リアルに今を生きる

©WingMakers.LLC.



今朝、出勤途中に見た光景。。。


幼稚園に子供を送り届けたあとらしき若いママたち二人が、

自転車を降りて、道路で立ち話をしていました。


そこに車がやってきたのですが、彼女たちはおしゃべりに夢中になっていて、

その車に全然気づかない。


しばらくすると、やっと車に気づいて、道の脇によけていました。


そんな光景を目にして、、、ちょっと、懐かしい気持ちになりました。



私もあの頃は、そうだったような気がするなぁ。。。と。


朝から晩まで家事に育児に。。。

自分の時間なんてまったくなく。。。


仕事をしていたわけでもなかったし、インターネットもまだなかったし、、、

自分の周りの世界と言えば、

子供を通したママ友や、幼稚園の先生たちとか。。。

そんな小さな世界しかなく。。。


子供たちの送り迎えとか、子供を遊ばせている時とか、、、

そういった時に、外のママたちと会っている少ない時間は、

もうそれこそ、喋れるだけ喋る。。。

溜まっているものを、ここぞとばかりに発散!!


・・・みたいな(笑)


ママ友同士という小さな社会の中でも、色々なことはありましたが、、、

その中でも気の合うママ友という人はいて。。。

そういう人は、子供がある程度大きくなった後でも、ママ友としてではなく、

普通のお友達として、そのお付き合いは続いて行ったりしました。


けれども、、、

私がスピリチュアル的なことに目覚めてしまったあとは、、、

彼女たちとも、いつの間にか疎遠に。。。


ママ友だけでなく、学生時代からのお友達とか、OL時代のお友達とか、、、

そういった古い友人の多くが、、、そこを境に疎遠になっていきました。


その境目の時期が、、、気持ち的には一番複雑だったなぁ。。。と。


今となっては思います。


スピリチュアル的なことに目覚め始めると、

周りの友人関係がガラッと変わるとはよく聞きますが。。。


私もそれを、リアルで体験してきたような気がします。


それまでとは、自分の物の見方がまったく変わってしまいますので、

今までと同じようにいかないのは、これはもう、当たり前のこと。


ですが、、、それまでの付き合い、それまでの歴史があるから、、、

そして、それはそれで、とても楽しかったから、、、と。。。


そういう思いがあるので、その繋がりを簡単には断ち切れなかったのです。


でも、実際は、、、

一緒にいても、全然楽しく感じていない自分がいることに気づいていました。


気づきながらもしばらくは、、、それに気づかないフリを続けました。


私の場合は、突然ウイングメーカーの話なんてしたら、

「絶対に」ドン引きされてしまうだろうな。。。


・・・という「恐れ」が強かったです。


なので、表面的には何事もなかったかのように、これまで通りの話題で、

無理して相手に話を合わせていました。


すると、、、

自分の中の何かが引き裂かれているような感覚になり、、、

常に、葛藤が起こってしまいました。


本当の自分を生きていないような気がしてくるのです。


もし私が、空気を読まずに相手にそういった世界を押し付けるように話したとしたら、、、

運が良ければ、相手もその世界に染まってくれるでしょうけれども、、、

私はどうも、性格的にそういうことができないタチのようで。


ですので最終的には、、、フェード・アウトです。


一般的な視点で見たら、冷たい。。。と思われるかもしれないけど。。。


昔話しか出来ない関係というのは、、、

私にとっては、あまり意味がなく思えてしまったのです。


でも、、、

やはりどこかでは、少し寂しくもあり。。。


過去から離れることの寂しさを、、、

過去への執着と言ってしまうことは簡単ですが、、、


口で言うほど簡単ではないことは、、、

この地上では、たくさんあるのですよね。


私達人間には、感情発生装置というものがついていて。


その感情とどうやって向き合い、それにどうやって対処し、

そしてマスターしていくのか。。。


その過程を、リアルで経験できるところが、この地球のいいところでもあり。


こういうのきっと、宇宙人には体験できない感覚ですよ(笑)



もし昔の友達と、再び道が交差する時が来るのだとしたらそれは、、、

彼女たちの視点もまた、変わった時なのだろうなぁ。。。と。


今ではそう思っています。。。


それが、今回の人生になるかどうかは解りませんが、、、

いつか必ずまた、新たな形で出会う日が来るのでしょう。。。



ある意味家族は、、、友人とは違います。


家族は、、、そう簡単には離れられませんから。。。


そして、そういう家族は気づけば、、、

みんな普通に、ウイングメーカー話とかゼニス話が

出来るような人たちになっていました。


いつの間にか。。。


まぁ、、、子供たちがそうなるのは当たり前と言ったら当たり前なのですが、、、

夫までもが。。。


彼は、スピリチュアル的な本を読んだり、そういう系のワークショップに行ったり。。。

ということは一切しない人ですが、、、

今では、普通にスピ話が出来る人になりましたし、時々、

一緒に瞑想したりもするようになりました。


昔の夫を知っているだけに、、、

これはもう、驚きで。


そういう夫を見ているとやはり、、、

人はいつしか誰でも、こういう風になっていくものなのだなぁ。。。と。


それを実感します。


昔は、家族の前で瞑想することなんて出来ませんでしたから、、、

私はいつも、お風呂でこっそり瞑想したりしていたのですが、、、

今では、みんながいるワイワイした部屋の中で、

「あ、ママちょっと瞑想するから」と普通に瞑想に入れるし(笑)


「ウイングメーカがね、ゼニスがね、前世がね、カルマがね、宇宙がね、、、」


・・・と、家庭内でそんな話が普通の話題となっていることが不思議でもあり、、、

嬉しくもあり。。。



もちろん、、、

夫の会社の社員さん達の前では、まだまだそんな話はさすがに出来ません。


でも、たまにやってくる税理士さんや、技術系の営業マンの人なんかは、

事務所の私の本棚にある本に興味津々らしく。。。


会社の本棚に、ウイングメーカーとかヒーリングや幾何学系の本を並べておくのは、

ちょっと勇気が要りましたが。。。


彼らがそういう本を真剣に読んでいたりしたのを見た時は、、、

もしかしてもう、、、ここでも隠す必要ないのかな?と。。。


そんな気持ちにもさせられたり。。。



書いているうちにだんだん、、、

何を言いたかったのか解らなくなってきましたが(笑)


ゼニスのおかげなのか、、、

今は、いろんなことが楽で楽で。。。


そのせいなのか、今まで以上に過去に囚われなくなったし、

未来を心配することもなくなったし。。。


ますます、素でいられるようになってきました。


また、年を重ねると忘れっぽくなるせいか、、、

いろんなことをどんどん忘れていくし、先日のボイトレのライヴですら、

もう、遠い昔のことのようで、記憶が薄れかけている。。。


でもだからこそ、、、

人生に起こるすべてのイベントを、その場その場で完全燃焼したいという気持ちも

とても強くもなり、ますます、今、この時が貴重に感じます。



これまでは、ファーストソースとしての自分の視点からだけ感じていたこと。


今、ここにいることの貴重さ。。。


それを、人間としての自分の視点からも、

心底感じられるようになってきました。


今では。。。


とにかく、、、今を生きるっていうのは、、、本当に素敵なことだと。。。


そういうことを日々、実感しています。


囚われがないこと、、、そして、素の自分自身でいること。。。


これは本当に、とても軽いし、楽しいことですね。。。

IRIDESCENCE

千葉県松戸市で小さなヒーリングサロンを開いております

0コメント

  • 1000 / 1000