮と、進むたびにそのクラクラ感は増し。。。


それが、私だけでなく、「あの」夫までもが、

「今日は、俺までクラクラするんだけど」なんて言い出すので。


こういうことが起こるということは、やっぱり、

「何か」あるんだろうなぁ。。。と。



その「何か」は。。。

今はまだ、断言しない。



こうかな?ああかな?と思うことはあるけど。

まだ、、、わからないままにしておいたほうが、

きっと、この先もずっと、物語を楽しめそうだから。。。




昨日、、、諏訪のお天気はなんだか不思議で。


パラパラとこぶりの雨が降ったと思ったら、

すぐに止む。の繰り返し。


雨が降っていても、空は明るい、「天気雨」だったので、

なんとなく、、、「狐の嫁入り」なんて思い出したり。


面白かったのは、、、移動中の車の中では雨が降り、

神社に到着するとピタリと止むので。


ちょっと、、、お参り前に、雨で禊させられてるみたいだね。と。

夫と笑った。。。



あとで調べたら、「天気雨」は幸運のサインらしいので、

嬉しくなった。


たとえば天気雨の日に結婚したり、

子供が生まれたりすることは、

とっても、先行きが良いこと。


・・・なんて言われているのですって^^


天気雨だから、「虹」も出やすいですしね。




本宮は、、、

前も書いたように、以前、夢で見た場所だったけど。。。


やはり、あそこに行くと「既視感」みたいなものを、

いつも感じてしまう。。。


なんとなく、、、以前から知っていたような。

そんな感覚にとらわれるのです。


諏訪という地は、不思議ですね。。。



この写真は、春宮の駒犬達。。。




諏訪大社の狛犬たちは、、、

春宮も、秋宮も、そして本宮もみんな。。。


「僕達、頑張って守ってます!」


・・・みたいな感じが半端なくて。。。(笑)


なんだか、可愛らしくて、微笑ましかった。



前宮の狛犬だけは、、、ちょっと違っててね。


どちらかというと、物部守屋神社を守る狛犬たちと、

同じような匂いがして。


彼らに、「可愛らしい」という形容詞は、ちょっと使えないかな。

みたいな。



そうそう、、、

「物部守屋神社」ですが、今回は、行きませんでした。


守屋山を登って、神社の前までは行ったけど、

中には入らなかった。



だって、前回行った時に、


「ここはもういいから、次はエルサレムに行って」


・・・と言われた(ような気がした)のに、

これでまた入ったら、絶対、怒られる。


そう思ったら、恐くて入れなかった。。。


まぁ、、、無理矢理入ろうとしたところできっと。

急な土砂降りとかで、シャットアウトされただろう。。。と。。。


そんな気がした。


神社前で、、、急に空が暗くなってきてたから。。。



いつの日か、、、本当にエルサレムに行くまでは、、、

あの神社に行くのは、封印です。


我が家では。



守屋山の物部守屋神社は、、、

相変わらず、奥宮に行こうという気持ちは起きないのだけど。


そこもいずれは、、、行きたくなるのかなぁ?



それにしても。。。


我が家が初めてあの物部守屋神社に行った時は、、、

そこは、周りから忘れ去られたような神社だったのに。


それが昨日行ったら、、、「あの」神社の前に、

車が何台も止まっていたりして、びっくりしちゃった。。。


知らないうちに、お参りする人が、だいぶ増えたみたいで。。。



息子に訊いたら、「モリヤ」とかそういうのが、

ゲーム?かなにかにも登場しているとかなんとかで。


そういう影響もあるのかなぁ。。。



さて。。。

そんなこんなで、お山をおりて、お昼休憩をしてから、

今回の旅のメインともいえる、「守矢史料館」へと向かいました。





ここに来たのは、二度目。。。


前回はいつだったっけ?と古い日記を読み返すと

(頑張ってリストをつくっておいたので、ラクラク♪)

それは、2012年のようでした。



長野県大好き



ここには、ミシャグジ神がお祀りしてあるので、

今まで起こってきた流れの中で、、、

いちお、、、ご挨拶に行きたかったの。。。



この史料館でのことも、いろいろ書きたいのだけど、、、

余力がないので、それはまた、次の日記で。。。



あと昨日、、、帰り道に、また、不思議なことがありました。



あともう少しで家に到着。。。という時。

私は、車の後部座席から、ボーッと空を眺めていたの。。。


夕方。。。

雲が多い空。。。


そこを、一羽の白鷺が、優雅に飛んでいるのが目につき、

しばらく、その鳥を眺めてた。。。


あんなに高いところを飛んでても、見える。。。ということは、

あの白鷺、かなり大きいのだろうな。。。なんて思いながら。


「大きいと言っても、さすがにあんなに高いと、、、

 線みたいに見えちゃうね。。。」


・・・と、思わず独り言を言ったら、夫が見ようとするので、

運転中は危ないから見ないで。。。と、注意しようとしたら、

その白鷺は、小さな雲の陰に隠れてしまったの。


だから、雲から出てくるのを待っていたのだけど、、、

いっこうに出てこなくてね。。。


そのまんま、どこかに消えてしまいました。



でも、夫は、「そんな高いところ、鳥が飛ぶわけないだろ~~」って。


「飛行機だったんじゃなくて?」


・・・と言うのだけど、

「飛行機は、翼を羽ばたかせながら飛ばないじゃん!!!」

って、応戦した(笑)


けど、よくよく考えてみたら、あの高さを飛んでいて、

あの大きさに見えていたということは。。。


その白鷺が地上にいたら、、、

それは、飛行機くらいの大きさはあるということになり。


そんな巨大な白鷺なんて。。。

普通に考えたら、いるはずないのですが。。。



もう、なんだか分からないけど。

私には、、、白鷺が翼をはためかせて飛んでいる姿に見えたのだから、

そういうことにしておけばいいや。。。と(笑)


でね、あとで、白鷺は何の象徴なのかと調べてみたら、、、

やはり、「幸運」とか「美」の象徴である。。。と出てきたので、

またまた、嬉しくなりました。




昨日、諏訪には、、、


実は、何かの縁を、、、

しっかりと結びに行ったような気がしていて。。。


「蛇」とちゃんと向き合おうと決めた時から、、、

そんな気がしてた。


ご先祖のことも含めて。



だから、、、

そんな日に幸運の象徴を何度も見れたということは。


素直に嬉しいのです。

IRIDESCENCE

千葉県松戸市で小さなヒーリングサロンを開いております

0コメント

  • 1000 / 1000